石野 洋二郎 (イシノ ヨウジロウ)

ISHINO Yojiro

写真a

所属学科・専攻等

電気・機械工学教育類 機械工学分野
電気・機械工学専攻 機械工学分野

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

出身大学

  •  
    -
    1987年03月

    名古屋工業大学   工学部   機械工学   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1992年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  生産システム工学博士課程  修了

取得学位

  • 名古屋工業大学 -  修士(工学)

  • 名古屋工業大学 -  博士(工学)

学外略歴

  • 1993年12月
    -
    1994年11月

      英国リーズ大学   機械工学科   研究員

  • 2005年01月
    -
    継続中

      株式会社 石野   役員

所属学会・委員会

  • 1986年12月
    -
    継続中

    日本機械学会

  • 1990年04月
    -
    継続中

    日本燃焼学会

  • 1990年04月
    -
    継続中

    自動車技術会

  • 1989年01月
    -
    継続中

    日本伝熱学会

  • 2003年01月
    -
    継続中

    日本ロボット学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • 熱工学

  • 流体工学

  • エネルギー学

  • 環境技術・環境負荷低減

  • 計測工学

全件表示 >>

 

研究経歴

  • 液体ロケットエンジンの設計・製作

    研究期間:  2013年07月  -  現在

  • パルス燃焼器および再熱セラミックバーナーの性能改善に関する研究

    研究期間:   - 

  • 燃焼状態の画像計測

    研究期間:   - 

  • 高効率厨房用燃焼機器の開発

    研究期間:   - 

  • 燃焼式アクチュエーターによる等身大ヒューマノイドロボットの高機動駆動

    研究期間:   - 

  • 多眼カメラによる乱流火炎の時系列三次元CT計測法の開発

    研究期間:   - 

論文

  • 3D Printing of Spark-Ignited Flame Kernels, Experimentally Captured by 3D-Computer Tomography and Multi-Directional Schlieren Photography

    Yojiro Ishino, Naoki Hayashi, Yuta Ishiko, Kimihiro Nagase, Kazuma Kakimoto, Ahmad Zaid Nazari, Yu Saiki

    J. Heat Transfer, Transaction of the ASME ( American Society of Mechanical Engineers )    2017年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    Non-scanning 3D-CT(Computer Tomography) technique employing a multi-directional quantitative schlieren photographic system with flash light source, has been performed to obtain instantaneous density distributions of spark-ignited laminar / turbulent flame kernels. For simultaneous schlieren photography, the custom-made 20-directional schlieren camera was constructed and used. The flame kernels are made by spark ignition for a fuel-rich propane-air premixed gas (flow velocity :1.0 m/s, equivalence ratio :1.4 ). Spark electrodes of 0.4 mm diameter with 1.0 mm gap are used. First, development of laminar flame kernel is indicated in the 1st row high-speed image of top right. 3D printed model of the CT reconstruction result show the spherical shape of flame kernel with a pair of deep wrinkles. The wrinkle is considered to be caused by spark electrodes. Next turbulent flame kernel behind turbulence promoting grid is selected (trubulence intensity 0.26 m/s). Second row high-speed images of top-right show corrugated flame shape. 3D model of CT result expresses the instantaneous 3D turbulent flame kernel shapes. These 3D solid models are 3D-printed as 2 times large size for threshold density level of 0.7 kg/m3.

  • Manipulation of Large-Scale Vortical Structures and Mixing in a Coaxial Jet with Miniature Jet Actuators Toward Active Combustion Control

    Yu Saiki, Shigehiro Tanaka, Shunnya Hattori, Kasumi Nakura, Yojiro Ishino

    Flow Turbulence and Combustion ( Springer )    2016年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Development and Fundamental Study on a Novel Rotational Internal Combustion Engine with a Single-Lobe Peritrochoid Rotor

