小笠原 理紀 (オガサワラ リキ)

OGASAWARA Riki

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 生命・物質化学分野
生命・応用化学専攻 生命・物質化学分野

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://muscle.web.nitech.ac.jp/

研究分野・キーワード

筋収縮, 運動, 栄養, 骨格筋, シグナル伝達, タンパク質代謝, 骨格筋量調節, 個人差, 加齢, サルコペニア

出身大学

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    早稲田大学   スポーツ科学部   スポーツ医科学科   卒業

出身大学院

  •  
    -
    2012年03月

    東京大学  新領域創成科学研究科  人間環境学専攻博士課程  修了

取得学位

  • 東京大学 -  博士(科学)

  • 東京大学 -  修士(環境学)

学外略歴

  • 2013年10月
    -
    2015年08月

      東京大学   大学院総合文化研究科   助教

  • 2012年04月
    -
    2013年10月

      立命館大学   総合科学技術研究機構   専門研究員

所属学会・委員会

  •  
     
     

    米国スポーツ医学会

  •  
     
     

    米国生理学会

  •  
     
     

    日本栄養・食糧学会

  •  
     
     

    日本筋学会

  •  
     
     

    日本体力医学会

専門分野(科研費分類)

  • 応用生物化学

  • 分子生物学

  • 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)

  • スポーツ科学

 

論文

  • Influence of shortened recovery between resistance exercise sessions on muscle-hypertrophic effect in rat skeletal muscle

    Takegaki J, Ogasawara R, Kotani T, Tamura Y, Takagi R, Nakazato K, Ishii N

    Physiological Reports   7 ( 13 ) e14155   2019年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Resistance Exercise-Induced Hypertrophy: A Potential Role for Rapamycin-Insensitive mTOR

    Ogasawara R, Jensen TE, Goodman CA, Hornberger TA

    Exercise and sport sciences reviews   47 ( 3 ) 188 - 194   2019年07月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • The Effect of Changing the Contraction Mode During Resistance Training on mTORC1 Signaling and Muscle Protein Synthesis

    Ato S, Tsushima D, Isono Y, Suginohara T, Maruyama Y, Nakazato K, Ogasawara R

    Frontiers in Physiology   10   406   2019年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Chemical denervation using botulinum toxin increases Akt expression and reduces submaximal insulin-stimulated glucose transport in mouse muscle

    Li Z, Näslund-Koch L, Henriquez-Olguin C, Knudsen JR, Li J, Madsen AB, Ato S, Wienecke J, Ogasawara R, Nielsen JB, Jensen TE

    Cellular signalling   53   224 - 233   2019年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Effect of Mixed Meal and Leucine Intake on Plasma Amino Acid Concentrations in Young Men

    Yoshii N, Sato K, Ogasawara R, Nishimura Y, Shinohara Y, Fujita S

    Nutrients     E1543   2018年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Rapamycin-insensitive mechanistic target of rapamycin regulates basal and resistance exercise–induced muscle protein synthesis

    Ogasawara R, Suginohara T

    FASEB Journal   32 ( 11 ) 5824 - 5834   2018年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Electrically evoked local muscle contractions cause an increase in hippocampal BDNF

    Maekawa T, Ogasawara R, Tsutaki A, Lee K, Nakada S, Nakazato K, Ishii N

    Applied physiology, nutrition, and metabolism   43 ( 5 ) 491 - 496   2018年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Past injurious exercise attenuates activation of primary calcium-dependent injury pathways in skeletal muscle during subsequent exercise

    Takagi R, Ogasawara R, Takegaki J, Tamura Y, Tsutaki A, Nakazato K, Ishii N

    Physiological reports   6 ( 6 ) e13660   2018年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Effects of contraction mode and stimulation frequency on electrical stimulation-induced skeletal muscle hypertrophy

    Ashida Y, Himori K, Tatebayashi D, Yamada R, Ogasawara R, Yamada T

    Journal of Applied Physiology   124 ( 2 ) 341 - 348   2018年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Influence of past injurious exercise on fiber type specific acute anabolic response to resistance exercise in skeletal muscle

    Takagi R, Ogasawara R, Takegaki J, Tsutaki A, Nakazato K, Ishii N

    Journal of Applied Physiology   124 ( 1 ) 16 - 22   2018年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • 筋肉研究最前線

    阿藤 聡、小笠原 理紀 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 第2章、第2節 )

    エヌ・ティー・エス  2019年09月

  • 栄養・食糧学 用語辞典 第2版

    日本栄養・食糧学会 (担当: 分担執筆 )

    建帛社  2015年05月 ISBN: 978-4-7679-6179-8

  • 進化する運動科学の研究最前線

    小笠原 理紀, 石井 直方 (担当: 共著 , 担当範囲: 第2編 第4章 第1節 )

    エヌ・ティー・エス  2014年12月 ISBN: 4860434145

総説・解説記事

  • 運動による骨格筋量改善メカニズムと肥満によるその修飾

    小笠原 理紀、阿藤 聡

    肥満研究     2019年12月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 骨格筋の役割と効率的なトレーニングを考える

    小笠原 理紀

    コーチング・クリニック     2019年12月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 筋力トレーニングによる筋肥大とmTORC1シグナル

    中里浩一, 小笠原理紀, 石井直方

    医薬ジャーナル     2017年06月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   共著

  • Skeletal muscle signaling response to concurrent endurance and resistance exercise

