古谷 祐詞 (フルタニ ユウジ)

FURUTANI Yuji

写真a

所属学科・専攻等

生命・物質工学教育類
生命・応用化学専攻 / 生命・物質化学分野
オプトバイオテクノロジー研究センター

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

生物物理学、分子科学、赤外分光法、膜タンパク質、ロドプシン、GPCR、イオンチャネル

出身大学

  • 1993年04月
    -
    1999年03月

    京都大学   理学部   卒業

出身大学院

  • 2001年04月
    -
    2004年03月

    京都大学  理学研究科  生物科学専攻博士課程  修了

  • 1999年04月
    -
    2001年03月

    京都大学  理学研究科  生物科学専攻修士課程  修了

取得学位

  • 京都大学 -  博士(理学)

  • 京都大学 -  修士(理学)

  • 京都大学 -  学士(理学)

学外略歴

  • 2011年10月
    -
    2015年03月

      科学技術振興機構   さきがけ研究員

  • 2009年04月
    -
    2018年09月

      総合研究大学院大学   物理科学研究科 構造分子科学専攻   准教授

  • 2009年03月
    -
    2018年09月

      自然科学研究機構 分子科学研究所   准教授

  • 2007年04月
    -
    2009年02月

      名古屋工業大学   大学院工学研究科   助教

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

      名古屋工業大学   工学部   助手

全件表示 >>

所属学会・委員会

  • 2001年05月
    -
    継続中

    日本生物物理学会

  • 2006年10月
    -
    継続中

    分子科学会

  • 2009年04月
    -
    継続中

    光化学協会

  • 2005年04月
    -
    継続中

    日本分光学会

  • 2005年03月
    -
    継続中

    日本化学会

専門分野(科研費分類)

  • 生体関連化学

  • 生物物理学

  • 物理化学

 

学位論文

論文

  • Zinc Binding to Heliorhodopsin

    Masanori Hashimoto, Kota Katayama, Yuji Furutani, and Hideki Kandori

    The Journal of Physical Chemistry Letters ( American Chemical Society )  11 ( 20 ) 8604 - 8609   2020年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Infrared spectroscopic analysis on structural changes around the protonated Schiff base upon retinal isomerization in light-driven sodium pump KR2

    Sahoko Tomida, Shota Ito, Tomoya Mato, Yuji Furutani, Keiichi Inoue, and Hideki Kandori

    Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Bioenergetics ( Elsevier B.V. )  1861 ( 7 ) 148190   2020年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Mechanism of Inward Proton Transport in an Antarctic Microbial Rhodopsin

    Andrew Harris, Michalis Lazaratos, Malte Siemers, Ethan Watt, Anh Hoang, Sahoko Tomida, Luiz Schubert, Mattia Saita, Joachim Heberle, Yuji Furutani, Hideki Kandori, Ana-Nicoleta Bondar, and Leonid Brown

    The Journal of Physical Chemistry B ( American Chemical Society )  124 ( 24 ) 4851 - 4872   2020年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Regulation of Photocycle Kinetics of Photoactive Yellow Protein by Modulating Flexibility of β-Turn

    Yasushi Imamoto, Hiroaki Sasayama, Miki Harigai, Yuji Furutani, & Mikio Kataoka

    The Journal of Physical Chemistry B ( American Chemical Society )  124   1452 - 1459   2020年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Crystal structure of heliorhodopsin

    W. Shihoya, K. Inoue, M. Singh, M. Konno, S. Hososhima, K. Yamashita, K. Ikeda, A. Higuchi, T. Izume, S. Okazaki, M. Hashimoto, R. Mizutori, S. Tomida, Y. Yamauchi, R. Abe-Yoshizumi, K. Katayama, S. P. Tsunoda, M. Shibata, Y. Furutani, A. Pushkarev, O. Béjà, T. Uchihashi, H. Kandori, O. Nureki

    Nature ( Springer Nature )    2019年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Vibrational and Molecular Properties of Mg2+ Binding and Ion Selectivity in the Magnesium Channel MgtE

    Tetsunari Kimura, Victor A. Lorenz-Fonfria, Shintaro Douki, Hideyoshi Motoki, Ryuichiro Ishitani, Osamu Nureki, Masahiro Higashi, Yuji Furutani

    The Journal of Physical Chemistry B ( American Chemical Society ({ACS}) )  122 ( 42 ) 9681 - 9696   2018年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Structural properties determining low K+ affinity of the selectivity filter in the TWIK1 K+ channel.