    Yojiro Ishino, Yu Sakai, Tomoya Niwa, Masato Kumano

    Prodeedings of 2016 Asia-Pacific International Symposium on Aerospace Technology     1 - 12   2016年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    A novel rotational internal combustion engine is invented and investigated for APU(Auxiliary power unit) of aircrafts and range-extender-power-unit for electric automobiles. For the applications, IC engines are required vibration-free characteristics. In the present engine, no reciprocating component is used, resulting in vibration-free operation. This engine mainly consists of a rotor casing, a rotor and a crank shaft. The rotor shapes as single lobe peritrochoid (S.L.P.) curve. The rotor rotates by the crank shaft of eccentricity e and rotates itself in counter-direction by phasing gears. The rotor casing shape having two cavities is defined as envelope curve of the rotating single-lobe peritrochoid rotor. The room between the rotor and casing performs the working processes for working gas; intake, compression, ignition, expansion and exhaust processes. The intake of premixed gas of air and fuel and exhaust of burnt gas are controlled by rotary valves installed on the combustion recesses of the rotor-casing. The combustion recesses are equipped with spark-electrodes for ignition. One of advantages of this engine compared with Wankel rotary engines and a previous engine invented by authors, is easy and reliable sealing of working gas. In this engine configuration, that is, a sealing component is only installed on waist section of rotor-casing, instead of complex sealing system on a rotor in case of Wankel engines, resulting in high efficiency by low-leakage of working gas.
    In this paper, first, configuration and geometries of this engine are described. Next the prototype engine is introduced and the cyclic behavior of the working process of this prototype engine is explained. Performance of the prototype engine driven by an electric motor is also shown.

  • Schlieren 3D-CT Measurement of Instantaneous Density Distributions of the Shock-cell Structure of Under-expanded Supersonic Micro-jet

    Ahmad Zaid NAZARI, Yojiro ISHINO, Yuta ISHIKO, Yoshiaki MIYAZATO, Shinichiro NAKAO

    Prodeedings of 2016 Asia-Pacific International Symposium on Aerospace Technology     1 - 9   2016年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    Measurement of instantaneous density distribution of the shock-cell structure of an underexpanded supersonic microjet escaping into an ambient space from an axisymmetric convergent-divergent (Laval) micro nozzle has been conducted. For 3D observation of supersonic microjet, non-scanning 3D-CT technique using a multi-directional quantitative schlieren system with flash light source is employed. In this technique, for simultaneous schlieren photography, the custom-made 20-directional schlieren camera has been constructed and used. This study examines underexpanded supersonic jet from a micro nozzle with nozzle pressure ratio (NPR) 5.0 and plenum chamber pressure (stagnation pressure) 0.505 MPa. This micro nozzle design Mach number is Md = 1.5 and has circular cross-section with an exit diameter of 1000μm. First, the report deals with the density distribution. The density contour plot data of the jet flow is obtained by 3D-CT (Three Dimensional Computer Tomography) reconstruction of the images by MLEM an appropriate CT algorithm. Next, the density distribution data is calculated by formula. Theoretical results based on the theory of Tam (1984) are found to compare favorably with experimental measurement. The measured and calculated results are in acceptable agreement.

  • Rainbow Schlieren Measurements in Underexpanded Jets from Axisymmetric

    Hikaru FUKUDA, Hiroaki MAEDA, Daisuke ONO,Shinichiro NAKAO, Yoshiaki MIYAZATO, Yojiro ISHINO

    Proceedings of The 27th International Symposium on Transport Phenomena(ISTP-27)   ISTP27 ( 158 ) 1 - 7   2016年09月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    The rainbow schlieren deflectometry is applied for the slightly underexpanded jet issued from an axisymmetric supersonic micro nozzle with a design Mach number of 1.5. The nozzle was designed by the axisymmetric method of characteristics to provide uniform and parallel flow at the nozzle exit and it has inner diameters of 922 m and 1000 m at the nozzle throat and the exit, respectively, and a longitudinal length of 1300 m from throat to exit. The experiment was performed at a nozzle pressure ratio of 4.0 and a throat Reynolds number of 5.84 x 104. The jet density field is reconstructed by the image analysis based upon the Abel inversion of experimental data. The density contour map on the cross-section including the jet centerline is displayed to observe the gross features of micro supersonic jets. The vortex-sheet model on the shock cell structure proposed by Tam is used for a quantitative comparison between experiment and theory.

