犬塚 悠 (イヌツカ ユウ)

INUTSUKA Yu

写真a

所属学科・専攻等

基礎教育類
社会工学専攻 環境都市分野

職名

准教授

出身大学

  • 2006年04月
    -
    2010年09月

    早稲田大学   国際教養学部   卒業

  • 2007年08月
    -
    2009年07月

    シンガポール国立大学   University Scholars Program   卒業

  • 2007年08月
    -
    2009年07月

    シンガポール国立大学   理学部   卒業

出身大学院

  • 2013年04月
    -
    2019年03月

    東京大学大学院  学際情報学府  学際情報学専攻博士課程  修了

  • 2014年10月
    -
    2015年09月

    フランス国立社会科学高等研究院  博士課程(研究指導委託)  博士課程 

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    東京大学大学院  学際情報学府  学際情報学専攻修士課程  修了

取得学位

  • 東京大学 -  博士(学際情報学)

学外略歴

  • 2020年05月
    -
    継続中

      法政大学   国際日本学研究所   客員所員

  • 2020年04月
    -
    継続中

      南山大学   南山宗教文化研究所   非常勤研究員

  • 2020年04月
    -
    継続中

      名古屋工業大学   大学院工学研究科   准教授

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

      東京大学   東洋文化研究所   特任研究員

  • 2018年04月
    -
    継続中

      法政大学   江戸東京研究センター   客員研究員

全件表示 >>

所属学会・委員会

  •  
     
     

    日本哲学会

  •  
     
     

    日本倫理学会

  •  
     
     

    応用哲学会

  •  
     
     

    西田哲学会

  •  
     
     

    European Network of Japanese Philosophy

専門分野(科研費分類)

  • 哲学・倫理学

 

学位論文

  • 倫理と創造との相克――和辻哲郎・西田幾多郎・三木清における主体・環境論

    犬塚 悠

      2020年03月(年月日)

    学位論文(博士)   単著

論文

著書

  • 環境倫理学

    吉永明弘・寺本剛編 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 第11章 風土と環境倫理――風景はどのようにしてできるのか )

    昭和堂  2020年10月 ISBN: 978-4812219348

  • 風土(Fudo)から江戸東京へ

    安孫子 信 (監修) (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 【翻訳】ジャン=フィリップ・ピエロン「都会の蛍:和辻哲郎とオギュスタン・ベルクとともに都市の風土を考える」(Jean-Philippe Pierron « Des lucioles dans la ville. Penser le milieu urbain avec Watsuji Tetsuro et Augustin Berque ») )

    法政大学出版局  2020年04月 ISBN: 978-4588780127

  • Tetsugaku Companion to Japanese Ethics and Technology

    Edited by Thomas, Taro Lennerfors, Kiyoshi Murata (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Chapter 3: A Moral Ground for Technology: Heidegger, Postphenomenology, and Watsuji )

    Cham: Springer  2019年03月 ISBN: 978-3319590257

  • La mésologie, un autre paradigme pour l’anthropocène ?

    dir. Marie, Augendre, Jean-Pierre Llored, Yann Nussaume (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Chapitre IV: Le fûdo et l’éthique de Watsuji Tetsurô : pour l’avenir de l’écoumène )

    Paris: Hermann  2018年04月 ISBN: 978-2705695675

  • Japanese Environmental Philosophy

    Edited by, J. Baird Callicott, James McRae, J. Baird Callicott, James McRae (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Chapter 5: Sensation, Betweenness, Rhythms: Watsuji’s Environmental Philosophy and Ethics in Conversation with Heidegger )

    New York: Oxford University Press  2017年06月 ISBN: 0190456329

  • 風を感じる――異なるディシプリンと出会うとき IHS 風水研修

    村松伸,趙斉,近藤亮介編 (担当: 単著 , 担当範囲: 風水と環境倫理学を再考する――和辻のハイデガー道具論批判を手掛かりに )

    東京大学大学院博士課程教育リーディングプログラム 多文化共生・統合人間学プログラム(IHS)  2015年03月

  • UTCP-Uehiro Booklet 5: Papers from the 2013 University of Tokyo-University of Hawai'i Summer Residential Institute in Comparative Philosophy

    Edited by Roger T. Ames, Masato Ishida, Takahiro Nakajima and Shinji Kajitani (担当: 単著 , 担当範囲: How One Becomes What One Is: Mediation of Sein and Werden in Watsuji Tetsuro’s ‘Memorandum’ )

    The University of Tokyo Center for Philosophy  2014年07月

総説・解説記事

  • 木村純二,吉田真樹編『和辻哲郎の人文学』書評「危機の時代における人文学の姿の探求ーー近代日本の知の巨人から学ぶ」

    犬塚 悠

    図書新聞   ( 3513 ) 5   2021年09月  [依頼有り]

    書評,文献紹介等   単著

  • 竹村牧男『ブッディスト・エコロジー:共生・環境・いのちの思想学』書評

    犬塚 悠

    European Journal of Japanese Philosophy   ( 2 ) 327 - 329   2017年09月  [依頼有り]

