宮崎 怜雄奈 (ミヤザキ レオナ)

MIYAZAKI Reona

写真a

所属学科・専攻等

物理工学教育類 材料機能分野
物理工学専攻 材料機能分野

職名

助教

出身大学

  • 2004年04月
    -
    2008年03月

    東北大学   工学部   材料科学総合学科   卒業

出身大学院

  •  
    -
    2013年03月

    東北大学  工学研究科  知能デバイス材料学専攻博士課程  修了

取得学位

  • 東北大学 -  博士(工学)

学外略歴

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

      物質材料研究機構   環境エネルギー材料部門 電池材料ユニット 二次電池材料グループ   研究員

所属学会・委員会

  • 2016年04月
    -
    継続中

    電気化学会

  • 2008年05月
    -
    継続中

    日本金属学会

 

研究経歴

  • 全固体電池用Si負極の材料開発の研究

    国内共同研究   新エネルギー技術研究開発費  

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月

論文

  • A highly plastic Li+ ion conductor based on the KI-KBH4 solid solvent system

    Reona Miyazaki, Takehiko Hihara

    Journal of Solid State Electrochemistry   22 ( 9 ) 2855 - 2861   2018年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Demonstration of the conductive species in “Li-free” solid solvent doped with LiBH4 and its Li+ dominating conduction mechanism

    Reona Miyazaki, Isao Sakaguchi, Karl-Michael Weitzel, Takehiko Hihara

    Electrochimica Acta   283   1188 - 1194   2018年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Li+ ion doping into KI-KBH4 solid solvent systems: The role of the BH4- anion Journal of Alloys and Compounds

    Reona Miyazaki, Yasuto Noda, Hidetoshi Miyazaki, Kazuo Soda, Takehiko Hihara

    Journal of Alloys and Compounds   735   1291 - 1296   2018年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Post-anneal effect on the structural and Li+ conduction properties in NaI - LiBH4 system

    Reona Miyazaki, Dai Kurihara, Daiki Hayashi, Seiya Furughori, Masatoshi Shomura and Takehiko Hihara

    MRS Advances   2(7)   389 - 394   2017年01月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • PEFC catalytic properties of Pt – Ni nanoparticles prepared by a plasma-gas-condensation

    Michihisa Umezawa, Ryoichi Ishikawa, Reona Miyazaki, and Takehiko Hihara

    Journal of Applied Physics   121   035102-1 - 035102-6   2017年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Anode properties of silicon-rich amorphous silicon suboxide films in all-solid-state lithium batteries

    Reona Miyazaki, Narumi Ohta, Tsuyoshi Ohnishi, Kazunori Takada

    Journal of Power Sources   329   41 - 49   2016年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Li+ ionic conduction properties on NaI doped with a small amount of LiBH4

    Reona Miyazaki, Dai Kurihara1, Takehiko Hihara

    Journal of Solid State Electrochemistry   20   2759 - 2764   2016年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Cobalt doping as the controlling factor of oxygen diffusivity in ZnO by more than four orders of magnitude”

    M. Hashiguchi, I. Sakaguchi, R. Miyazaki, K. Takada, N. Ohashi

    Defect and Dffusion Forum   363   85 - 90   2015年05月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • An amorphous Si film anode for all-solid-state lithium batteries

    R. Miyazaki, N. Ohta, T. Ohnishi, I. Sakaguchi and K. Takada

    Journal of Power Sources   272   541 - 545   2014年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Synthesis of rock-salt type lithium borohydride and its peculiar Li+ ion conduction properties

    R. Miyazaki, H. Maekawa, H. Takamura

    APL Materials   2 ( 5 ) 056109-1 - 056109-6   2014年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発 第7章3節 「アモルファスSiOx薄膜の全固体電池における負極特性」

    宮崎 怜雄奈 (担当: 単著 )

    技術情報協会  2017年02月 ISBN: 978-4-86104-647-6

  • ヨウ素の化学と最新応用技術 4編22章 ヨウ素とリチウム伝導体

    宮崎 怜雄奈, 前川英己 (担当: 共著 )

    シーエムシー出版  2011年07月 ISBN: 978-4-7813-0435-9

研究発表

  • 全固体Li電池のSi系高容量負極材料

    宮崎 怜雄奈

    第80回マテリアルズ・テーラリング研究会  2018年07月  -  2018年07月 

  • Li+ ion conduction mechanism in NaI doped with LiBH4

    Reona Miyazaki, Isao Sakaguchi, Takehiko Hihara  [招待有り]

