楠原 文雄 (クスハラ フミオ)

KUSUHARA Fumio

写真a

所属学科・専攻等

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://kslb.web.nitech.ac.jp/

出身大学

  • 1992年04月
    -
    1996年03月

    東京大学   工学部   建築学科   卒業

出身大学院

  • 1996年04月
    -
    1998年03月

    東京大学  工学系研究科  建築学専攻修士課程  修了

取得学位

  • 東京大学 -  博士(工学)

  • 東京大学 -  修士(工学)

学外略歴

  • 2007年04月
    -
    2017年02月

      東京大学   工学系研究科   助教

  • 2003年06月
    -
    2007年03月

      東京大学   工学系研究科   助手

  • 1998年04月
    -
    2003年05月

      株式会社竹中工務店   構造担当

所属学会・委員会

  •  
     
     

    日本地震工学会

  •  
     
     

    日本建築学会

  •  
     
     

    日本コンクリート工学会

専門分野(科研費分類)

  • 建築構造・材料

取得資格

  • 玉掛技能者

  • 床上操作式クレーン技能者

  • 建築士(1級)

 

研究経歴

  • 鉄筋コンクリート構造

    個人研究  

    研究期間:  2003年06月  -  現在

  • 耐震工学

    個人研究  

    研究期間:  2003年06月  -  現在

学位論文

  • 鉄筋コンクリート造柱梁接合部の性能評価法に関する研究

    楠原文雄

      2016年05月(年月日)

    学位論文(博士)   単著

論文

  • Experimental Study on Prestressed Concrete Beam-Column Joints which have Column-to-Beam Strength Ratios near 1

    Kusuhara, F., H. Shiohara

    Proceedings of 16th World Conference on Earthquake Engineering, Santiago, Chile     No. 2115   2017年01月

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • 鉄筋コンクリート造ト形柱梁接合部の梁主筋機械式定着に関する実験データベースを用いた検討

    守屋暁, 塩原等, 楠原文雄

    コンクリート工学年次論文集   38 ( 2 ) 307 - 312   2016年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 沈み込みを考慮した地震時の剛体の浮き上がりによる応答低減効果に関する解析的研究

    小林楓子, 塩原等, 楠原文雄

    コンクリート工学年次論文集   38 ( 2 ) 979 - 984   2016年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 地震動のパルス性の強さがRC造中低層建築物の最大応答に及ぼす影響に関する解析的検討

    大江諭史, 楠原文雄, 塩原等

    コンクリート工学年次論文集   38 ( 2 ) 853 - 858   2016年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 柱梁強度比が小さいPC外部柱梁接合部に及ぼすPC鋼材定着位置の影響に関する実験

    古川直矢, 楠原文雄, 塩原等

    コンクリート工学年次論文集   38 ( 2 ) 505 - 510   2016年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 長期せん断力下の鉄筋コンクリート造十字形柱梁接合部の耐震実験

    周佳琦, 楠原文雄, 塩原等

    コンクリート工学年次論文集   37 ( 2 ) 289 - 294   2015年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Moment Capacity of Reinforced Concrete Interior Beam-Column Joints Based on a Theory of Flexural Resistance of Joints

    Kusuhara, F., H. Shiohara

    Proceedings of 10th U.S. National Conference on Earthquake Engineering     No. 336   2014年07月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • 地震動を受けるRC造魚骨形多層骨組の余震時の倒壊限界

    金秀禧, 楠原文雄, 塩原等

    コンクリート工学年次論文集   36 ( 2 ) 247 - 252   2014年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • RC造柱梁接合部部分架構の履歴エネルギー吸収量

    周佳琦, 久世雄太, 楠原文雄, 塩原等

    コンクリート工学年次論文集   36 ( 2 ) 211 - 216   2014年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 柱と梁の曲げ強度の比が小さい鉄筋コンクリート造ト形柱梁接合部の耐震性能

    楠原文雄, 塩原等

    日本建築学会構造系論文集   78 ( 693 ) 1939 - 1948   2013年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • 鉄筋コンクリート構造の設計-学びやすい構造設計-

    鉄筋コンクリート構造の設計改訂小委員会 (担当: 分担執筆 )

    日本建築学会関東支部  2014年05月

  • 2011年東北地方太平洋沖地震最大調査速報

    日本建築学会災害委員会 (担当: 分担執筆 )

    日本建築学会  2011年07月

  • 2004年10月23日新潟県中越地震災害調査報告

    日本建築学会災害委員会 (担当: 分担執筆 )

    日本建築学会  2006年08月

総説・解説記事

  • 柱梁接合部(規準・指針類に示されていないRC部材の構造性能)

    楠原文雄, 北山和宏, 岸田慎司, 高橋之(分担執筆)

    鉄筋コンクリート部材における性能評価の現状と将来 第3回シンポジウム ( 日本建築学会 )    2017年01月

    総説・解説(その他)   共著

  • 柱梁接合部の破壊形式と解析方法 (特集 RC構造保有水平耐力計算規準を実務設計に活用する)

    楠原文雄

    建築技術   ( 802 ) 120 - 123   2016年11月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 柱梁接合部の最前線(特集 RC・PC構造のいま)

    楠原文雄

    structure ( 日本建築構造技術者協会 )  ( 139 ) 54 - 55   2016年07月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 柱梁接合部(RC基礎部材と上部構造部材における性能評価の現状と将来, RC 構造に関する最近の知見)

