宮崎 怜雄奈 (ミヤザキ レオナ)

MIYAZAKI Reona

写真a

所属学科・専攻等

物理工学教育類 材料機能分野
物理工学専攻 材料機能分野
若手研究イノベータ養成センター

職名

助教

出身大学

  • 2004年04月
    -
    2008年03月

    東北大学   工学部   材料科学総合学科   卒業

出身大学院

  •  
    -
    2013年03月

    東北大学  工学研究科  知能デバイス材料学専攻博士課程  修了

取得学位

  • 東北大学 -  博士(工学)

学外略歴

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

      物質材料研究機構   環境エネルギー材料部門 電池材料ユニット 二次電池材料グループ   研究員

所属学会・委員会

  • 2016年07月
    -
    継続中

    日本固体イオニクス学会

  • 2016年04月
    -
    継続中

    電気化学会

  • 2008年05月
    -
    継続中

    日本金属学会

専門分野(科研費分類)

  • デバイス関連化学

 

研究経歴

  • 全固体電池用Si負極の材料開発の研究

    国内共同研究   新エネルギー技術研究開発費  

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月

論文

  • Static Observation of the Interphase between NaBH4 and LiI during the Conversion Reaction

    Reona Miyazaki, Keita Onishi, Reina Miyagawa, Takehiko Hihara

    Journal of Solid State Chemistry ( Elsevier )  303   122496   2021年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Dominant Li+ ion conduction in Li+/Na+ mixed crystal, 15NaI∙LiBH4

    Reona Miyazaki, Isao Sakaguchi, Takehiko Hihara

    Journal of Solid State Electrochemistry ( Springer Nature )  25   1927 - 1936   2021年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • High capacity anode materials for all-solid-state lithium batteries

    Reona Miyazaki

    Frontiers in Energy Research   8 ( 171 )   2020年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • All-solid-state half-cell of Li/a-Si film using guest Li+ conductor 15NaI∙LiBH4

    Reona Miyazaki, Takehiko Hihara

    Journal of Solid State Electrochemistry   24 ( 7 ) 1687 - 1693   2020年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Fabrication of LiI-LiBH4 solid solutions by cryomilling

    Reona Miyazaki, Takehiko Hihara

    Materials Letters   271   127775   2020年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Charge-discharge performances of Sn powder as a high capacity anode for all-solid-state lithium batteries

    Reona Miyazaki, Takehiko Hihara

    Journal of Power Sources   427   15 - 20   2019年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Li+ ion conductor based on NaBr doped with LiBH4

    Reona Miyazaki, Masatoshi Shomura, Reina Miyagawa, Takehiko Hihara

    MRS Communications   9   304 - 309   2019年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • A highly plastic Li+ ion conductor based on the KI-KBH4 solid solvent system

    Reona Miyazaki, Takehiko Hihara

    Journal of Solid State Electrochemistry   22 ( 9 ) 2855 - 2861   2018年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Demonstration of the conductive species in “Li-free” solid solvent doped with LiBH4 and its Li+ dominating conduction mechanism

    Reona Miyazaki, Isao Sakaguchi, Karl-Michael Weitzel, Takehiko Hihara

    Electrochimica Acta   283   1188 - 1194   2018年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Li+ ion doping into KI-KBH4 solid solvent systems: The role of the BH4- anion Journal of Alloys and Compounds

    Reona Miyazaki, Yasuto Noda, Hidetoshi Miyazaki, Kazuo Soda, Takehiko Hihara

    Journal of Alloys and Compounds   735   1291 - 1296   2018年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • 全固体電池の界面抵抗低減と作製プロセス、評価技術

    宮崎 怜雄奈 (担当: 単著 )

    (株)技術情報協会  2020年03月 ISBN: 978-4-86104-780-0

  • 全固体電池開発の現状と産業化へのアプローチ~製造プロセス、部材作成、高容量化、評価手法~

    宮崎怜雄奈 (担当: 単著 )

    情報機構  2018年11月 ISBN: 978-4-86502-161-5

  • 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発 第7章3節 「アモルファスSiOx薄膜の全固体電池における負極特性」

    宮崎 怜雄奈 (担当: 単著 )

