吉田(水野) 江依子 (ヨシダ エイコ)

YOSHIDA Eiko (née MIZUNO)

写真a

所属学科・専攻等

基礎教育類
情報工学専攻 情報数理分野
工学教育総合センター

職名

教授

出身大学院

  •  
    -
    2000年03月

    名古屋大学  文学研究科  英語学博士課程  単位取得満期退学

取得学位

  • 名古屋大学 -  博士(文学)

所属学会・委員会

  • 2015年04月
    -
    継続中

    日本認知言語学会

  • 2008年04月
    -
    継続中

    日本言語学会

  • 1994年04月
    -
    継続中

    日本英文学会中部支部

  • 1994年04月
    -
    継続中

    日本英語学会

  • 1994年04月
    -
    継続中

    名古屋大学英文学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • 言語学

  • 英語学

 

研究経歴

  • ツイッターを用いた流行語研究

    機関内共同研究  

    研究期間:  2018年04月  -  現在

  • 情報構造に基づくフェイズの共時的・通時的研究

    個人研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月

  • 進化言語学

    個人研究  

    研究期間:  2012年10月  -  現在

  • 副詞からみたミニマリスト・プログラムの理論装置

    個人研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2006年04月  -  2009年03月

論文

  • Classification of Buzzwords by Focusing on Time Trends Using Twitter Data

    Juno Hashimoto, Atsuko Mutoh, Koichi Moriyama, Azusa Yokogoshi, Eiko Yoshida, Tohgoroh Matsui, and Nobuhiro Inuzuka

    2021 IEEE 10th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2021)     2021年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • ツイッターを利用した流行語の変遷に関する研究

    横越 梓, 吉田 江依子

    2020年度中部支部第72回大会 プロシーディングス ( 日本英文学会中部支部 )    2021年02月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

  • 書評 遊佐典昭編『言語の獲得・進化・変化 ―心理言語学、進化言語学、歴史言語学』

    吉田江依子

    英文学研究 ( 日本英文学会 )  97   146 - 151   2020年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • 流行語・新語の変遷における原因とその問題点:反証可能な流行語研究に向けて

    吉田 江依子

    New Directions 38 ( 名古屋工業大学 共通教育・英語 )  38   39 - 58   2020年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要)   単著

  • 情報構造に基づくフェイズの特性

    吉田 江依子

    JELS 35 ( 日本英語学会 )  35   173 - 179   2018年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • 書評 Cedric Boeckx: Elementary Syntactic Structures: Prospects of a Feature-Free Syntax

    吉田 江依子

    IVY ( 名古屋大学英文学会 )  48   131 - 135   2015年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • 情報構造に基づくフェイズ研究に向けての一考察:「前提」をどう扱うか

    吉田 江依子

    New Directions   33   59 - 71   2015年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要)   単著

  • フェイズ不可侵条件とインターフェイス

    吉田 江依子

    New Directions   32   51 - 59   2014年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要)   単著

  • フェイズの意味的・概念的特性と進化的妥当性について

    吉田 江依子

    JELS   31   256 - 262   2014年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • 進化言語学におけるフェイズ研究に向けて

    吉田 江依子

    New Directions   31   75 - 84   2013年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要)   単著

全件表示 >>

著書

  • 最新英語学・言語学用語辞典

    吉田 江依子, 中野弘三 他  (担当: 分担執筆 )

    開拓社  2015年11月 ISBN: 978-4758922159

  • 言語変化:動機とメカニズム

    中野弘三, 田中智之, 大室剛志, 吉田 江依子  ほか (担当: 共著 , 担当範囲: I-A-5 形容詞と複合不定代名詞の語順に関する通時的考察 )

    開拓社  2013年04月 ISBN: 978-4-7589-2182-4

  • Ivy Never Sere

    Eiko Mizuno (担当: 共著 )

    音羽書房鶴見書店  2009年03月

  • 英語学用語辞典

    水野江依子 (担当: 分担執筆 )

    三省堂  1999年01月

  • 言語の深層を探ねて:中野弘三博士還暦記念論文集

    水野江依子 (担当: 共著 )

    英潮社  1996年10月

総説・解説記事

  • ことばとは何か:人の言葉と人工知能のコトバの違いを考える

    吉田 江依子

    New Directions   36   69 - 89   2018年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

研究発表

  • ツイッターを利用した流行語の変遷に関する研究

    横越梓, 吉田江依子 

    日本英文学会中部支部第72回大会  (岐阜大学(ウェブ開催))  2020年10月  -  2020年11月  日本英文学会中部支部

  • Twitterデータを用いた流行語使用頻度の推移に関する分析

    橋本受旺, 武藤敦子, 森山甲一, 横越梓, 吉田江依子, 犬塚信博

    令和2年度 電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会  (愛知県立大学(オンライン開催))  2020年09月  -  2020年09月 

  • 情報構造に基づくフェイズの特性

    吉田江依子

    日本英語学会第35回大会  (東北大学)  2017年11月  -  2017年11月  日本英語学会

  • フェイズの意味的・概念的特性と進化的妥当性

    吉田 江依子

    日本英語学会第31回大会  (福岡大学)  2013年11月  -  2013年11月  日本英語学会

  • 副詞表現を巡る機能範疇の統語特性と解釈特性

    水野 江依子

    日本英文学会 第83回大会  (北九州市立大学)  2011年05月  -  2011年05月  日本英文学会

  • ミニマリスト・プログラムに基づく日英語の副詞の分析

    水野江依子

    日本言語学会第141回大会  (東北大学)  2010年11月  -  2010年11月  日本言語学会

  • 副詞からみた統語構造と発話の階層構造

    -

    日本英文学会第59回中部支部大会シンポジウム  2007年04月  -  2007年04月 

  • 定形節における機能範疇の出現:文副詞の認可を中心に

    -

    日本英語学会第24回大会シンポジウム  2006年04月  -  2006年04月 

  • 認識様態副詞の歴史的発達について:認可と文法化の観点から

    -

    近代英語協会第21回大会  2004年04月  -  2004年04月 

  • 副詞の認可とVP Shell構造

    -

    日本英語学会第17回大会  1999年04月  -  1999年04月 

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 蔦賞

    2004年04月17日   名古屋大学英文学会  

    受賞者:  水野江依子

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 情報構造に基づくフェイズの共時的・通時的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月 

    本研究の目的は、ミニマリスト・プログラムの中心的役割を果たしている理論装置の一つであるフェイズ(phase)に対して、従来の統語範疇に基づく定義ではなく、情報構造論に基づく新たな定義を与え、その妥当性を共時的・通時的観点から実証的に証明することである。

  • 副詞からみたミニマリスト・プログラムの理論装置:言語理論の構築に向けて

    基盤研究(C)

    研究期間:  2006年04月  -  2009年03月 

  • 受動文、中間構文、能格構文の分析:受動形態素とゼロ形態素の果たす役割について

    特別研究員奨励費

    研究期間:  1997年04月  -  2001年03月 

 
 

学会・委員会等活動

  • 2015年04月
    -
    2018年03月

    日本英文学会中部支部   副支部長

  • 2015年04月
    -
    2018年03月

    日本英文学会   編集委員

  • 2013年04月
    -
    2019年03月

    日本英文学会中部支部   理事

  • 2008年04月
    -
    2013年03月

    日本英文学会中部支部   論文編集委員

  • 2004年04月
    -
    2008年03月

    名古屋大学英文学会   論文編集委員