    楠原文雄, 北山和宏, 岸田慎司, 高橋之(分担執筆)

    鉄筋コンクリート部材における性能評価の現状と将来 第2回シンポジウム ( 日本建築学会 )    2016年01月

    総説・解説(その他)   共著

  • 柱梁接合部(RC 部材実験データベースの構築と解析)

    楠原文雄

    鉄筋コンクリート部材における性能評価の現状と将来 第1回シンポジウム ( 日本建築学会 )    2015年01月

    総説・解説(その他)   単著

  • 柱梁接合部に関する研究と課題

    楠原文雄, 北山和宏, 岸田慎司, 高橋之(分担執筆)

    鉄筋コンクリート部材における性能評価の現状と将来 第1回シンポジウム ( 日本建築学会 )    2015年01月

    総説・解説(その他)   共著

  • 柱梁接合部の限界値とモデル化(鉄筋コンクリート造建物の等価線形化法を用いた耐震性能評価法 主題解説④)

    塩原等, 楠原文雄

    日本建築学会大会パネルディスカッション資料 ( 日本建築学会 )    2013年09月

    総説・解説(その他)   共著

  • 鉄筋コンクリート造部材の長期たわみに関する海外の設計規準と最近の研究

    楠原文雄

    コンクリート工学 ( 日本コンクリート工学会 )  45 ( 8 )   2007年08月

    書評,文献紹介等   単著

研究発表

  • 2016年4月16日熊本地震本震におけるパルス状強震動の地理的分布

    大江諭史, 楠原文雄, 塩原等

    日本地震工学会・大会  2016年09月  -  2016年09月 

  • 2016 年熊本地震による学校施設の被害事例, その3:被災した新耐震中層学校施設の被害

    井上駿, 栗田直樹, 守屋暁, 小林楓子, 楠原文雄, 田尻清太郎

    日本地震工学会・大会  2016年09月  -  2016年09月 

  • 2016 年熊本地震による学校施設の被害事例, その2 熊本県益城町の中学校舎の被害

    栗田直樹, 井上駿, 守屋暁, 小林楓子, 楠原文雄, 田尻清太郎

    日本地震工学会・大会  2016年09月  -  2016年09月 

  • 2016 年熊本地震による学校施設の被害事例, その1:熊本市内の耐震補強された中学校校舎の被害

    楠原文雄, 栗田直樹, 井上駿, 小林楓子, 守屋暁, 田尻清太郎

    日本地震工学会・大会  2016年09月  -  2016年09月 

  • 接合部降伏する鉄筋コンクリート造12 層骨組の地震応答解析

    小林楓子, 佐藤友佳, 楠原文雄, 塩原等

    日本地震工学会・大会  2016年09月  -  2016年09月 

  • 鉄筋コンクリート造十字形部分架構の主筋降伏時の変形算定法

    楠原 文雄, 塩原 等

    日本建築学会大会  2016年08月  -  2016年08月 

  • 地震動のパルス性の強さがRC造中低層建築物の弾塑性最大応答に及ぼす影響

    大江諭史, 楠原 文雄, 塩原 等

    日本建築学会大会  2016年08月  -  2016年08月 

  • 弾性地盤上の剛体の浮き上がりによる地震応答低減効果

    小林楓子, 塩原 等, 楠原 文雄

    日本建築学会大会  2016年08月  -  2016年08月 

  • PC鋼材定着位置が異なる柱梁強度比の小さいPC外部柱梁接合部に関する実験的研究

    古川直矢, 楠原 文雄, 塩原 等

    日本建築学会大会  2016年08月  -  2016年08月 

  • 接合部降伏する鉄筋コンクリート造8層骨組の弾塑性地震応答解析 : その1~2

    佐藤友佳, 塩原等, 楠原文雄

    日本建築学会大会  2015年08月  -  2015年08月 

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 2015年日本建築学会奨励賞

    2015年09月   日本建築学会  

    受賞者:  楠原文雄

  • コンクリート工学講演会年次論文奨励賞

    2006年07月   日本コンクリート工学協会  

    受賞者:  楠原文雄

  • コンクリート工学講演会年次論文奨励賞

    2004年07月   日本コンクリート工学協会  

    受賞者:  楠原文雄

 
 

学会・委員会等活動

  • 2017年
    -
    現在

    日本建築学会   PC部材構造性能小委員会

  • 2014年
    -
    現在

    日本建築学会   鉄筋コンクリート部材性能小委員会委員(2017年度より幹事)

  • 2014年
    -
    現在

    日本建築学会   RC規基準の英文化WG委員

  • 2010年
    -
    2016年

    日本建築学会   応答スペクトルによる耐震設計小委員会指針原案作成WG委員

  • 2009年
    -
    2013年

    日本建築学会   RC部材性能評価小委員会接合部性能評価WG幹事

  • 2009年
    -
    2011年

    日本コンクリート工学会   性能評価指針作成委員会WG5委員

  • 2008年
    -
    2009年

    日本コンクリート工学会   文献調査委員会委員

  • 2007年
    -
    2012年

    日本建築学会   関東支部構造専門委員会RCWG委員

  • 2005年
    -
    2009年

    日本建築学会   長期性能検討小委員会委員