    第四回中国エネルギー貯蔵技術交流会  2018年07月  -  2018年07月 

  • NaI-LiBH4系固体電解質におけるLi+伝導機構と電気化学特性

    宮崎怜雄奈,坂口勲,日原岳彦

    化学電池材料研究会  2018年06月  -  2018年06月 

  • 全固体リチウム二次電池における高容量Sn負極の充放電特性と、サイクルに伴う電極/電解質界面の微細組織変化

    宮崎怜雄奈,伊藤夕羽貴,日原 岳彦

    2018年日本金属学会春期講演大会  2018年03月  -  2018年03月 

  • NaI-LiBH4系固体電解質におけるLi+イオン伝導機構

    宮崎 怜雄奈, 坂口 勲,日原 岳彦

    電気化学会第85回大会  2018年03月  -  2018年03月 

  • 固体溶媒をベースとした新規Li+伝導体の開発

    宮崎 怜雄奈、野田 泰斗、宮崎 秀俊、曽田 一雄、坂口 勲、日原 岳彦

    第43回固体イオニクス討論会   2017年12月  -  2017年12月 

  • Li Doping Behavior in KI-KBH4 Solid Solvent and Its Li+ Ion Conduction Properties

    Reona Miyazaki, Yasuto Noda, Hidetoshi Miyazaki, Kazuo Soda, Takehiko Hihara

    2017 MRS Fall Meeting  2017年11月  -  2017年12月 

  • KI-KBH4-LiI系を固体電解質に用いた全固体Li電池の試作

    松尾知樹, 宮崎 怜雄奈, 日原 岳彦

    日本金属学会・日本鉄鋼協会東海支部主催"第27回学生による材料フォーラム"  2017年11月  -  2017年11月 

  • Liフリー固体溶媒からの、Liイオン伝導体の合成

    栗原 大, 宮崎 怜雄奈, 日原 岳彦

    日本金属学会・日本鉄鋼協会東海支部主催"第27回学生による材料フォーラム"  2017年11月  -  2017年11月 

  • Liフリー固体溶媒へのLi塩ドープによる、新規固体電解質開発

    宮崎怜雄奈,野田泰斗,日原岳彦

    2017年電気化学秋季大会  2017年09月  -  2017年09月 

全件表示 >>

工業所有権

  • 固体電解質

    特願 2018-21906 

    宮崎 怜雄奈,吉田俊宏

  • Pt-Zn-Ni系コアシェル粒子

    特願 2016-064650 

    宮崎怜雄奈、日原岳彦、梅澤道久、石河瞭一、鬼頭賢信、服部達哉

学術関係受賞

  • 日本金属学会2016年秋期講演大会 優秀ポスター賞

    2016年09月22日   日本金属学会   プラズマ・ガス凝縮法で作製したNi-Zn-Pt合金ナノ粒子のPEFC触媒性能評価  

    受賞者:  梅澤 道久, 石河 瞭一, 宮崎 怜雄奈, 日原 岳彦

  • Best Poster Award

    2011年12月   The 2nd International Symposium on Advanced Synthesis and Processing Technology for  

    受賞者:  R. Miyazaki, H. Maekawa

  • Best Poster Award

    2010年05月   Asian Conference on Solid State Ionics  

    受賞者:  R. Miyazaki, N. Kumatani, K. Kanno, M. Ando, M. Matsuo, H. Takamura, S. Orimo, H. Maekawa

  • Best Poster Award

    2009年07月   International Conference on Solid State Ionics  

    受賞者:  R. Miyazaki, T. Karahashi, N. Kumatani, Y. Noda, M. Ando, H. Takamura, M. Matsuo, S. Orimo, H. Maekawa

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • Liフリー固体溶媒をベースとした新たな固体電解質開発

    若手研究

    研究期間:  2018年04月  -  2020年03月 

その他競争的資金獲得実績

  • Liフリー固体溶媒へのLi+イオン・多面体イオンドープによる、新規固体電解質の開発

    提供機関:  民間財団等  2018年度イオン工学振興財団助成金

    研究期間:  2018年09月  -  2019年03月 

  • Li Doping Behavior in KI-KBH4 Solid Solvent and Its Li+ Ion Conduction Properties

    提供機関:  公益財団法人 大幸財団  大幸財団_国際交流助成

    研究期間:  2017年11月  -  2017年11月 

  • 構成イオン比を操作可能な固体溶媒へのLi塩ドープによる、新規固体電解質の創製

    提供機関:  名古屋工業大学  学内研究推進経費 若手研究

    研究期間:  2017年04月  -  2018年03月 

  • Liフリー固体溶媒へのLi塩ドープによる、革新的固体電解質の開発

    提供機関:  公益財団法人 池谷科学技術振興財団  池谷科学技術振興財団 平成29年度単年度研究助成

    研究期間:  2017年  -  2018年03月 

  • Liフリー化合物からの新規高速Li+伝導材料の開発

    提供機関:  民間財団等  公益財団法人立松財団 特別研究助成

    研究期間:  2016年08月  -  2017年07月  代表者:  宮崎 怜雄奈

 
 

社会貢献活動

  • 全固体電池用高容量負極材料の開発動向と応用技術

    株式会社 技術情報協会  2018年04月  -  2018年04月

  • 全固体リチウム電池の最近の研究動向 -全固体電池の高容量化と固体電解質開発の新たな切り口-

    株式会社 情報機構  2018年04月  -  2018年04月