  • Schlieren 3D-CT Reconstruction of Instantaneous Ddensity Distributions of Spark-Ignited Flame Kerness of Fuel-Rich Propane-Air Premixture

    Yojiro Ishino, Naoki Hayashi, Yuta Ishiko, Ahmad Zaid Nazari

    Proceedings of the ASME 2016 Summer Heat Transfer Conference ( ASME )  HT2016   7423   2016年07月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   単著

    For 3D observation of high speed flames, non-scanning 3D-CT technique using a multi-directional quantitative schlieren system with flash light source, is proposed for instantaneous density distribution of unsteady premixed flames. This "Schlieren 3D-CT" is based on (i)simultaneous acquisition of flash-light schlieren images taken from numerous directions, and (ii) 3D-CT reconstruction of the images by an appropriate CT algorithm. In this technique, for simultaneous schlieren photography, the custom-made 20-directional schlieren camera has been constructed and used. This camera consists of 20 optical systems of single-directional quantitative schlieren system. Each system is composed of two convex achromatic lenses of 50 mm in diameter and 300 mm in focal length, a light source unit, a schlieren stop of a vertical knife edge and a digital camera. The light unit has a flash (9 micro-sec duration) light source of a uniform luminance rectangular area of 1 mm x 1 mm. Both of the uniformity of the luminosity and the definite shape are essential for a quantitative schlieren observation. Sensitivity of the digital cameras are calibrated with a stepped neutral density filter. Target flames are located at the center of the camera. The image set of 20 directional schlieren images are processed as follows. First the schlieren picture brightness is shifted by no-flame-schlieren picture brightness in order to obtain the real schlieren brightness images. Second, brightness of these images is scaled by Gladstone-Dale constant of air. Finally, the scaled brightness is horizontally integrated to form "density thickness images", which can be used for CT reconstruction of density distribution. The density thickness images are used for CT reconstruction by MLEM (maximum likelihood-expectation maximization) CT-algorithm to obtain the 3D reconstruction of instantaneous density distribution. In this investigation, the "density thickness" projection images of 400(H) x 500(V) pixel (32.0 mm x 40.0 mm) are used for 3D-CT reconstruction to produce 3D data of 400(x) x 400(y) x 500(z) pixel (32.0 mm x 32.0 mm x 40.0 mm). The voxel size is 0.08 mm each direction. In this investigation, the target flame is spark-ignited flame kernels. The flame kernels are made by spark ignition for a fuel-rich propane-air premixed gas. First, laminar flow is selected as the premixed gas flow to establish the spherically expanding laminar flame. The CT reconstruction result show the spherical shape of flame kernel with a pair of deep wrinkles. The wrinkle is considered to be caused by spark electrodes. Next turbulent flows behind turbulence promoting grid is selected. The corrugated shape flame kernel is obtained. The schlieren 3D-CT measurements are made for the complicated kernels. CT results expresses the instantaneous 3D turbulent flame kernel shapes.

  • 3D-CT(Computer Tomography) Measurement of an Instantaneous Density Distribution of Turbulent Flames with a Multi-directional Quantitative Schlieren Camera (Reconstructions of High-speed Premixed Burner Flames with Different Flow Velocities)

    Yojiro Ishino, Naoki Hayashi, Ili Fatimah Bt Abd Razak, Takahiro Kato, Yudai Kurimoto, Yu Saiki

    Flow, Turbulence and Combustion   96 ( 3 ) 819 - 835   2016年04月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    In order to provide a suitable technique for 3D observation of high speed turbulent flames, non-scanning 3D-CT(Computer Tomography) technique using a multi-directional quantitative schlieren system with flash light source, is proposed for instantaneous density distribution of unsteady premixed flames. This "schlieren 3D-CT" is based on (i)simultaneous acquisition of flash-light schlieren images taken from numerous directions, and (ii) 3D-CT reconstruction of the images by an appropriate CT algorithm. In this paper, first, as a preliminary research, 3D-CT reconstruction of non-axisymmetric steady flame is made with a single-directional quantitative schlieren system. Next, with custom-made 20 directional schlieren camera, instantaneous density distributions of a high-speed turbulent flames of nozzle exit velocities of 8.0 and 10.0 m/s has been CT-reconstructed. The 3D-views of the reconstructed flame front shape clearly give the information of the flame structure with fine scale corrugations. Based on the distributions, area-enlargement rates of the flame front area are derived, and investigated.