    書評,文献紹介等   単著

  • 霧心の哲学:金森修の空間・場所論

    犬塚 悠

    東京大学大学院教育学研究科 基礎教育学研究室 研究室紀要   ( 43 ) 45 - 48   2017年07月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 国際シンポジウム報告 世界から見た和辻哲郎

    犬塚 悠

    南山宗教文化研究所 研究所報   ( 27 ) 14 - 23   2017年06月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • On Mesology: Questioning the Condition of Humanity in the Era of Questioning Anthropocene

    Yū Inutsuka

    5: Designing Media Ecology   ( 6 ) 42 - 45   2016年12月  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • How One Becomes What One Is: Mediation of Sein and Werden in Watsuji Tetsuro’s ‘Memorandum’

    Yu INUTSUKA

    UTCP-Uehiro Booklet 5: Papers from the 2013 University of Tokyo-University of Hawai'i Summer Residential Institute in Comparative Philosophy     95 - 101   2014年07月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 指揮者・大野和士氏インタビュー――内的必然性から響きあう音楽

    大野和士,阿部純,犬塚悠,南後由和,難波阿丹,橋本尚樹,松山秀明,柳井良文,渡邉宏樹

    東京大学大学院情報学環紀要 情報学研究・調査研究編   ( 28 ) 203 - 242   2012年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

研究発表

  • 日本化する「シェアリングエコノミー」 :スウェーデンとの比較から

    折戸洋子 , 間嶋崇 , 犬塚悠 , Fors Per

    経営情報学会 2021年全国研究発表大会  2021年11月  -  2021年11月 

  • Nature and Technology: Comparing Watsuji, Nishida, and Miki (Panel: The Human Environment between Nature and Technique: A Promenade in Twentieth Century Japanese Philosophy)

    Inutsuka Yū

    16th International Conference of the European Association for Japanese Studies  2021年08月  -  2021年08月 

  • コメントーー世界哲学における「尊厳」概念

    犬塚 悠  [招待有り]

    連続シンポジウム「世界哲学・世界哲学史を再考する」第5回「世界哲学における「尊厳」概念」  2021年07月  -  2021年07月 

  • Comments and Questions on "The History and Ethics of Authenticity"

    Inutsuka Yū  [招待有り]

    "The History and Ethics of Authenticity" Workshop  2021年03月  -  2021年03月 

  • Tools as a Part of Social Existence: Watsuji’s Understanding of Technology and its Limitation (Special Panel: Philosophy of Technology)

    Inutsuka Yū

    The 5th Conference of the International Association for Japanese Philosophy  2021年03月  -  2021年03月 

  • Individuality and Sociality of the Subject in Merleau-Ponty and Watsuji (Panel: Proposing New Perspectives on "Intercorporeality" from East-Asian Philosophical Viewpoint)

    Inutsuka Yū

    International Society of East Asian Philosophy 2019 Conference  2019年12月  -  2019年12月 

  • Watsuji Tetsurō's Understanding of Technology

    Inutsuka Yū

    Workshop "Japanese Philosophy of Technology -- Past and Present"  2019年10月  -  2019年10月 

  • 和辻倫理学の環境倫理学的・技術倫理学的意義――環境を内包する人間存在の倫理学(共通課題「和辻倫理学の可能性」)

    犬塚 悠  [招待有り]

    日本倫理学会第70回大会  2019年10月  -  2019年10月 

  • Watsuji: Self, World, and Knowledge

    Kyle Shuttleworth, Inutsuka Yū

    5th Annual Conference of the European Network of Japanese Philosophy  2019年09月  -  2019年09月 

  • Philosophy for Youngsters

    Saitō Takashi, Inutsuka Yū, James W. Heisig

    5th Annual Conference of the European Network of Japanese Philosophy  2019年08月  -  2019年08月 

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 2016年度若手研究者研究論文最優秀論文賞

    2017年02月   法政大学国際日本学研究所  

    受賞者:  犬塚悠

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 責任概念の再考:京都学派の時間論から

    若手研究(B)

    研究期間:  2021年04月  -  2024年03月 

  • 日本技術哲学の総合研究と国際化

    基盤研究(B)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  直江清隆

  • 持続可能性と倫理の実現に資する情報通信技術の開発と利用に関する日瑞比較研究

    日本学術振興会 STINT 二国間交流事業共同研究

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月  代表者:  村田潔

  • 京都学派の行為論における創造と倫理:予測・制御不可能性としての「自然」に着目して

    研究活動スタート支援

    研究期間:  2017年09月  -  2019年03月 

  • 「風土」及びmilieu概念による環境倫理学の基礎付け―和辻、ベルクを手掛かりに

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月 

 
 

学会・委員会等活動

  • 2014年11月
    -
    現在

    European Network of Japanese Philosophy   Editorial Board

社会貢献活動

  • 2014年度「高校生のための哲学サマーキャンプ」チューター

    上廣倫理財団  2014年07月  -  2014年07月

  • 公益財団法人和敬塾教養講座「グレートブックス研究会」チューター

    2011年05月  -  2014年08月