古谷 祐詞 (フルタニ ユウジ)

FURUTANI Yuji

写真a

所属学科・専攻等

生命・物質工学教育類

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

生物物理学、分子科学、赤外分光法、膜タンパク質、ロドプシン、GPCR、イオンチャネル

出身大学

  • 1993年04月
    -
    1999年03月

    京都大学   理学部   卒業

出身大学院

  • 2001年04月
    -
    2004年03月

    京都大学  理学研究科  生物科学専攻博士課程  修了

  • 1999年04月
    -
    2001年03月

    京都大学  理学研究科  生物科学専攻修士課程  修了

取得学位

  • 京都大学 -  博士(理学)

  • 京都大学 -  修士(理学)

  • 京都大学 -  学士(理学)

学外略歴

  • 2011年10月
    -
    2015年03月

      科学技術振興機構   さきがけ研究員

  • 2009年04月
    -
    2018年09月

      総合研究大学院大学   物理科学研究科 構造分子科学専攻   准教授

  • 2009年03月
    -
    2018年09月

      自然科学研究機構 分子科学研究所   准教授

  • 2007年04月
    -
    2009年02月

      名古屋工業大学   大学院工学研究科   助教

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

      名古屋工業大学   工学部   助手

全件表示 >>

所属学会・委員会

  • 2001年05月
    -
    継続中

    日本生物物理学会

  • 2006年10月
    -
    継続中

    分子科学会

  • 2009年04月
    -
    継続中

    光化学協会

  • 2005年04月
    -
    継続中

    日本分光学会

  • 2005年03月
    -
    継続中

    日本化学会

専門分野(科研費分類)

  • 生体関連化学

  • 生物物理学

  • 物理化学

 

論文

全件表示 >>

著書

  • 光と生命の事典

    古谷 祐詞 (担当: 共著 , 担当範囲: 75 菌類のロドプシン )

    朝倉書店  2016年02月 ISBN: 978-4-254-17161-7

  • Optogenetics -Light-Sensing Proteins and Their Applications-

    Yuji Furutani (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Molecular Mechanisms for Ion Transportation of Microbial Rhodopsins Studied by Light-Induced Difference FTIR Spectroscopy )

    Springer  2015年 ISBN: 978-4-431-55515-5

  • オプトジェネティクス-光光学と遺伝学による行動制御技術の最前線-

    古谷 祐詞 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 微生物型ロドプシンの光誘起イオン輸送メカニズムの解明 )

    エヌ・ティー・エス  2013年04月 ISBN: 978-4-86469-071-3

  • 生物物理学ハンドブック

    古谷祐詞, 神取秀樹 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 赤外・ラマン分光法 )

    朝倉書店  2007年 ISBN: 978-4-254-17122-8

総説・解説記事

全件表示 >>

研究発表

  • Infrared spectroscopic and biochemical properties of a mammalian two-pore domain potassium channel TWIK-1

    Hisao Tsukamoto, Koichi Nakajo, Yoshihiro Kubo, Yuji Furutani

    The 49th Natl. Inst. Physiol. Sci (NIPS) International Symposium “Ion channels: looking back, seeing ahead"  (Okazaki Conference Center, Okazaki, Japan)  2018年12月  -  2018年12月 

  • Infrared spectroscopy for analyzing ion-protein interactions of ion channels

    Yuji Furutani  [招待有り]

    The 49th National Institute for Physiological Sciences (NIPS) international symposium “Ion channels: looking back, seeing ahead”  (Okazaki Conference Center, Okazaki, Japan)  2018年12月  -  2018年12月 

  • Light-induced difference infrared spectroscopy on the photochromic reaction of a ciliary opsin by irradiation of ultraviolet and visible light

    Yuji Furutani, Hisao Tsukamoto  [招待有り]

    18th International Conference on Retinal Proteins  (Hockley Valley Resort, Ontario, Canada)  2018年09月  -  2018年09月 

  • Investigation of ligand-protein interaction in a G protein-coupled receptor via ATR-FTIR spectroscopy

    H. Tsukamoto, Y. Furutani

    The 56th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan  (Okayama (Okayama University))  2018年09月  -  2018年09月 

  • Vibrational analysis for studying ion-protein interactions of a magnesium ion channel, MgtE

    Tetsunari Kimura, Víctor A. Lórenz-Fonfría, Shintaro Doki, Hideyoshi Motoki, Ryuichiro Ishitani, Osamu Nureki, Masahiro Higashi, Yuji Furutani

    The 56th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan  (Okayama (Okayama University))  2018年09月  -  2018年09月 