  • 3D Printing of Instantaneous Turbulent Flame Shapes, Experimentally Captured by 3D-Computer Tomography and Multi-Directional Schlieren Photography

    Yojiro Ishino, Naoki Hayashi, Yuta Ishiko, Ili Fatimah Bt Abd Razak, Yu Saiki, Kimihiro Nagase, Kazuma Kakimoto

    Transactions of ASME, J. Heat Transfer ( American Society of Mechanical Engineeres )  138 ( 2 ) 020912-1   2016年02月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    Non-scanning 3D-CT(Computer Tomography) technique employing a multi-directional quantitative schlieren photographic system(top-left picture) with flash light source, has been performed to obtain instantaneous density distributions of high-speed turbulent flames(for reference, the target flame of 8 m/s exit velocity is indicated in the right-top picture). For simultaneous schlieren photography, the custom-made 20-directional schlieren camera was constructed and used. The target turbulent flame is high-speed flames, anchored on the burner of a nozzle exit of 4.2 mm diameter. The image set of 20 directional schlieren images are processed by MLEM CT-algorithm to obtain the 3D reconstruction of instantaneous density distribution. The solid models(bottom picture) of threshold density level of 0.7 kg/m3 are 3D-printed as 4 times large size for detail observations. The average exit velocity of the propane-air mixture of equivalence ratio of 1.1 is set to be 10, 8, 6 and 4 m/s (models from left to right in the bottom picture). The solid models show the complicated shape of the high speed turbulent flames. The flame structure of higher speed flame has fine scale corrugations. This corresponds to the “corrugated flamelets regime” of the Borghi & Peters diagram well.

  • Manipulation of large-scale vortical structures and mixing in a coaxial jet with miniature jet actuators

    Y. Saiki, S. Tanaka, S. Hattori, K. Nakura, Yojiro Ishino

    8th International Symposium on Turbulence, Heat and Mass Transfer (THMT'15)     2015年09月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • 3D-CT Measurement of Instantaneous Density Distributions of High-Speed Premixed Turbulent Burner Flames with a Multi-Directional Schlieren Camera (Effects of Flow Velocity on 3D Flame Front Shape)

    Yojiro Ishino, Naoki Hayashi, Ili Fatimah Bt Abd Razak, Yu Saiki

    Proceedings of the 1st Thermal and Fluid Engineering Summer Conference, American Society of Thermal and Fluids Engineering   TFESC ( 12970 ) 1 - 11   2015年08月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    In present study, in order to provide a suitable technique for 3D observation of high speed turbulent flames, non-scanning 3D-CT technique using a multi-directional quantitative schlieren system with flash light source, is proposed for instantaneous density distribution of unsteady premixed flames. This "Schlieren 3D-CT" is based on (i)simultaneous acquisition of flash-light schlieren images taken from numerous directions, and (ii) 3D-CT reconstruction of the images by an appropriate CT algorithm. For simultaneous schlieren photography, in this experiment, the custom-made 20-directional schlieren camera has been constructed and used. Target flames are located at the center of the camera. The image set of 20 directional schlieren images are processed by MLEM CT-algorithm to obtain the 3D reconstruction of instantaneous density distribution. In this investigation, the target turbulent flame is high-speed burner flames. The burner has a nozzle exit of 4.2 mm diameter. The average flow velocity of the propane-air mixture of equivalence ratio of 1.1 is set to be 4, 6, 8 and 10 m/s. The burner is equipped with a turbulence promoting orifice in the burner tube. In order to anchor the high-speed flame on the burner nozzle, the burner tip has 4 holes for introducing the pilot flames. Results of the 3D-reconstructions indicates that the distributions show the complicated shape of the high speed turbulent flames. It is also found that the flame structure of higher speed flame has fine scale corrugations. This corresponds to the "corrugated flamelets regime" of the Borghi & Peters diagram for premixed turbulent combustion well.

