中居 楓子 (ナカイ フウコ)

NAKAI Fuko

写真a

所属学科・専攻等

社会工学教育類
社会工学専攻
若手研究イノベータ養成センター

職名

助教

ホームページ

https://fnakai.web.nitech.ac.jp/

取得学位

  • 京都大学 -  博士(情報学)

所属学会・委員会

  • 2012年05月
    -
    継続中

    土木学会

  • 2021年07月
    -
    継続中

    日本都市計画学会

  • 2012年10月
    -
    継続中

    情報処理学会

  • 2013年04月
    -
    継続中

    国際総合防災学会(Integrated Disaster Risk Management (IDRiM) Society)

  •  
     
     

    自然災害学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • 土木計画学・交通工学

 

論文

  • Heterogeneity of Causal Effects of Designating Tsunami Inundation Zone on Land Price

    Chisato Kawai, Fuko Nakai, Eizo Hideshima

    Conference Proceedings of 2021 IEEE 10th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE) ( IEEE )    139 - 140   2021年08月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    This study examines how potential tsunami inundation zoning affects land prices in Japanese coastal areas using propensity score matching and the difference-in- differences method. The results showed spatial heterogeneity in the estimated effects: a more considerable impact occurred in coastal areas or areas distant from central cities, while the impact did not appear in urban areas or tourist centers.

  • 津波浸水想定区域の指定による地価公示価格への処置効果の分析

    河合千里,中居楓子,秀島栄三

    第62回土木計画学研究発表会・講演集   62   2021年06月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

  • Analyzing Urban Intensification and Disaster Risk Reduction using the Optimal Land-Use Model

    Tatsuya Uchiuzo,Fuko Nakai,Kazuaki Okubo

    Conference Proceedings of 2021 IEEE 10th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE)     141 - 142   2021年08月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    This study developed an optimal land-use model composed of multicriteria: tsunami risk, infrastructure maintenance cost, traffic time with controlling population, land use, and commuting trips. The model was applied to a coastal area in Japan. The results, with various combinations of the control variables, showed that the larger the number of variables, the more concentrated residential areas became with fewer costs. The findings urge consensus around trade-offs between urban intensification and disaster risk reduction.

  • 津波リスクと平常時の費用を考慮した最適土地利用モデルによるトレードオフの分析

    内生蔵達也,中居楓子,大窪和明

    第62回土木計画学研究発表会・講演集   62   2021年06月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

  • Analyzing the Impacts of Designating Potential Tsunami Inundation Zones on Population Change

    Fuko Nakai, Yu Nagamachi, Eizo Hideshima

    Conference Proceedings of 2021 IEEE 10th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE) ( IEEE )    137 - 138   2021年08月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    The study examined the effects of potential tsunami inundation zoning on the population in Japanese coastal areas using propensity score matching and difference-in- differences method. The results indicated that large cities were less affected than rural areas; however, some exceptions were observed. Moreover, the elderly exhibited a tendency to leave the Level 2 (L2) zone; however, individuals of the younger generation, who usually relocate during different life events, stayed in the L2 zones. The findings can be used as a reference to plan suitable disaster mitigation strategies.

  • 事前の防災活動による避難の促進:令和元年東日本台風千曲川決壊における長野市の事例

    中居 楓子, 中村 晋一郎, 竹之内 健介

    土木学会論文集B1(水工学)   76 ( 1 ) 424 - 436   2021年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    本研究では,令和元年東日本台風による千曲川の洪水氾濫で被害を受けた長野市長沼と豊野の2地区を対象に,避難促進/抑制要因として知られる「事前の防災活動」と「被災経験」の質的な内容に着目し,避難行動との関連を明らかにした.文献調査と関西テレビ報道センターのヒアリング調査の結果から,避難に影響を与えた要因には両地区で差があり,その差の背景として,長沼は避難を判断する具体的な基準を決めていたこと,豊野は複数の水害経験と治水対策への参加により内水氾濫への理解を形成してきたことがわかった.また,両地区共に組織の中で「普段と違う状況とはどういう状況か」への共通認識を形成し,それを実際の行動に移すレベルまで計画を落とし込んでいたという共通点があった.