    Tsukamoto H, Higashi M, Motoki H, Watanabe H, Ganser C, Nakajo K, Kubo Y, Uchihashi T, Furutani Y

    The Journal of biological chemistry ( American Society for Biochemistry and Molecular Biology Inc. (ASBMB) )  293 ( 18 ) 6969 - 6984   2018年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • PDMS-Based Microfluidic Device for Infrared-Transmission Spectro-electrochemistry

    Akkapol Suea-Ngam, Monpichar Srisa-Art, Yuji Furutani

    Bulletin of the Chemical Society of Japan ( The Chemical Society of Japan )  91 ( 5 ) 728 - 734   2018年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • "In situ" observation of the role of chloride ion binding to monkey green sensitive visual pigment by ATR-FTIR spectroscopy.

    Katayama K, Furutani Y, Iwaki M, Fukuda T, Imai H, Kandori H

    Physical chemistry chemical physics : PCCP ( Royal Societry of Chemistry )  20 ( 5 ) 3381 - 3387   2018年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • A ciliary opsin in the brain of a marine annelid zooplankton is ultraviolet-sensitive, and the sensitivity is tuned by a single amino acid residue

    Tsukamoto H, Chen I.-S, Kubo Y, Furutani Y.

    Journal of Biological Chemistry ( American Society for Biochemistry and Molecular Biology Inc. (ASBMB) )  292 ( 31 ) 12971 - 12980   2017年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • 光と生命の事典

    古谷 祐詞 (担当: 共著 , 担当範囲: 75 菌類のロドプシン )

    朝倉書店  2016年02月 ISBN: 978-4-254-17161-7

  • Optogenetics -Light-Sensing Proteins and Their Applications-

    Yuji Furutani (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Molecular Mechanisms for Ion Transportation of Microbial Rhodopsins Studied by Light-Induced Difference FTIR Spectroscopy )

    Springer  2015年 ISBN: 978-4-431-55515-5

  • オプトジェネティクス-光光学と遺伝学による行動制御技術の最前線-

    古谷 祐詞 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 微生物型ロドプシンの光誘起イオン輸送メカニズムの解明 )

    エヌ・ティー・エス  2013年04月 ISBN: 978-4-86469-071-3

  • 生物物理学ハンドブック

    古谷祐詞, 神取秀樹 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 赤外・ラマン分光法 )

    朝倉書店  2007年 ISBN: 978-4-254-17122-8

総説・解説記事

全件表示 >>

研究発表

  • Mapping of the local environmental changes in proteins by FTIR spectroscopy with aspartic acid scanning

    Masahiro Hashimoto, Kota Katayama, Manish Singh, Yuji Furutani and Hideki Kandori

    The 58th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan  (オンライン)  2020年09月  -  2020年09月 

  • Surface-enhanced infrared spectroscopy on sensory rhodopsin 2 tethered with the inside or outside facing orientation

    Jingyi Tang, Insyeerah Binti Muhammad Jauhari and Yuji Furutani

    The 58th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan  (オンライン)  2020年09月  -  2020年09月 

  • 共鳴ラマン分光法を用いたナトリウムイオンポンプロドプシンKR2の脱水和に伴う長波長シフト機構解析

    富田紗穂子, 和田昭盛, 神取秀樹, 古谷祐詞

    分子科学会オンライン討論会  (オンライン)  2020年09月  -  2020年09月 

  • Mapping analysis to probe the local/global conformational changes in proteins by FTIR spectroscopy with aspartic acid scanning

    Masahiro Hashimoto, Kota Katayama, Manish Singh, Yuji Furutani and Hideki Kandori

    第20回日本蛋白質科学会年会  (オンライン)  2020年07月  -  2020年07月 

  • アスパラギン酸マッピングによるタンパク質内部環境変化の赤外分光解析

    橋本真典, 片山耕大, Manish Singh, 古谷祐詞, 神取秀樹

    第7回 将来を見据えた生体分子の構造・機能解析から分子設計に関する研究会  (名古屋大学)  2020年01月  -  2020年01月 

  • アスパラギン酸をプローブとして用いた赤外分光測定によるタンパク質内部の構造解析

    橋本 真典, 片山 耕大, Manish Singh, 古谷祐詞, 神取秀樹

    第9回CSJ化学フェスタ2019  (東京(タワーホール船堀))  2019年10月  -  2019年10月 

  • Time-resolved FTIR spectroscopy for studying molecular mechanisms of sodium and lithium ion transportation of Krokinobacter rhodopsin 2

