山田 格 (ヤマダ トオル)

YAMADA Toru

写真a

所属学科・専攻等

電気・機械工学教育類 機械工学分野
電気・機械工学専攻 機械工学分野
若手研究イノベータ養成センター

職名

助教

出身大学

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    東京都立大学   工学部   機械工学科   卒業

出身大学院

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    首都大学東京  工学研究科  機械工学専攻修士課程  修了

取得学位

  • ロードアイランド大学(アメリカ合衆国) -  PhD in Mechanical Engineering

学外略歴

  • 2012年09月
    -
    2015年08月

      ルンド大学(スウェーデン)   エネルギ科学科   博士研究員

  • 2012年01月
    -
    2012年05月

      ロードアイランド大学(アメリカ合衆国)   Department of Mechanical. Industrial and Systems Engineering   博士研究員

所属学会・委員会

  •  
     
     

    日本流体力学会

  •  
     
     

    日本伝熱学会

  •  
     
     

    日本機械学会

 

論文

  • Improving computational accuracy in dissipative particle dynamics via a high order symplectivc method

    Toru Yamada, Shugo Itoh, Yohei Morinishi, Shinji Tamano

    The Journal of Chemical Physics   148   224101   2018年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Very Large-Scale Coherent Structures in Highly Drag-Reducing Boundary Layer Flow due to Surfactant Injection

    Shinji TAMANO, Shunsuke KATSURAGAWA, Daiki YAMAMOTO, Toru YAMADA, and Yohei MORINISHI

    Proceedings of the Ninth JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference     2017年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Turbulence structure leading to unsteady upstream separation in Couette flow with forward-facing step

    Y. Morinishi, S. Kubota, S. Tamano, T. Yamada

    Proc. of the Tenth International Symposium of Turbulence and Shear Flow Phenomena     2017年07月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • EFFECT OF TIME MARCHING METHOD ON DATA ACCURACY IN DISSIPATIVE PARTICLE DYNAMICS

    Toru Yamada, Shinji Tamano, Yohei Morinishi

    International Symposium on Micro-Nano Science and Technology 2016     2016年12月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Simulations of microscale water flows in a squared lid cavity under freezing conditions using energy conserving dissipative particle dynamics

    Toru Yamada, Erik O. Johansson, Jinliang Yuan, Shinji Tamano, Yohei Morinishi, Bengt Sunden

    5th Micro and Nano Flows Conference     2016年09月  [査読有り]

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著

  • Turbulence structures at maximum drag reduction in boundary layer flow with surfactant injection

    Shinji TAMANO, Hiroki UCHIKAWA, Shunsuke KATSURAGAWA, Yohei MORINISHI, Toru YAMADA

    Proceedings of the XVIIth International Congress on Rheology 2016     2016年08月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Modeling mesoscopic solidification using dissipative particle dynamics

    Erik O. Johansson, Toru Yamada, Bengt Sunden, Jinliang Yuan

    International Journal of Thermal Sciences   101   207 - 216   2016年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Dissipative particle dynamics simulations of water droplet flows in a submicron parallel-plate channel for different temperature and surface-wetting conditions

    Toru Yamada, Erik O. Johansson, Bengt Sunden, Jinlinang Yuan

    Numerical Heat Transfer, Part A: Applications ( Taylor and Francis )  70 ( 6 ) 595 - 612   2016年

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Mach number at outlet plane of a straight micro-channel

    Daisuke Kawashima, Toru Yamada, Chungpyo Hong, Yutaka Asako

    Journal of Mechanical Engineering Science     2015年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Application of many-body dissipative particle dynamics to determine liquid characteristics

    Toru Yamada, Jinliang Yuan and Bengt Sunden

    International Journal of Numerical Methods for Heat and Fluid Flows   25 ( 7 ) 1619 - 1637   2015年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