    技術情報協会  2017年02月 ISBN: 978-4-86104-647-6

  • ヨウ素の化学と最新応用技術 4編22章 ヨウ素とリチウム伝導体

    宮崎 怜雄奈, 前川英己 (担当: 共著 )

    シーエムシー出版  2011年07月 ISBN: 978-4-7813-0435-9

研究発表

  • NaIを用いたゲストLi+伝導体の合成とイオン伝導特性

    宮崎怜雄奈、坂口勲、日原岳彦

    固体イオニクス討論会  2020年12月  -  2020年12月 

  • B2型CoAl粉末のケミカルリーチングによるbcc-Coの作製と磁気的性質

    柴田 卓実、宮崎 怜雄奈、日原岳彦

    第30回学生による材料フォーラム  2020年11月  -  2020年11月 

  • プラズマ・ガス凝縮法で作製したFe-Pt/Fe-B複合ナノ粒子の磁気特性評価

    田川 亮輔、宮崎 怜雄奈、日原岳彦

    第30回学生による材料フォーラム  2020年11月  -  2020年11月 

  • プラズマ・ガス凝縮法で作製したFeCoPt複合ナノ粒子の磁気特性評価

    山田 崚涼、宮崎 怜雄奈、日原岳彦

    第30回学生による材料フォーラム  2020年11月  -  2020年11月 

  • プラズマガス凝縮法で作製したPt-Hf合金のPEFC電極触媒性能評価

    野村晋矢、宮崎 怜雄奈、日原岳彦

    第30回学生による材料フォーラム  2020年11月  -  2020年11月 

  • クライオミリング法を用いた LiI-LiBH4系固溶体の作製

    宮崎怜雄奈、日原岳彦

    日本金属学会2020年秋期(第167回)講演大会  2020年09月  -  2020年09月 

  • B2型CoAl粉末のケミカルリーチングによるbcc-Coの作製と磁気的性質

    柴田 卓実、宮崎 怜雄奈、日原岳彦

    ナノ学会第18回大会  2020年05月  -  2020年05月 

  • Fabrication of the Guest Li+ Ion Condutors Based on NaI-NaBH4 System

    Reona Miyazaki, Yasuto Noda, Takehiko Hihara

    2019MRS Fall Meeting  2019年12月  -  2019年12月 

  • Is Wurtzite-Type LiI Stable at Room Temperature?

    Yudai Omori, Reona Miyazaki, Takehiko Hihara

    2019MRS Fall Meeting   2019年12月  -  2019年12月 

  • NaI-NaBH4-LiI系ゲストLi+伝導体の単相作製条件の検討

    宮崎 怜雄奈、野田 泰斗、日原 岳彦

    固体イオニクス討論会  2019年11月  -  2019年11月 

全件表示 >>

工業所有権

  • ミリングポット冷却容器、それを用いた遊星型ボールミル装置及びクライオミリング方法

    特願 特願2021-073764 

    宮﨑秀俊, 宮﨑怜雄奈, 日原岳彦, 西野洋一

  • 固体電解質および固体電解質の製造方法

    特願 特願2021-057224 

    佐藤 洋介, 八木 援, 尾崎 聡, 吉田 俊広, 勝田 祐司, 宮崎 怜雄奈

  • ゲストLi+伝導体を用いた全固体リチウム二次電池

    特願 特願2020-055220 

    宮崎怜雄奈, 日原岳彦

  • 全固体リチウム二次電池

    特願 2019-058910 

    宮崎怜雄奈, 日原岳彦

  • 固体電解質及び固体電解質の製造方法

    特願 PCT/JP2019/012917 

    宮崎 怜雄奈, 大西 玄将, 尾崎 聡, 吉田 俊広, 勝田祐司, 佐藤 洋介

  • 固体電解質

    特願 PCT/JP2019/004397 

    宮崎 怜雄奈,吉田俊宏

  • Pt-Zn-Ni系コアシェル粒子

    特願 2016-064650 

    宮崎怜雄奈、日原岳彦、梅澤道久、石河瞭一、鬼頭賢信、服部達哉

学術関係受賞

  • 名古屋工業大学若手研究イノベータ優秀賞

    2019年03月   名古屋工業大学  

    受賞者:  宮﨑怜雄奈

  • Best Poster Award

    2018年07月15日   The 4th China Energy Storage Engineering Conference - China-Japan Battery Seminar  

