松原 翔吾 (マツバラ ショウゴ)

MATSUBARA Shogo

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 ソフトマテリアル分野
生命・応用化学専攻 ソフトマテリアル分野
若手研究イノベータ養成センター

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

超分子化学、有機化学、光化学、生体関連化学

出身大学院

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    立命館大学  生命科学研究科  生命科学専攻博士課程  修了

取得学位

  • 立命館大学 -  博士(理学)

 

論文

  • Fabrication of CaCO3-coated vesicles by biomineralization and application for DDS carriers

    C. Miyamaru, M. Koide, N. Kato, S. Matsubara, M. Higuchi*

    Int. J. Mol. Sci.   23   789   2022年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Supramolecular Nanofibers Constructed by Hydrogen Bonding of Chlorophyll Dimer

    S. Matsubara*, H. Tamiaki*

    Chem. Lett.   50   999 - 1001   2021年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Self-aggregation of zinc bacteriochlorophyll-d analog bearing B-ring reduced chlorin and 17-acrylate residue

    D. Funakoshi, S. Matsubara, H. Tamiaki*

    Tetrahedron   81   131853   2021年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Supramolecular chlorophyll aggregates inspired from specific light-harvesting antenna “chlorosome”: Static nanostructure, dynamic construction process, and versatile application

    S. Matsubara, H. Tamiaki*

    J. Photochem. Photobiol. C: Photochem. Rev.   45   100385   2020年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Growth model of chlorosome antenna by the environment-dependent stepwise assembly of a zinc chlorophyll derivative

    S. Matsubara, H. Tamiaki*

    Photosynth. Res.   145   129 - 134   2020年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Photoactivated supramolecular assembly using “caged chlorophylls” for the generation of nanotubular self-aggregates having controllable lengths

    S. Matsubara, H. Tamiaki*

    ACS Appl. Nano Mater.   3   1841 - 1847   2020年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Bioinspired supramolecular nanosheets of zinc chlorophyll assemblies

    S. Shoji*, T. Ogawa, S. Matsubara, H. Tamiaki*

    Sci. Rep.   9   14006   2019年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • Phototriggered dynamic and biomimetic growth of chlorosomal self-aggregates

    S. Matsubara, H. Tamiaki*

    J. Am. Chem. Soc.   141   1207 - 1211   2019年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Synthesis and self-aggregation of -expanded chlorophyll derivatives to construct light-harvesting antenna models

    S. Matsubara, H. Tamiaki*

    J. Org. Chem.   83   4355 - 4364   2018年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 20-Substitution effect on self-aggregation of synthetic zinc bacteriochlorophyll-d analogs

    H. Tamiaki*, A. Wada, S. Matsubara

    J. Photochem. Photobiol. A: Chem.   353   581 - 591   2018年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

総説・解説記事

  • 生物から学ぶ効率的な光合成システム–分子レベルで設計された人工光捕集アンテナの構築

    松原 翔吾, 庄司 淳, 民秋 均

    化学 ( 化学同人 )  76 ( 5 ) 70 - 71   2021年04月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 色素超分子構造体の形成を光で制御

    松原 翔吾, 民秋 均

    化学と工業   72 ( 7 ) 606   2019年07月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 太陽光発電の応用に期待

    松原 翔吾, 民秋 均

    産経新聞     2019年03月

    その他記事   共著

研究発表

  • Construction of chlorophyll nanofiber inspired by specific light-harvesting antenna "chlorosome"

    Tatsuma Ishii, Shogo Matsubara, Hitoshi Tamiaki

    Pacifichem 2021  2021年12月  -  2021年12月 

  • Self-aggregates of synthetic chlorophyll derivatives as models of natural photosynthetic antennas: their supramolecular structure, light-harvesting processes, and dynamic construction

    Hitoshi Tamiaki, Shogo Matsubara, Shoji Sunao  [招待有り]

    Pacifichem 2021  2021年12月  -  2021年12月 

  • Synthetic pH-responsive chlorophyll-peptide conjugates

    Miyu Nagatani, Masahiro Higuchi, Hitoshi Tamiaki, Shogo Matsubara

    第31回MRS-J年次大会  2021年12月  -  2021年12月 

  • Formation of organic-inorganic complex with hierarchical structure by the self-supplied mineralization using self-organization and inverse template effect

    Masayuki Sakano, Miyo Okawara, Sayaka Minoshima, Shogo Matsubara, Masahiro Higuchi

    第31回MRS-J年次大会  2021年12月  -  2021年12月 

  • Fabrication of organic-inorganic nanocomposite having nanoline sturucture using peptide monolyaers as temprates at air-water interface

    Kosuke Tsujii, Shogo Matsubara, Masahiro Higuchi

    第31回MRS-J年次大会  2021年12月  -  2021年12月 

  • Fabrication of mineralized TiO2 nanocomposites on the gold nanoparticle network connected by peptide nanowires

    Toma Iwakiri, Shogo Matsubara, Masahiro Higuchi

    第31回MRS-J年次大会  2021年12月  -  2021年12月 

  • Fabrication of CaCO3 coated Vesicles for DDC Carriers-having the Target Recognition Ability

    Nana Kato, Shogo Matsubara, Masahiro Higuchi

    第31回MRS-J年次大会  2021年12月  -  2021年12月 

  • Formation of the bone repair agent using collagen-β-turn peptide composite gel as a scaffold material

    Mio Takagi, Shogo Matsubara, Masahiro Higuchi

    第31回MRS-J年次大会  2021年12月  -  2021年12月 

  • Preparation of vesicles having magnetite shell and application for DDS carriers

    Yuuka Chinda, Shogo Matsubara, Masahiro Higuchi

    第31回MRS-J年次大会  2021年12月  -  2021年12月 

  • Nucleation of hydroxyapatite and controlled crystal growth by biomineralization aiming for bone repair agents

    Aisa Kuwahara, Shogo Matsubara, Masahiro Higuchi

    第31回MRS-J年次大会  2021年12月  -  2021年12月 

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 第10回(令和元年度)日本学術振興会育志賞

    2020年03月   日本学術振興会  

    受賞者:  松原 翔吾

  • The Poster Presentation Awards on ISF-3/ICARP2019

    2019年11月   ICARP2019  

    受賞者:  松原 翔吾

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 多次元構造を有する色素集積体による人工光捕集アンテナの創製

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2020年04月  -  2021年03月  代表者:  松原 翔吾

  • 色素集積型光合成アンテナの形成機構の解明と光機能デバイスへの応用

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2018年04月  -  2020年03月  代表者:  松原 翔吾

その他競争的資金獲得実績

  • ドラッグデリバリー型光線力学療法を目指したpH応答性色素-ペプチド複合体の創製

    提供機関:  民間財団等  公益財団法人 立松財団 一般研究助成

    研究期間:  2022年04月  -  2023年03月  代表者:  松原 翔吾

  • オリゴプロリンを基本⾻格とする⼤型分⼦カプセルの創製

    提供機関:  民間財団等  第53回 内藤記念科学奨励金・研究助成

    研究期間:  2021年09月  -  2023年09月  代表者:  松原 翔吾