掛井 将平 (カケイ ショウヘイ)

KAKEI Shohei

写真a

所属学科・専攻等

情報工学教育類 / ネットワーク分野
情報工学専攻 / ネットワーク分野
サイバーセキュリティセンター

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

出身大学院

  • 2014年10月
    -
    2019年03月

    神戸大学  工学研究科  電気電子工学専攻博士課程  修了

所属学会・委員会

  • 2018年10月
    -
    継続中

    情報処理学会

 

論文

  • TPMを用いたオフライン型タイムスタンプ

    掛井 将平,脇田 知彦,毛利 公美,白石 善明,野口 亮司

    情報処理学会論文誌 ( 情報処理学会 )  53 ( 9 ) 2117 - 2129   2012年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    電子署名に基づくタイムスタンプ・プロトコル(PKI TSP)がRFC3161で標準化されている.PKI TSPでは,信頼できる第三者機関であるTSA(Time Stamping Authority)が時刻認証を行う.このような時刻認証がTSAに依存するモデルでは,クライアントが時刻認証要求を出したときに通信ができないと時刻認証ができない.そこで本論文では,クライアントがTSAと通信できないときにも時刻認証ができるオフライン型タイムスタンプ方式を提案する.提案方式では,PKI TSPで定義されているTSAが時刻認証の権限をセキュリティチップTPM(Trusted Platform Module)を用いて認証した端末に委譲し,その端末がTPMの機能を用いて時刻認証を行う.認証された時刻の安全性について評価し,提案方式はTPMを用いることで時刻の改ざん・偽造が検知できることを示している.