築地 真也 (ツキジ シンヤ)

TSUKIJI Shinya

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 ソフトマテリアル分野
生命・応用化学専攻 ソフトマテリアル分野
フロンティア研究院

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://tsukijilab.web.nitech.ac.jp/index.html

研究分野・キーワード

ケミカルバイオロジー, 生体分子化学

出身大学

  •  
    -
    1996年03月

    九州大学   工学部   応用物質化学科   卒業

出身大学院

  •  
    -
    2001年03月

    九州大学  工学研究科  物質創造工学専攻博士課程  修了

  •  
    -
    1998年03月

    九州大学  工学研究科  分子システム工学専攻修士課程  修了

取得学位

  • 九州大学 -  博士(工学)

専門分野(科研費分類)

  • ケミカルバイオロジー

  • 生物分子化学

  • 生体関連化学

 

論文

  • Ratiometric fluorescence imaging of nuclear pH in living cells using Hoechst-tagged fluorescein

    Akinobu Nakamura, Shinya Tsukiji

    Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters   27   3127 - 3130   2017年

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Noncanonical function of a small-molecular virulence factor coronatine against plant immunity: an in vivo raman imaging approach

    Minoru Ueda, Syusuke Egoshi, Kosuke Dodo, Yasuhiro Ishimaru, Hiroyuki Yamakoshi, Takeshi Nakano, Yousuke Takaoka, Shinya Tsukiji, Mikiko Sodeoka

    ACS Central Science   3   462 - 472   2017年

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Fly DPP10 acts as a channel ancillary subunit and possesses peptidase activity

    Yohei Shiina, Tomohiro Muto, Zhili Zhang, Ahmad Baihaqie, Takamasa Yoshizawa, Hye-in J. Lee, Eulsoon Park, Shinya Tsukiji, Koichi Takimoto

    Scientific Reports   2   26290   2016年

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • A set of organelle-localizable reactive molecules for mitochondrial chemical proteomics in living cells and brain tissues

    Yuki Yasueda, Tomonori Tamura, Alma Fujisawa, Keiko Kuwata, Shinya Tsukiji, Shigeki Kiyonaka, Itaru Hamachi

    Journal of the American Chemical Society   138   7592 - 7602   2016年

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Hoechst tagging: a modular strategy to design synthetic fluorescent probes for live-cell nucleus imaging

    Akinobu Nakamura, Kazumasa Takigawa, Yasutaka Kurishita, Keiko Kuwata, Manabu Ishida, Yasushi Shimoda, Itaru Hamachi, Shinya Tsukiji

    Chemical Communications   50   6149 - 6152   2014年

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Fluorophore labeling of native FKBP12 by ligand-directed tosyl chemistry allows detection of its molecular interactions in vitro and in living cells

    Tomonori Tamura, Yoshiyuki Kioi, Takayuki Miki, Shinya Tsukiji, Itaru Hamachi

    Journal of the American Chemical Society   135   6782 - 6785   2013年

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Synthetic self-localizing ligands that control the spatial location of proteins in living cells

    Manabu Ishida, Hideaki Watanabe, Kazumasa Takigawa, Yasutaka Kurishita, Choji Oki, Akinobu Nakamura, Itaru Hamachi, Shinya Tsukiji

    Journal of the American Chemical Society   135   12684 - 12689   2013年

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Native FKBP12 engineering by ligand-directed tosyl chemistry: labeling properties and application to photo-cross-linking of protein complexes in vitro and in living cells

    Tomonori Tamura, Shinya Tsukiji, Itaru Hamachi

    Journal of the American Chemical Society   134   2216 - 2226   2012年

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Mechanisms of chemical protein 19F-labeling and NMR-based biosensor construction in vitro and in cells using self-assembling ligand-directed tosylate compounds

    Yousuke Takaoka, Yedi Sun, Shinya Tsukiji, Itaru Hamachi

    Chemical Science   2   511 - 520   2011年

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Chemical cell-surface receptor engineering using affinity-guided, multivalent organocatalysts

    Hangxiang Wang, Yoichiro Koshi, Daishiro Minato, Hiroshi Nonaka, Shigeki Kiyonaka, Yasuo Mori, Shinya Tsukiji, Itaru Hamachi

    Journal of the American Chemical Society   133   12220 - 12228   2011年

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

総説・解説記事

  • 独自の分子デザインによる次世代生命制御を目指して

    築地真也

    Peptide Newsletter Japan   102   2 - 5   2016年

    総説・解説(その他)   単著

  • タンパク質の細胞内局在を操る小分子リガンド

    築地真也

    薬学雑誌   136 ( 1 ) 9 - 16   2016年

    総説・解説(その他)   単著

  • Ligand-directed tosyl chemistry for selective native protein labeling in vitro, in cells and in vivo

    Shinya Tsukiji, Itaru Hamachi

    Methods of Molecular Biology “Site-Specific Protein Labeling” ( Springer )  1266   243 - 263   2015年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • タンパク質の細胞内局在を操る化合物—局在性リガンド

    築地真也

    生体の科学   66 ( 2 ) 95 - 101   2015年

    総説・解説(その他)   単著

  • Ligand-directed tosyl chemistry for in situ native protein labeling and engineering in living systems: from basic properties to applications

    Shinya Tsukiji, Itaru Hamachi

    Current Opinion in Chemical Biology   21   136 - 143   2014年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • タンパク質の細胞内局在を変える化合物—合成化合物で細胞を操るための新しい方法論

    築地真也

    化学と工業   66 ( 10 ) 827 - 828   2013年

    総説・解説(その他)   単著

  • 局在性リガンドによる細胞内情報伝達誘導システム

    築地真也, 浜地格

    未来材料   13 ( 2 ) 11 - 16   2013年

    総説・解説(その他)   共著

  • 細胞の中の狙った天然タンパク質を合成小分子で修飾する

    築地真也

    化学と教育   61 ( 2 ) 62 - 63   2013年

    総説・解説(その他)   単著

  • 局在性リガンド:細胞機能制御のための新しい分子コンセプト

    築地真也

    生体機能関連化学部会ニュースレター   27 ( 3 ) 9 - 12   2012年

    総説・解説(その他)   単著

  • 細胞内在性タンパク質の選択的化学修飾とエンジニアリング

    築地真也, 石田学, 浜地格

    生化学   83 ( 8 ) 746 - 751   2011年

    総説・解説(その他)   共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 細胞間コミュニケーションのライブイメージング

    新学術領域研究

    研究期間:  2015年06月  -  現在  代表者:  松田道行

  • タンパク質局在制御化合物による細胞機能制御技術の開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  現在  代表者:  築地真也

  • 小分子リガンドによる蛋白質凝集誘導システムの開発

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2013年  -  2014年  代表者:  築地真也

  • 細胞内における化学的翻訳後修飾導入技術の開発

    若手研究(A)

    研究期間:  2011年  -  2013年  代表者:  築地真也

  • 蛋白質リガンドの精密局在化に基づいたシグナル伝達活性化剤の合理的設計

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2011年  -  2012年  代表者:  築地真也

全件表示 >>