小笠原 理紀 (オガサワラ リキ)

OGASAWARA Riki

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 生命・物質化学分野
生命・応用化学専攻 生命・物質化学分野

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://muscle.web.nitech.ac.jp/

研究分野・キーワード

筋収縮, 運動, 栄養, 骨格筋, シグナル伝達, タンパク質代謝, 骨格筋量調節, 個人差, 加齢, サルコペニア

出身大学

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    早稲田大学   スポーツ科学部   スポーツ医科学科   卒業

出身大学院

  •  
    -
    2012年03月

    東京大学  新領域創成科学研究科  人間環境学専攻博士課程  修了

取得学位

  • 東京大学 -  博士(科学)

  • 東京大学 -  修士(環境学)

学外略歴

  • 2013年10月
    -
    2015年08月

      東京大学   大学院総合文化研究科   助教

  • 2012年04月
    -
    2013年10月

      立命館大学   総合科学技術研究機構   専門研究員

所属学会・委員会

  • 2012年12月
    -
    継続中

    日本栄養・食糧学会

  • 2012年12月
    -
    継続中

    米国生理学会

  • 2008年10月
    -
    継続中

    米国スポーツ医学会

  • 2007年05月
    -
    継続中

    日本体力医学会

専門分野(科研費分類)

  • 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)

  • 分子生物学

  • 応用生物化学

  • スポーツ科学

 

論文

  • Repeated bouts of resistane exercise with short recovery periods activates mTOR signaling, but not protein synthesis, in mouse skeletal muscle

    Takegaki J, Ogasawara R, Tamura Y, Takagi R, Arihara Y, Tsutaki A, Nakazato K, Ishii N

    Physiological Reports     2017年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Relationship between exercise volume and muscle protein synthesis in a rat model of resistance exercise

    Ogasawara R, Arihara Y, Takegaki J, Nakazato K, Ishii N

    Journal of Applied Physiology     2017年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Effects of contraction mode and stimulation frequency on electrical stimulation-induced skeletal muscle hypertrophy

    Ashida Y, Himori K, Tatebayashi D, Yamada R, Ogasawara R, Yamada T

    Journal of Applied Physiology     2017年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Influence of past injurious exercise on fiber type specific acute anabolic response to resistance exercise in skeletal muscle

    Takagi R, Ogasawara R, Takegaki J, Tsutaki A, Nakazato K, Ishii N

    Journal of Applied Physiology     2017年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Relationship between dietary protein and essential amino acid intake and training-induced muscle hypertrophy among older individuals

    Yoshii N, Sato K, Ogasawara R, Kurihara T, Hamaoka T, Fujita S

    Journal of Nutritional Science and Vitaminology     2017年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Combined effects of resistance training and calorie restriction on mitochondrial fusion and fission proteins in rat skeletal muscle

    Kitaoka Y, Nakazato K, Ogasawara R

    Journal of Applied Physiology   121 ( 3 ) 806 - 810   2016年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Regional adaptation of collagen in skeletal muscle to repeated bouts of strenuous eccentric exercise

    Takagi R, Ogasawara R, Tsutaki A, Nakazato K, Ishii N

    Pflügers Archiv - European Journal of Physiology   468 ( 9 ) 1565 - 1572   2016年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • The role of mTOR signalling in the regulation of skeletal muscle mass in a rodent model of resistance exercise

    Ogasawara R, Fujita S, Hornberger TA, Kitaoka Y, Makanae Y, Nakazato K, Ishii N

    Scientific Reports   6   31142   2016年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • MicroRNA expression profiling in skeletal muscle reveals different regulatory patterns in high and low responders to resistance training

    Ogasawara R, Akimoto T, Umeno T, Sawada S, Hamaoka T, Fujita S.

    Physiological Genomics   48 ( 4 ) 320 - 324   2016年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 骨格筋収縮が脳機能に及ぼす影響―脳由来神経栄養因子BDNF に着目して―

    前川貴郊, 小笠原理紀, 蔦木新, 中里浩一, 石井直方

    健康医科学研究助成論文集   31   104 - 109   2016年04月  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • 栄養・食糧学 用語辞典 第2版

    日本栄養・食糧学会 (担当: 分担執筆 )

    建帛社  2015年05月 ISBN: 978-4-7679-6179-8

  • 進化する運動科学の研究最前線

    小笠原 理紀, 石井 直方 (担当: 共著 , 担当範囲: 第2編 第4章 第1節 )

    エヌ・ティー・エス  2014年12月 ISBN: 4860434145

総説・解説記事

  • 筋力トレーニングによる筋肥大とmTORC1シグナル

    中里浩一, 小笠原理紀, 石井直方

    医薬ジャーナル     2017年06月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   共著

  • Skeletal muscle signaling response to concurrent endurance and resistance exercise

    Makanae Y, Ogasawara R, Fujita S

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine ( The Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine )  4 ( 2 ) 217 - 221   2015年05月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • トレーニングと脱トレーニングによって変わる筋肥大応答