全件表示 >>

著書

  • あなたの実用燃焼炉設計および制御

    - (担当: 単著 )

    テクノシステム  2001年04月

総説・解説記事

  • 多レンズ多方向光学系の設計および瞬間CT法による非定常流体現象の三次元計測と3Dプリンティング

    石野 洋二郎

    日本機械学会 流体工学工学部門 ニューズレター ( 日本機械学会 )    1 - 13   2016年11月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

    2016年度年次大会のEFDワークショップ「光学的流体計測手法」における講演内容について,詳細に記載する.内容は,(1)研究紹介,(2)光学的流体計測,(2-1)計測対象の現象について,(2-2)スキャンレス三次元CT(コンピュータ断層)計測について,(2-3)発光強度分布の瞬間三次元分布のスキャンレスCT計測,(2-4)3Dプリンティング,(2-5)多方向定量シュリーレンCT計測法,(2-6)高速乱流バーナー火炎の密度分布の瞬間三次元分布の計測,(2-7)多方向定量シュリーレン3D-CT法の他の応用例,(3)文献

  • 最新の可視化技術「非定常火炎のスキャンレスCT(コンピューター・トモグラフィー)多次元計測の実際」

    石野洋二郎,齋木悠

    日本ガスタービン学会誌 ( 日本ガスタービン協会 )  41 ( 5 ) 394 - 400   2013年09月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   共著

  • 多方向同時撮影・三次元CT法による非定常燃焼現象の可視化計測

    石野 洋二郎,齋木 悠,富田 和史,大北 雄哉

    可視化情報学会誌 ( 可視化情報学会 )  31 ( 120 ) 9 - 14   2011年01月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   共著

    本稿では,研究やエンターテーメントの分野で利用されている「多方向同時撮影」と,医療分野でCTスキャンとして普及している「三次元CT(コンピューター断層撮影)」とを組み合わせた,ノンスキャン三次元CT計測法「多方向同時撮影三次元CT法」による非定常火炎の計測について述べる.なお,可視化情報学会には様々な領域の会員,すなわち,燃焼・流体研究者以外の会員も所属していることも意識して,当該技術の周辺事項についても記述する.

  • 乱流火炎形状のスキャンレス三次元CT計測 --- 40眼カメラによる多方向同時撮影法と三次元CT法による乱流予混合火炎の瞬間輝度分布の三次元計測---

    石野洋二郎,大岩紀生

    日本燃焼学会誌 ( 日本燃焼学会 )  46 ( 137 ) 142 - 152   2004年08月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   共著

研究発表

  • SLPローターエンジンの構造と作動特性

    石野 洋二郎,丹羽 智哉,酒井 悠,熊野 聖人

    第27回内燃機関シンポジウム  (東京工業大学,蔵前会館)  2016年12月  -  2016年12月  日本機械学会,自動車技術会

  • 無振動回転式エンジン(SLPエンジン,日の丸エンジン)の発明

    石野 洋二郎,丹羽 智哉,熊野 聖人

    名工大・名市大合同テクノフェア  (名古屋工業大学)  2016年11月  -  2016年11月  名古屋工業大学

  • Development and Fundamental Study on a Novel Rotational Internal Combustion Engine with a Single-Lobe Peritrochoid Rotor

    Yojiro Ishino, Yu Sakai, Tomoya Niwa, Masato Kumano

    2016 Asia-Pacific International Symposium on Aerospace Technology  (富山国際会議場)  2016年10月  -  2016年10月  The Japan Society of Aeronautical and Space Sciences

  • Schlieren 3D-CT Measurement of Instantaneous Density Distributions of the Shock-cell Structure of Under-expanded Supersonic Micro-jet