    受賞者:  M. Shomura, R. Miyazaki, T. Hihara

  • 日本金属学会2016年秋期講演大会 優秀ポスター賞

    2016年09月22日   日本金属学会   プラズマ・ガス凝縮法で作製したNi-Zn-Pt合金ナノ粒子のPEFC触媒性能評価  

    受賞者:  梅澤 道久, 石河 瞭一, 宮崎 怜雄奈, 日原 岳彦

  • Best Poster Award

    2011年12月   The 2nd International Symposium on Advanced Synthesis and Processing Technology for  

    受賞者:  R. Miyazaki, H. Maekawa

  • Best Poster Award

    2010年05月   Asian Conference on Solid State Ionics  

    受賞者:  R. Miyazaki, N. Kumatani, K. Kanno, M. Ando, M. Matsuo, H. Takamura, S. Orimo, H. Maekawa

  • Best Poster Award

    2009年07月   International Conference on Solid State Ionics  

    受賞者:  R. Miyazaki, T. Karahashi, N. Kumatani, Y. Noda, M. Ando, H. Takamura, M. Matsuo, S. Orimo, H. Maekawa

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 高速ゲストLi+伝導体の開発と、全固体電池構築

    若手研究

    研究期間:  2020年04月  -  2022年03月 

  • Liフリー固体溶媒をベースとした新たな固体電解質開発

    若手研究

    研究期間:  2018年04月  -  2020年03月 

その他競争的資金獲得実績

  • Na化合物を固体電解質に用いた全固体Li電池の構築

    提供機関:  名古屋工業大学  学内研究推進経費 将来を見据えた研究

    研究期間:  2021年06月  -  2022年03月 

  • 高Li+伝導性Na化合物を用いた全固体Li電池の構築

    提供機関:  民間財団等  公益財団法人日比科学技術振興財団 令和3年研究開発助成

    研究期間:  2021年  -  2022年  代表者:  宮﨑怜雄奈

  • クライオボールミリング法を用いた新規ゲストLi+伝導体の開発

    提供機関:  名古屋工業大学  学内研究推進経費 将来を見据えた研究

    研究期間:  2020年07月  -  2021年03月 

  • 自己強化機能を有する、超高出力型全固体電池の構築

    提供機関:  公益財団法人 岩谷直治記念財団  第45回岩谷科学技術研究助成

    研究期間:  2019年04月  -  2020年03月  代表者:  宮崎 怜雄奈

  • Liフリー固体溶媒へのLi+イオン・多面体イオンドープによる、新規固体電解質の開発

    提供機関:  民間財団等  2018年度イオン工学振興財団助成金

    研究期間:  2018年09月  -  2019年03月 

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動

  • 2021年
    -
    2022年

    日本金属学会   講演大会委員

社会貢献活動

  • リチウム二次電池、全固体電池の市場・技術動向と今後の課題 全固体リチウム電池の基礎と最近の研究動向

    株式会社R&D支援センター  2020年10月  -  2020年10月

  • リチウム二次電池、全固体電池の市場・技術動向と今後の課題

    株式会社情報機構  2020年06月  -  2020年06月

  • 科学技術交流財団 研究会事業 「全固体電池実用化に向けた固体電解質の開発」座長

    2020年04月  -  2021年03月

  • リチウム二次電池、全固体電池の市場・技術動向と今後の課題

    技術情報協会  2019年11月  -  2019年11月

  • 中部経済新聞「研究現場発:ゲストLi+が拓く次世代電池」寄稿

    中部経済新聞  2019年08月  -  2019年08月

  • リチウム電池の全固体化と固体電解質材料開発の最近の動向

    情報機構  2019年06月  -  2019年06月

  • 無伴奏ヴァイオリン演奏会

    2019年03月  -  2019年03月

  • 全固体リチウム電池の最近の研究動向 -全固体電池の高容量化と固体電解質開発の新たな切り口-

    株式会社 情報機構  2018年04月  -  2018年04月

  • 全固体電池用高容量負極材料の開発動向と応用技術

    株式会社 技術情報協会  2018年04月  -  2018年04月

  • 2013年横浜国際音楽コンクール アマチュア部門本選出場(ヴァイオリン)

    2013年  -  2013年