    小笠原 理紀

    体育の科学 ( 杏林書院 )  64 ( 10 ) 680 - 685   2014年10月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 力学的刺激と栄養で変化する骨格筋の形態と機能

    小笠原 理紀, 中里 浩一

    体育の科学 ( 杏林書院 )  64 ( 2 ) 93 - 100   2014年02月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • サルコペニア予防に向けた運動と栄養摂取

    小笠原 理紀, 藤田 聡

    バイオインダストリー ( シーエムシー出版 )  30 ( 10 ) 9 - 16   2013年10月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • Roles played by protein metabolism and myogenic progenitor cells in exercise-induced muscle hypertrophy and their relation to resistance training regimens

    Ishii N, Ogasawara R, Kobayashi K, Nakazato K

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine ( The Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine )  1 ( 1 ) 83 - 94   2012年08月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 脱トレーニングを用いた効率的なレジスタンストレーニング

    小笠原 理紀, 藤田 聡

    JATI EXPRESS ( 日本トレーニング指導者協会 )  30   10 - 11   2012年08月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 筋力トレーニングにおけるディトレーニングとリトレーニングの効果

    小笠原 理紀, 安部 孝

    Strength & Conditioning Journal ( NSCAジャパン )  17 ( 5 ) 2 - 9   2010年06月

    総説・解説(商業誌)   共著

研究発表

  • 筋収縮による筋タンパク質合成の増加に及ぼす加齢の影響-中年マウスにおける検討-

    小笠原理紀, 松波京

    第4回日本サルコペニア・フレイル学会大会  2017年10月  -  2017年10月 

  • レジスタンス運動によって活性化されるラパマイシン非感受性mTORシグナルの解析

    小笠原理紀, 杉野原武史, 池田千咲, 大矢知恵梨, 松井俊憲, 松波京

    第72回日本体力医学会大会   2017年09月  -  2017年09月 

  • 骨格筋培養細胞におけるc-myc過剰発現が筋タンパク質合成に及ぼす影響

    杉野原武史, 東田一彦, 小笠原理紀

    第72回日本体力医学会大会   2017年09月  -  2017年09月 

  • タンパク質の細胞内局在制御技術を用いたin vivoでの骨格筋Aktシグナルの解析

    礒野友里絵, 中村彰伸, 築地真也, 小笠原理紀

    第72回日本体力医学会大会   2017年09月  -  2017年09月 

  • 高タンパク質食がレジスタンス運動による筋タンパク質合成の増加に与える影響

    丸山湧己, 小笠原理紀

    第72回日本体力医学会大会   2017年09月  -  2017年09月 

  • 再生初期におけるレジスタンス運動が筋線維のタンパク質合成に及ぼす影響

    高木領, 小笠原理紀, 小谷鷹哉, 竹垣淳也, 鴻崎香里奈, 蔦木新, 中里浩一, 石井直方

    第72回日本体力医学会大会   2017年09月  -  2017年09月 

  • 収縮様式および刺激頻度の違いが神経-筋電気刺激トレーニングによる筋肥大効果に及ぼす影響

    芦田雪, 檜森弘一, 館林大介, 山田遼太郎, 小笠原理紀, 山田崇史

    第72回日本体力医学会大会  2017年09月  -  2017年09月 

  • セッション間の回復時間の違いが レジスタンス運動後の筋タンパク質分解系に与える影響

    竹垣淳也,小谷鷹哉,小笠原理紀,蔦木新,中里浩一,石井直方

    第72回日本体力医学会大会  2017年09月  -  2017年09月 

  • セッション間の回復時間の違いが同強度・同回数のレジスタンス運動の効果に与える影響

    竹垣淳也,小笠原理紀,小谷鷹哉,蔦木新,中里浩一,石井直方

    第25回日本運動生理学会大会  2017年07月  -  2017年07月 

  • 高タンパク質食が安静時の筋タンパク質合成と骨格筋量に及ぼす影響:速筋と遅筋の比較

    丸山湧己, 小笠原理紀

    第71回日本栄養・食糧学会大会  2017年05月  -  2017年05月 

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 学術奨励賞

    2016年03月   日本体力医学会東海地方会  

    受賞者:  小笠原理紀, 藤田聡

  • 東京体育学奨励賞

    2010年03月   東京体育学会  

    受賞者:  小笠原理紀, 安田智洋, 安部孝

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 運動による骨格筋肥大におけるリボソーム合成活性化の役割

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  現在  代表者:  石井直方

  • 運動による骨格筋肥大適応を決定づける分子機構の解明と新規介入法開発への応用

    若手研究(A)

    研究期間:  2014年04月  -  現在 

  • 運動による骨格筋肥大の新たなメカニズムの解明

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月 

  • レジスタンストレーニングは骨格筋アミノ酸感受性を高めるか?

    研究活動スタート支援

    研究期間:  2012年  -  2012年