    Ahmad Zaid NAZARI, Yojiro ISHINO, Yuta ISHIKO, Yoshiaki MIYAZATO, Shinichiro NAKAO

    2016 Asia-Pacific International Symposium on Aerospace Technology  (富山国際会議場)  2016年10月  -  2016年10月  The Japan Society of Aeronautical and Space Sciences

  • 微小アクチュエータにより制御されたバイオガス火炎の燃焼特性

    黒田 雅浩,赤尾 拓磨,齋木 悠,石野 洋二郎

    日本機械学会熱工学コンファレンス2016  (愛媛大学城北キャンパス)  2016年10月  -  2016年10月  日本機械学会

  • 多レンズ多方向光学系の設計および瞬間CT法による非定常流体現象の三次元計測と3Dプリンティング

    石野 洋二郎  [招待有り]

    日本機械学会2016年度年次大会 EFDワークショップ「光学的流体計測手法」  (九州大学,伊都キャンパス)  2016年09月  -  2016年09月  日本機械学会

  • 20方向シュリーレンカメラによる不足膨張超音速噴流のセル構造の瞬間密度分布の三次元CT計測

    Ahmad Zaid Nazari,林 直樹,石河 雄太,永瀬 公博,柿本 和摩,石野 洋二郎,宮里 義昭,仲尾 晋一郎

    日本機械学会2016年度年次大会  (九州大学,伊都キャンパス)  2016年09月  -  2016年09月  日本機械学会

  • 新型回転式無振動内燃エンジン「日の丸エンジン」の開発

    石野 洋二郎,丹羽 智哉,熊野 聖人

    イノベーション・ジャパン2016‐大学見本市  (東京ビッグサイト)  2016年08月  -  2016年08月  新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO),科学技術振興機構(JST)

  • Schlieren 3D-CT Reconstruction of Instantaneous Ddensity Distributions of Spark-Ignited Flame Kerness of Fuel-Rich Propane-Air Premixture

    Yojiro Ishino, Naoki Hayashi, Yuta Ishiko, Ahmad Zaid Nazari, Kimihiro Nagase, Kazuma Kakimoto, Yu Saiki

    ASME 2016 Summer Heat Transfer Conference  (Washington DC)  2016年07月  -  2016年07月  American Society of Mechanical Engineeres

  • 3D Printing of Spark-Ignited Flame Kernels, Experimentally Captured by 3D-Computer Tomography and Multi-Directional Schlieren Photography

    Yojiro Ishino, Naoki Hayashi, Yuta Ishiko, Kimihiro Nagase, Kazuma Kakimoto, Ahmad Zaid Nazari, Yu Saiki  [招待有り]

    ASME 2016 Summer Heat Transfer Conference  (Washington DC)  2016年07月  -  2016年07月  American Society of Mechanical Engineeres

全件表示 >>

工業所有権

  • 熱機関

    特願 特願2016-037579 

    石野洋二郎

  • 連続駆動内燃機関

    特願 特願2015-057094 

    石野洋二郎,田中健太郎

    本発明は、シリンダーにピストンを挿入したピストン方式の燃焼室を有する連続駆動内燃機関に関するものである。

  • 単発駆動内燃機関

    特願 特願2014-108751 

    石野洋二郎,田中健太郎

  • ロケットエンジン

    特願 特願2014-23729 

    石野 洋二郎,加藤 義春,野口 好夫

    液体ロケットエンジンの推進剤供給形式に関する特許.

  • ガスコンロ

    特願 意願2013-30447  特許 意願2013-030447

    鹿島 彰浩,石野 洋二郎

    ガスコンロの五徳に関する意匠であり,燃焼ガスの流れの制御が可能で,着脱式なのでとりまとめのしやすさが考慮された五徳のデザインである.

  • ガスコンロ

    特願 特願2013-268044 

    鹿島 彰浩,石野 洋二郎

    本発明は、ガスコンロに関し,清掃の容易性と外観性を改善すること、その際に、直火加熱の加熱効率を高めること、ガスコンロの使用環境を悪化させること無く、良好な使用快適性を得ること、などが目的の発明である.