    Makanae Y, Ogasawara R, Fujita S

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine ( The Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine )  4 ( 2 ) 217 - 221   2015年05月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • トレーニングと脱トレーニングによって変わる筋肥大応答

    小笠原 理紀

    体育の科学 ( 杏林書院 )  64 ( 10 ) 680 - 685   2014年10月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 力学的刺激と栄養で変化する骨格筋の形態と機能

    小笠原 理紀, 中里 浩一

    体育の科学 ( 杏林書院 )  64 ( 2 ) 93 - 100   2014年02月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • サルコペニア予防に向けた運動と栄養摂取

    小笠原 理紀, 藤田 聡

    バイオインダストリー ( シーエムシー出版 )  30 ( 10 ) 9 - 16   2013年10月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • Roles played by protein metabolism and myogenic progenitor cells in exercise-induced muscle hypertrophy and their relation to resistance training regimens

    Ishii N, Ogasawara R, Kobayashi K, Nakazato K

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine ( The Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine )  1 ( 1 ) 83 - 94   2012年08月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 脱トレーニングを用いた効率的なレジスタンストレーニング

    小笠原 理紀, 藤田 聡

    JATI EXPRESS ( 日本トレーニング指導者協会 )  30   10 - 11   2012年08月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 筋力トレーニングにおけるディトレーニングとリトレーニングの効果

    小笠原 理紀, 安部 孝

    Strength & Conditioning Journal ( NSCAジャパン )  17 ( 5 ) 2 - 9   2010年06月

    総説・解説(商業誌)   共著

研究発表

  • c-Mycの過剰発現が筋収縮による筋タンパク質同化作用に及ぼす影響

    森 峰広、小笠原 理紀

    第42回日本分子生物学会年会  2019年12月  -  2019年12月 

  • レジスタンス運動によるmTOR活性化を介した筋タンパク質合成促進メカニズム

    小笠原 理紀  [招待有り]

    第74回日本体力医学会大会  2019年09月  -  2019年09月 

  • 短期間の高脂肪食摂取がレジスタンス運動による筋タンパク質同化作用に及ぼす影響

    森 峰広、阿藤 聡、小笠原 理紀

    第74回日本体力医学会大会  2019年09月  -  2019年09月 

  • レジスタンス運動によるmTORシグナル経路活性化および筋タンパク質合成の増加における解糖系代謝の役割

    若林 宏樹、杉野原 武史、阿藤 聡、小笠原 理紀

    第74回日本体力医学会大会  2019年09月  -  2019年09月 

  • レジスタンス運動による筋タンパク質合成促進におけるAktの役割

    池田 千咲、丸山 湧己、阿藤 聡、小笠原 理紀

    第74回日本体力医学会大会  2019年09月  -  2019年09月 

  • 絶食に伴う筋タンパク質代謝の変化に加齢が及ぼす影響

    藤田 悠暉、松波 京、阿藤 聡、小笠原 理紀

    第74回日本体力医学会大会  2019年09月  -  2019年09月 

  • ラパマイシンがレジスタンス運動によるエネルギー代謝関連タンパク質の発現調節に及ぼす影響

    伴 真梨子、小笠原 理紀

    第74回日本体力医学会大会  2019年09月  -  2019年09月 

  • レジスタンストレーニングによる骨格筋内分子シャペロンの適応におけるラパマイシン感受性mTORの役割

    長宗 大賀、小笠原 理紀

    第74回日本体力医学会大会  2019年09月  -  2019年09月 

  • ラット単離骨格筋線維における新規合成タンパク質局在の可視化

    阿藤 聡、小笠原 理紀

    第74回日本体力医学会大会  2019年09月  -  2019年09月 

  • レジスタンス運動による骨格筋肥大メカニズムとその加齢変化

    小笠原 理紀  [招待有り]

    第38回日本臨床運動療法学会学術集会  2019年08月  -  2019年09月 

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 学術奨励賞

    2016年03月   日本体力医学会東海地方会  

    受賞者:  小笠原理紀, 藤田聡

  • 東京体育学奨励賞

    2010年03月   東京体育学会  

    受賞者:  小笠原理紀, 安田智洋, 安部孝

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • サルコペニアに伴う骨格筋の質的変化:メカニズムと有効な対策

    基盤研究(A)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  石井 直方

  • 加齢に伴うレジスタンス運動抵抗性メカニズムの解明と克服

    基盤研究(B)

    研究期間:  2019年04月  -  2021年03月  代表者:  小笠原 理紀

  • 瞬発的筋力トレーニングに対する神経系および骨格筋エネルギー代謝の適応機序の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2021年03月  代表者:  小林 雄志

  • 新規合成タンパク質局在化の可視化による筋原線維形成の観察

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2019年  -  2020年03月  代表者:  小笠原 理紀

  • mTORC2/c-Myc経路を介した新たな骨格筋運動適応メカニズムの解明

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)

    研究期間:  2018年04月  -  2020年03月  代表者:  小笠原理紀

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績

  • 加齢性筋萎縮におけるミオシン分子シャペロンの役割

    提供機関:  民間財団等  上原記念生命科学財団 研究奨励金

    研究期間:  2019年  -  2020年  代表者:  小笠原 理紀

  • 高脂肪食が運動による筋タンパク質同化作用に及ぼす影響

    提供機関:  中冨健康科学振興財団  中冨健康科学振興財団研究助成

    研究期間:  2018年  -  2018年  代表者:  小笠原理紀