研究発表

  • 回転系格子乱流の圧力ポアソン方程式に対する影響行列法の検討

    南和基,山田格,玉野真司,森西洋平

    第32回数値流体力学シンポジウム  2018年12月  -  2018年12月 

  • 自乗量保存形差分と衝撃波捕獲法との混合手法の検討

    北川大葵,山田格,玉野真司,森西洋平

    第32回数値流体力学シンポジウム  2018年12月  -  2018年12月 

  • 微細溝を有する柔軟な繊維植毛面の抵抗低減に及ぼす影響

    松本然,玉野真司,山田格,森西洋平

    日本機械学会第96期流体工学部門講演会  (室蘭市蓬崍殿)  2018年11月  -  2018年11月 

  • 近赤外カメラを用いたマイクロ流路内における水の過冷却水解除現象の可視化に関する研究

    河村君彦,山田格,玉野真司,森西洋平

    第34回近赤外フォーラム  (北海道大学 学術交流会館)  2018年11月  -  2018年11月  近赤外研究会

  • 分離型RK法を用いた時間進行法の導入によるDPD法の計算精度の向上の検討

    伊藤秀悟,山田格,玉野真司,森西洋平

    第16回日本流体力学会中部支部講演会  (静岡大学 浜松キャンパス)  2018年11月  -  2018年11月  日本流体力学会

  • バイオフィルムの形成と流動摩擦に関する実験的研究

    石原佳季,玉野真司,山田格,森西洋平

    第16回日本流体力学会中部支部講演会  (静岡大学 浜松キャンパス)  2018年11月  -  2018年11月  日本流体力学会

  • 非イオン性界面活性剤水溶液の円管内抵抗低減流れに関する流動と伝熱のアナロジー

    大脇健太,玉野真司,山田格,森西洋平

    第66回レオロジー討論会  (福岡市リファレンス駅東ビル)  2018年10月  -  2018年10月 

  • マイクロチャネル中での氷点下の水の近赤外温度依存性に関する研究

    山田格,河村君彦,玉野真司,森西洋平

    第46回可視化情報シンポジウム  (明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー)  2018年09月  -  2018年09月  可視化情報学会

  • エチレングリコール水溶液における非イオン性界面活性剤による抵抗低減および渦抑制効果

    渡部拓,玉野真司,山田格,森西洋平,多賀圭次郎

    日本機械学会2018年度年次大会  2018年09月  -  2018年09月 

  • 異なるアスペクト比を有するオープンキャビティ流れの音響解析

    北川大葵,山田格,玉野真司,森西洋平

    日本機械学会2018年度年次大会  2018年09月  -  2018年09月 

全件表示 >>

学術関係受賞

  • The Best Reviewer Award for ASME Journal of Thermal Science and Engineering Applications (JTSEA)

    2015年10月   ASME Journal of Thermal Science and Engineering Applications (JTSEA)  

    受賞者:  Toru Yamada

  • The Graham de Vahl Davis Best Paper Award

    2015年05月25日   International Center for Heat and Mass Transfer  

    受賞者:  Toru Yamada, Erik O. Johanssonm Jinliang Yuan and Bengt Sunden

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • リアルタイム観察とDPD法による,凍結を伴うマイクロ流路内水流動メカニズムの解明

    若手研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月  代表者:  山田 格

その他競争的資金獲得実績

  • 散逸粒子動力学(Dissipative Particle Dynamics, DPD法に関する,そのナノ・マイクロ熱流体分野への応用.特に相変化を伴う流動現象に関する研究,ならびにその信頼性向上のための研究

    提供機関:  民間財団等  日東学術振興財団 第33回海外派遣助成金

    研究期間:  2017年07月  -  2017年07月  代表者:  山田格

 
 

学会・委員会等活動

  • 2017年12月
     
     

    日本流体力学会   日本流体力学会中部支部講演会2017 セッションオーガナイザー

  • 2017年04月
    -
    2017年12月

    日本流体力学会   日本流体力学会中部支部講演会2017 実行委員