  • シグナリング・ゲームによる津波避難時の助け合い行動の記述と考察

    中居楓子

    第61回土木計画学研究発表会・講演集 CD-ROM ( 土木学会 )  61   1164   2020年06月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   単著

  • 有形の地域インフラを活用した地区防災―高知県の「世帯別備蓄箱」を事例とした考察―

    中居 楓子

    地区防災計画学会誌C+Bousai   17   2020年03月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   単著

  • 津波浸水想定が沿岸部の人口動態に与える影響:傾向スコアを用いた分析と考察

    長町 侑,中居 楓子,秀島 栄三

    第60回土木計画学研究発表会・講演集   60   7363   2019年11月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

  • 「津波てんでんこ」の実践に向けた信頼関係の形成:ゲーム理論による記述と考察

    中居楓子

    第60回土木計画学研究発表会・講演集   60   7272   2019年11月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   単著

全件表示 >>

著書

  • Disaster Risk Communication: A Challenge from a Social Psychological Perspective

    Michinori Hatayama, Fuko Nakai (担当: 分担執筆 )

    Springer  2019年12月

  • リスク学事典

    日本リスク研究学会【編】 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: リスクの可視化と対話の共通言語 )

    丸善出版  2019年06月

総説・解説記事

研究発表

  • Disaster Risk Reduction, amid Urban Intensification, investigated through the Optimal Land-Use Model

    Fuko Nakai,Tatsuya Uchiuzo, Kazuaki Okubo

    The 11th International Conference of the International Society for the Integrated Disaster Risk Management  2021年09月  -  2021年09月 

  • 災害リスクと平常時のコストを考慮した最適土地利用モデルの提案と適用

    内生蔵達也,中居楓子,大窪和明,秀島栄三

    令和2年度土木学会中部支部研究発表会  2021年03月  -  2021年03月 

  • まちづくり活動への参加意志と対人不安の関係についての分析

    島田壮一郎,中居楓子,秀島栄三

    令和2年度土木学会中部支部研究発表会  2021年03月  -  2021年03月 

  • 自治体のコンパクトシティ化と整合する小学校統廃合に関する分析

    金子孝輔,中居楓子,秀島栄三

    令和2年度土木学会中部支部研究発表会  2021年03月  -  2021年03月 

  • 津波浸水想定区域指定が地域の人口に及ぼした影響の推定:傾向スコアによるアプローチ

    長町侑,中居楓子,秀島栄三

    令和2年度土木学会中部支部研究発表会  2021年03月  -  2021年03月 

  • シグナリング・ゲームによる津波避難時の助け合い行動のモデル化

    中居楓子

    第15回 防災計画研究発表会  2020年09月  -  2020年09月  国際総合防災学会(IDRiM Society),京都大学防災研究所

  • Transplanting and Rebuilding the Figure of the 2011 Disaster Experience in Undamaged Areas:Collaboration Project of Municipality, Researchers, Industry, and Local Community in Kuroshio, Kochi, Japan

    Fuko Nakai  [招待有り]

    Workshop Preparedness for better Response, Recovery and Reconstruction; Learning from Disaster Ethnography (PRERADE)   (Agencia Mexicana de Cooperación Internacional para el Desarrollo, MOFA of Mexico)  2020年02月  -  2020年02月  UNESCO

  • Impact of tsunami inundation assumption on coastal population dynamics : using propensity score method

    Yu Nagamachi, Fuko Nakai

    The 10th Japan-China Joint Workshop on Sustainable Management of Cities and Regions under Disaster and Environmental Risks  (Nagoya Institute of Technology)  2020年01月  -  2020年01月 

  • A Meta Rule for Practicing a Tsunami Evacuation Rule of Tsunami tendenko : a Case Study in Kochi, Japan