  • ガスコンロ

    特願 特願2013-268043 

    鹿島 彰浩,石野 洋二郎

    本発明は、ガスコンロの使用環境を悪化させること無く、使用快適性を向上させること、熱効率を向上させること、清掃の容易性を得ると共に良好な外観性を得ること、などが本発明の目的である。

  • 流体機械

    特願 PCT/JP2012/57052 

    石野洋二郎

    非偏心回転機構による回転式内燃機関・空気圧縮機

  • 流体機械

    特願 PCT/JP2012/57052 

    石野洋二郎

    非偏心回転機構による回転式内燃機関・空気圧縮機

  • 流体機械

    特願 PCT/JP2012/57052 

    石野洋二郎

    非偏心回転機構による回転式内燃機関・空気圧縮機

全件表示 >>

作品

  • ジグザグ円筒面ローラーを用いた人間搭乗型巨大二足歩行ロボット

    2011年09月  -  2011年09月

  • i-Walker(人間搭乗型巨大二足歩行ロボット)

    2010年11月  -  2010年11月

    名工大名市大合同テクノフェアにてi-Walker(人間搭乗型二足歩行ロボット)を展示.試乗会では老若男女多数の参加者が搭乗体験.この様子はテレビ愛知等で放映.当該機は日刊工業新聞でも特集取材された(2011年2月7日).

学術関係受賞

  • 日本機械学会東海支部フェロー賞

    2016年09月05日   日本機械学会東海支部   20方向シュリーレン三次元CT計測による乱流予混合気流中の火花点火火炎の成長過程の観察  

    受賞者:  永瀬 公博,林 直樹,石河 雄太,Ahmad Zaid Nazari,柿本 和摩,齋木 悠,石野 洋二郎

    本研究では,これまでの研究を拡張し,予混合火炎に対し多方向から定量シュリーレン撮影を実施し,空間積分処理により密度厚さ分布画像を作成し,三次元CT処理により三次元密度分布を得る計測法を提案する.本報では,定量シュリーレンCT法の計測原理および20組のシュリーレン光学系から構成される20方向マルチ・シュリーレンカメラを用い,乱流予混合気中において火花点火により得られた火炎核の瞬間三次元密度分布の三次元CT再構成を行った結果を報告した.

  • 可視化情報学会ベストプレゼンテーション賞

    2015年10月30日   可視化情報学会   噴出速度の異なる高速乱流バーナー火炎の瞬間三次元密度分布の20方向シュリーレンCT計測と3Dプリンティング  

    受賞者:  石河 雄太,林 直樹,Abd Razak Ili Fatimah,齋木 悠,石野 洋二郎

    多方向定量シュリーレン撮影により,予混合火炎の輝度分布を獲得し,その輝度分布を空間積分することで密度偏差厚さの獲得を行った.そして,獲得された密度偏差厚さをプロジェクション画像として,三次元CT法により再構成することで瞬間三次元密度分布の獲得を行った. 本発表では,20台のシュリーレン光学系からなる多方向シュリーレン・カメラにより,実用バーナーの高速乱流予混合火炎のシュリーレン撮影を行い,同火炎の瞬間三次元密度分布の三次元CT再構成を行った結果を報告する.本報では,とくに,バーナー噴出速度による火炎形状の変化について調査した.さらに,得られた瞬間三次元分布データを基に,3Dプリンターにより乱流火炎の瞬間形状の三次元モデルを作製した.

  • 日本機械学会 環境工学部門 研究業績賞

    2015年07月09日   日本機械学会  

    受賞者:  石野洋二郎

  • 日本機械学会環境工学部門研究奨励賞

    2014年11月   日本機械学会環境工学部門   非偏心回転式エンジン「イシノ・エンジン」の開発(高速度ビデオ撮影による点火および火炎伝播過程の把握)  