  • 赤外分光法によるイオンータンパク質間相互作用の解析

    古谷 祐詞  [招待有り]

    大阪大学蛋白質研究所セミナー「構造情報に基づいた膜イオン輸送タンパク質の生理機能の解明に向けて」  (吹田(大阪大学蛋白質研究所))  2018年09月  -  2018年09月 

  • 無脊椎動物が持つ繊毛型オプシンが示す多様な機能特性

    塚本寿夫, 古谷祐詞

    第20回日本光生物学協会年会  (京都(京都大学北部構内・理学研究科セミナーハウス))  2018年08月  -  2018年08月 

  • カリウムイオンチャネルTWIK1の特異なイオン選択性とカリウムイオン親和性との連関の解明

    塚本 寿夫, 東 雅大, 根木 秀佳, 渡辺 大輝, Christian Ganser, 中條 浩一, 久保 義弘, 内橋 貴之, 古谷 祐詞

    第45回生体分子科学討論会  (大阪(大阪市立大学田中記念館))  2018年06月  -  2018年06月 

  • Unveiling the TRPV2 binding site by combining drug screening experimental and computational methods

    Alex Peralvarez-Marín, Marco Martins, Víctor A. Lórenz-Fonfría, Christian Jorgensen, Antonio Alcaraz, Ute Hellmich, Yuji Furutani, Carmen Domene, Rachelle Gaudet

    6th International Iberian Biophysics Congress and X Iberoamerican Congress of Biophysics  (Jaume I University, Castellón, Spain)  2018年06月  -  2018年06月 

  • Interactions of potassium ion channels with alkali metal cations and their relevance to the K+ selectivity studied by infrared spectroscopy

    Yuji Furutani  [招待有り]

    Mini international workshop “Interhierarchical understanding of materials and life through molecular observation”  (Institute for Molecular Science, Okazaki, Japan)  2018年03月  -  2018年03月 

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 第3回Biophysics and Physicobiology Editors’ Choice Award

    2016年   日本生物物理学会   Specific interactions between alkali metal cations and the KcsA channel studied using ATR-FTIR spectroscopy  

    受賞者:  Yuji Furutani, Hirofumi Shimizu, Yusuke Asai, Shigetoshi Oiki, Hideki Kandori

  • 第1回BIOPHYSICS Editors’ Choice Award

    2014年   日本生物物理学会   Specific interactions between alkali metal cations and the KcsA channel studied using ATR-FTIR spectroscopy  

    受賞者:  Yuji Furutani, Tetsunari Kimura, Kido Okamoto

  • 第6回(2013年度)分子科学会奨励賞

    2013年   分子科学会   赤外分光法による膜タンパク質の動作機構の解明  

    受賞者:  古谷 祐詞

  • 平成24年度分子科学研究奨励森野基金

    2012年   公益信託 分子科学研究奨励森野基金   赤外分光法による膜タンパク質の情報伝達・エネルギー変換およびタンパク質機能を模倣した特異的ナノ反応場の分子機構研究  

    受賞者:  古谷 祐詞

  • 平成19年度名古屋工業大学職員褒賞 優秀賞

    2007年   名古屋工業大学  

    受賞者:  古谷 祐詞

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 膜タンパク質の分子機構解明に資する新規赤外分光計測法の開発

    若手研究(A)

    研究期間:  2014年04月  -  2018年03月  代表者:  古谷 祐詞

  • 膜電位存在下での膜タンパク質の赤外分光解析系の開発

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月  代表者:  古谷 祐詞

  • 哺乳動物イオンチャネルの機能的発現と分子機構解析

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月  代表者:  古谷 祐詞

  • 光に応答しない膜機能分子の赤外分光測定

    基盤研究(A)

    研究期間:  2010年04月  -  2015年03月  代表者:  神取 秀樹

  • 孤立ナノ空間を有する有機金属錯体での特異な光化学反応の分光解析

    特定領域研究

    研究期間:  2010年04月  -  2012年03月  代表者:  古谷 祐詞

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績

  • 先進的超短赤外パルス光源を用いた顕微イメージング装置の開発と生命科学への応用

    提供機関:  科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業

    研究期間:  2017年10月  -  2023年03月  代表者:  藤 貴夫

  • 様々な光エネルギー変換系における水分子の構造・機能相関解明

    提供機関:  科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業

    研究期間:  2011年10月  -  2015年03月  代表者:  古谷 祐詞

  • 光神経電子集積回路開発と機能解析・応用

    提供機関:  科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業

    研究期間:  2009年10月  -  2011年09月  代表者:  宇理須 恒雄