    Fuko Nakai

    The 10th Japan-China Joint Workshop on Sustainable Management of Cities and Regions under Disaster and Environmental Risks  (Nagoya Institute of Technology)  2020年01月  -  2020年01月 

  • 津波浸水想定が沿岸部の人口動態に与える影響に関する分析

    中居楓子,長町侑,秀島栄三

    第14回 防災計画研究発表会  (京都大学 宇治キャンパス)  2019年09月  -  2019年09月  国際総合防災学会(IDRiM Society),京都大学防災研究所

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 日本自然災害学会第34回学術講演会 学術発表優秀賞

    2015年09月25日   日本自然災害学会   マルチエージェントシミュレーションを用いた歩車混合の津波避難に関する検討  

    受賞者:  中居楓子, 畑山満則, 矢守克也

  • 日本災害情報学会第16回学会大会 河田賞

    2014年10月26日   日本災害情報学会   津波避難計画における実行可能性の検討  

    受賞者:  中居楓子, 畑山満則, 矢守克也

  • 情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP特選論文

    2014年05月15日   情報処理学会   地域ごとの津波避難計画策定を支援する津波避難評価システムの開発  

    受賞者:  畑山満則,中居楓子,矢守克也

  • 第76回情報処理学会全国大会 全国大会学生奨励賞

    2014年03月13日   情報処理学会   津波避難計画評価システムの導入による災害リスク・コミュニケーション支援  

    受賞者:  中居楓子, 畑山満則, 矢守克也

  • 山下記念研究賞

    2013年03月15日   情報処理学会   エージェント技法を用いた津波避難評価システムの構築と社会実装  

    受賞者:  中居楓子

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 津波防災対策における各種政策が曝露に及ぼした影響の実証的分析

    若手研究

    研究期間:  2021年04月  -  2024年03月  代表者:  中居楓子

  • 津波防災の文化化はいかにして可能か―数理的定式化による理論的枠組みの構築

    若手研究

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月  代表者:  中居楓子

その他競争的資金獲得実績

  • 2019年千曲川洪水氾濫が企業にもたらした直接的・間接的経済被害の推計および過去の水害との比較分析

    提供機関:  国土交通省  令和3年度河川砂防技術研究開発公募 河川技術部門河川技術・流域管理分野提案型課題:流域課題

    研究期間:  2021年04月  -  2023年03月  代表者:  中居楓子

  • 津波防災地域づくりによる各種政策が都市構造に及ぼした影響の実証分析

    提供機関:  一般社団法人 中部地域づくり協会  中部地域づくり協会研究助成

    研究期間:  2020年04月  -  2022年03月  代表者:  中居楓子

  • 「南海トラフ地震臨時情報」の対応に伴う被害軽減効果と 機会費用に関する研究

    提供機関:  一般財団法人防災研究協会  若手研究者研究助成金

    研究期間:  2019年07月  -  2021年07月  代表者:  中居楓子

 
 

学会・委員会等活動

  • 2019年06月
    -
    2021年05月

    土木学会   土木学会誌編集委員会・委員

  • 2018年08月
    -
    現在

    土木学会   土木学会中部支部地区防災小委員会・幹事

社会貢献活動

  • 豊橋市立地適正化計画改訂検討委員会

    2021年07月  -  現在

  • 豊橋市立地適正化計画改訂委託業務プロポーザル評価委員会

    豊橋市  2021年04月  -  2021年07月

  • あま市シルバーカレッジでの講演

    (あま市美和文化会館)  2019年09月  -  2019年09月

    題目:非常時を平常時に考えるしくみを

  • 安城市横山町内会 大雨行動訓練勉強会での講演

    2019年08月  -  2019年08月

    題目:近年の豪雨災害の特徴や避難判断の考え方

  • 京都高齢者大学校での講義(1回分)

    京都高齢者大学校  2019年02月  -  2019年02月

    題目:南海トラフと地震