    受賞者:  藤井 博之,手嶋 啓介,山本 優作,石野 洋二郎

    非常時の電源確保のために分散型発電の需要が増しており,近接で使用の際には低振動特性が重要となる.低振動性に優れるロータリー機構は,多様な機関が考案されており,偏心回転機構であるヴァンケル式ロータリーエンジンなどが存在するが,偏心回転により振動が発生してしまう.本研究では,広い産業分野に展開可能性のある技術である,低振動の非偏心回転式新型エンジン「イシノ・エンジン」が考案された.発表では,機関構成と作動原理,機関コンパクト性および圧縮比の観点からの評価や,高速度カメラによる燃焼室内の点火および火炎伝播過程の可視化による詳細な検証が報告された.これら一連の研究成果による,新しいエンジンの提案は高く評価できる.第23回環境工学総合シンポジウムにおいて,上記に関する講演を行い,最優秀であると認定されたため研究奨励表彰に十分に値すると判断された.

  • 学会賞(技術賞)「マルチミラー光学系と三次元CT法による乱流予混合火炎の時系列三次元計測」

    2011年07月18日   社団法人 可視化情報学会  

    受賞者:  齋木悠,大北雄哉,徐ヨウ,堀本健太,石野洋二郎

  • ギネス世界記録認定「The most lenses on a photographic camera」

    2009年11月24日   -  

    受賞者:  -

  • 平成21年度 日本燃焼学会 論文賞 論文題目「Important Roles of Multiphase Process in Enhancement Mechanism of Micro Plastic Particle Combustion」

    2009年04月   -  

    受賞者:  -

  • 自動車技術会中部支部事業活動功労者表彰

    2008年04月   -  

    受賞者:  -

  • 平成18年度 可視化情報学会 映像賞SGI賞 論文題目「40眼カメラとCT法による瞬間三次元分布計測手法 (乱流予混合火炎の輝度分布の計測)」

    2006年04月   -  

    受賞者:  -

  • 講演題目:「炭酸ガスレーザー加熱による単一プラスチック粒子の燃焼挙動の高速度顕微鏡観察」

    2004年01月01日   -  

    受賞者:  -

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • フラッシュ・シュリーレン3D-CT法による実用乱流火炎の実像獲得

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2020年03月  代表者:  石野 洋二郎

共同研究実施実績

  • 超小型液体ロケットエンジン開発

    提供機関: 加藤精密工業  国内共同研究

    研究期間: 2016年04月  -  2017年03月  代表者: 石野洋二郎,加藤義春

    亜酸化窒素を酸化剤,エタノールを燃料とする超小型液体ロケットの開発を実施すると同時に,それを用いたロケットの打ち上げを計画.本年は,相手先企業でのエンジンシステムの製作,本学側での打ち上げ場所の視察を行った.

  • 多次元密度場の光学計測における各種計測手法の検討

    提供機関: 北九州市立大学  国内共同研究

    研究期間: 2014年09月  -  2017年03月  代表者: 石野洋二郎(名古屋工業大学),宮里義昭(北九州市立大学)

    多方向同時シュリーレン撮影によるCT計測を得意とする名古屋工業大学側と,レインボーシュリーレン計測を実施する北九州市立大学とで,各計測手法の特長について検討を行う.対象とする流体現象は,当初は,超音速噴流から始める.

  • 三次元CT(コンピュータ断層造影)計測法による火炎計測

    提供機関: 中部大学  国内共同研究

    研究期間: 2013年04月  -  2017年03月  代表者: 石野洋二郎(名工大),平沢太郎准教授(中部大学)

    三次元CT計測を用いて,複雑な三次元形状の火炎の実態形状を把握する研究を実施.初年度は,相手先大学の大学院生に,名工大のCT解析コンピュータコードの説明を行い,計算プログラムを共有化した.

 
 

学会・委員会等活動

  • 2015年07月
    -
    現在

    アメリカ機械学会   K22可視化技術委員会 委員

  • 2015年04月
    -
    現在

    日本設計工学会   中部支部 商議員

  • 2010年04月
    -
    現在

    日本機械学会   環境工学部門 第3技術委員会 委員

  • 2010年04月
    -
    現在

    日本機械学会   動力エネルギー部門 商議員

  • 2006年04月
    -
    現在

    日本機械学会   RC研究委員会(熱流体計測)