    Sahoko Tomida, Hideki Kandori, and Yuji Furutani

    The 57th Annual Meeting of The Biophysical Society of Japan  (Miyazaki (Seagaia Convention Center), Japan)  2019年09月  -  2019年09月 

  • Characterization of Antarctic inward proton pumping microbial rhodopsins (AntRs)

    Andrew Harris, Sahoko Tomida, Luiz Schubert, Michalis Lazaratos, Ethan Watt, Anh Hoang, Ana-Nicoleta Bondar, Joachim Heberle ,Yuji Furutani, Hideki Kandori, and Leonid Brown

    The 57th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan  (Miyazaki (Seagaia Convention Center), Japan)  2019年09月  -  2019年09月 

  • Mapping of aspartic acids to probe protein structural changes by FTIR spectroscopy

    Masanori Hashimoto, Kota Katayama, Manish Singh, Yuji Furutani, and Hideki Kandori

    The 57th Annual Meeting of The Biophysical Society of Japan  (Miyazaki (Seagaia Convention Center), Japan)  2019年09月  -  2019年09月 

  • Structural features of enzyme rhodopsins revealed by infrared spectroscopy

    Masahito Watari, Tatsuya Ikuta, Haon Hutamata, Daichi Yamada, Wataru Shihoya, Kazuho Yoshida, Yuji Furutani, Satoshi Tsunoda, Osamu Nureki, and Hideki Kandori

    The 57th Annual Meeting of The Biophysical Society of Japan  (Miyazaki (Seagaia Convention Center), Japan)  2019年09月  -  2019年09月 

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 第3回Biophysics and Physicobiology Editors’ Choice Award

    2016年   日本生物物理学会   Specific interactions between alkali metal cations and the KcsA channel studied using ATR-FTIR spectroscopy  

    受賞者:  Yuji Furutani, Hirofumi Shimizu, Yusuke Asai, Shigetoshi Oiki, Hideki Kandori

  • 第1回BIOPHYSICS Editors’ Choice Award

    2014年   日本生物物理学会   Specific interactions between alkali metal cations and the KcsA channel studied using ATR-FTIR spectroscopy  

    受賞者:  Yuji Furutani, Tetsunari Kimura, Kido Okamoto

  • 第6回(2013年度)分子科学会奨励賞

    2013年   分子科学会   赤外分光法による膜タンパク質の動作機構の解明  

    受賞者:  古谷 祐詞

  • 平成24年度分子科学研究奨励森野基金

    2012年   公益信託 分子科学研究奨励森野基金   赤外分光法による膜タンパク質の情報伝達・エネルギー変換およびタンパク質機能を模倣した特異的ナノ反応場の分子機構研究  

    受賞者:  古谷 祐詞

  • 平成19年度名古屋工業大学職員褒賞 優秀賞

    2007年   名古屋工業大学  

    受賞者:  古谷 祐詞

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 時間分解構造解析を補完する精密顕微分光計測

    新学術領域研究

    研究期間:  2019年06月  -  2024年03月  代表者:  久保 稔

  • 膜タンパク質の分子機構解明に資する新規赤外分光計測法の開発

    若手研究(A)

    研究期間:  2014年04月  -  2018年03月  代表者:  古谷 祐詞

  • 膜電位存在下での膜タンパク質の赤外分光解析系の開発

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月  代表者:  古谷 祐詞

  • 哺乳動物イオンチャネルの機能的発現と分子機構解析

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月  代表者:  古谷 祐詞

  • 光に応答しない膜機能分子の赤外分光測定

    基盤研究(A)

    研究期間:  2010年04月  -  2015年03月  代表者:  神取 秀樹

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績

  • 先進的超短赤外パルス光源を用いた顕微イメージング装置の開発と生命科学への応用

    提供機関:  科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業

    研究期間:  2017年10月  -  2023年03月  代表者:  藤 貴夫

  • 様々な光エネルギー変換系における水分子の構造・機能相関解明

    提供機関:  科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業

    研究期間:  2011年10月  -  2015年03月  代表者:  古谷 祐詞

  • 光神経電子集積回路開発と機能解析・応用

    提供機関:  科学技術振興機構  戦略的創造研究推進事業

    研究期間:  2009年10月  -  2011年09月  代表者:  宇理須 恒雄