千頭 昇 (チカミ ノボル)

CHIKAMI Noboru

写真a

所属学科・専攻等

情報工学教育類 / ネットワーク分野 / 基礎教育類
情報工学専攻 / 情報数理分野

職名

准教授

学外略歴

  • 2019年04月
    -
    2019年12月

      大阪大学   大学院基礎工学研究科   講師

  • 2018年04月
    -
    2019年12月

      大阪大学   大学院基礎工学研究科   日本学術振興会特別研究員

  • 2016年06月
    -
    2018年03月

      東北大学   大学院理学研究科   助教

所属学会・委員会

  • 2014年04月
    -
    継続中

    日本数学会

 

論文

  • Composition estimates and well-posedness for Hardy–Hénon parabolic equations in Besov spaces

    Noboru Chikami

    Journal of Elliptic and Parabolic Equations ( Springer Science and Business Media {LLC} )    2019年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • Global Well-Posedness and Time-Decay Estimates of the Compressible Navier–Stokes–Korteweg System in Critical Besov Spaces

    Noboru Chikami, Takayuki Kobayashi

    Journal of Mathematical Fluid Mechanics ( Springer Science and Business Media {LLC} )  21 ( 2 )   2019年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • On Gagliardo-Nirenberg type inequalities in Fourier-Herz spaces

    Chikami Noboru

    JOURNAL OF FUNCTIONAL ANALYSIS   275 ( 5 ) 1138 - 1172   2018年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • On the global existence and time decay estimates in critical spaces for the Navier–Stokes–Poisson system

    Chikami N, Danchin R

    Mathematische Nachrichten   290 ( 13 ) 1939 - 1970   2017年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Well-posedness of the compressible Navier–Stokes–Poisson system in the critical Besov spaces

    Chikami N, Ogawa T

    Journal of Evolution Equations   17 ( 2 ) 717 - 747   2017年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • WELL-POSEDNESS OF THE COMPRESSIBLE NAVIER-STOKES-POISSON SYSTEM IN BESOV SPACES (Mathematical Analysis in Fluid and Gas Dynamics : RIMS研究集会報告集)

    千頭 昇, 小川 卓克

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学 )  ( 1985 ) 144 - 158   2016年04月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • On the well-posedness of the full compressible Navier-Stokes system in critical Besov spaces

    Noboru Chikami, Raphael Danchin

    JOURNAL OF DIFFERENTIAL EQUATIONS ( ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE )  258 ( 10 ) 3435 - 3467   2015年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    We are concerned with the Cauchy problem of the full compressible Navier Stokes equations satisfied by viscous and heat conducting fluids in R-n. We focus on the so-called critical Besov regularity framework. In this setting, it is natural to consider initial densities rho(0), velocity fields u(0) and temperatures theta(0) with a(0) := rho(0) - 1 is an element of (B) over dot(p,1)(n/p), u(0) is an element of (B) overp dot(p,1)(n/p-1) and theta(0) (B)over dot(p,1)(n/p-2). After recasting the whole system in Lagrangian coordinates, and working with the total energy along the flow rather than with the temperature, we discover that the system may be solved by means of Banach fixed point theorem in a critical functional framework whenever the space dimension is n >= 2, and 1 < p < 2n. Back to Eulerian coordinates, this allows to improve the range of p's for which the system is locally well-posed, compared to [7]. (C) 2015 Elsevier Inc. All rights reserved.

  • THE BLOW-UP CRITERION FOR THE COMPRESSIBLE NAVIER-STOKES SYSTEM WITH A YUKAWA-POTENTIAL IN THE CRITICAL BESOV SPACE

    Noboru Chikami

    DIFFERENTIAL AND INTEGRAL EQUATIONS ( KHAYYAM PUBL CO INC )  27 ( 9-10 ) 801 - 820   2014年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    We give a refined blow-up criterion for the solution for the compressible Navier-Stokes system with a Yukawa-potential in the critical Besov space [13]. The result may be considered as a compressible counterpart of the results for. the incompressible Navier-Stokes system.

研究発表

  • Hardy-H¥'enon型半線型熱方程式の解の挙動

    千頭昇,谷口晃一,池田正弘

    日本数学会2020年度秋季分科会  (熊本大学(オンライン開催))  2020年09月  -  2020年09月  日本数学会

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 調和解析による圧縮性粘性流体の臨界適切性理論の構築

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2018年04月  -  2019年12月  代表者:  千頭昇

    様々な物理的設定の下で, 圧縮性粘性流体を記述する基礎方程式系と, 関連する初期値問題の「臨界適切性」について, 関数解析学的・調和解析学的な手法を用いた研究を行う.

  • 圧縮性粘性流体と関連する諸問題の安定性解析

    若手研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2021年03月  代表者:  千頭昇

    本研究の目的は気体力学の基礎方程式である圧縮性 Navier-Stokes 系の臨界適切性を示し, 解の安定性, 及び時間無限大での漸近挙動を解析することである. 圧縮性 Navier-Stokes 系は, 圧力の変化に応じて密度が変位する圧縮性流れを数学的に定式化したモデルであり, 状態方程式の選び方によって様々な気体状態を表す. 偏微分方程式論の観点からは, 多くの圧縮性流れは非線形の双曲型放物型混合系で表され, 斉次非圧縮性粘性流体と異なり, 密度遷移に由来する分散性と, 粘性に由来するエネルギー消散の両方が流れに影響を及ぼす. 本研究では主に解の臨界正則性に着眼し圧縮性流れの解析を行い, 初期摂動が高速振動する流れを含む場合の気体力学の安定性理論の構築を目標とする.

  • 圧縮性 Navier-Stokes-Poisson 系の解の存在と挙動について

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月  代表者:  千頭昇

    流体力学の基礎方程式の一つである圧縮性 Navier-Stokes 系に対する適切性の考察.