川島 龍太 (カワシマ リョウタ)

KAWASHIMA Ryota

写真a

所属学科・専攻等

情報工学教育類 ネットワーク分野
情報工学専攻 ネットワーク分野

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

取得学位

  • 総合研究大学院大学 -  博士(情報学)

  • 岩手県立大学 -  修士(ソフトウェア情報学)

学外略歴

  • 2017年04月
    -
    継続中

      中部大学   非常勤講師

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

      株式会社ストラトスフィア   研究開発部   エンジニア

  • 2010年04月
    -
    2013年03月

      株式会社ACCESS   エンジニア

所属学会・委員会

  • 2018年03月
    -
    継続中

    ACM

  • 2007年10月
    -
    継続中

    IEEE

  • 2005年04月
    -
    2018年03月

    情報処理学会

  • 2004年09月
    -
    継続中

    電子情報通信学会

 

学位論文

論文

全件表示 >>

研究発表

  • Improving Apache Spark's Cache Mechanism with LRC-based Method using Bloom Filter

    Hideo Inagaki, Tomoyuki Fujii, Ryota Kawashima, Hiroshi Matsuo

    9th International Workshop on Advances in Networking and Computing (WANC)  (高山市民文化会館)  2018年11月  -  2018年11月 

  • IOVTee: A Fast and Pragmatic Software-based Zero-copy/Pass-through Mechanism for NFV-nodes

    Ryota Kawashima, Hiroshi Matsuo

    The 4th IEEE Conference on Network Function Virtulization and Software Defined Networks (NFV-SDN)  ( Due Torri Hotel in Verona, Italy)  2018年11月  -  2018年11月 

  • DPDKの処理モデルに基づくNFVノード可視化機構の開発 -負荷計測手法の一検討-

    堂垂 正裕, 田口 雄規, 川島 龍太, 中山 裕貴, 林 經正, 松尾 啓志

    電子情報通信学会 情報通信マネジメント研究会  (金沢工業大学)  2018年11月  -  2018年11月 

  • A Proxy-based Query Aggregation Method for Distributed Key-Value Stores

    Daichi Kawanami, Masanari Kamoshita, Ryota Kawashima, Hiroshi Matsuo

    5th International Sypmosium on Big Data Research & Innovation (BigR&I-2018)  (Barcelona, Spain)  2018年08月  -  2018年08月 

  • Adaptive Control of Apache Spark's Data Caching Mechanism Based on Workload Characteristics

    Hideo Inagaki, Tomoyuki Fujii, Ryota Kawashima, Hiroshi Matsuo

    5th International Symposium on Big Data Research & Innovation (BigR&I-2018)  (Barcelona, Spain)  2018年08月  -  2018年08月 

  • Apache Sparkのデータ一時保存手法の動的制御方式

    藤井 智幸,川島 龍太,松尾 啓志,稲垣 英夫

    情報処理学会 第142回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会  (北海道大学)  2018年02月  -  2018年02月 

  • PA-Flow: Gradual Packet Aggregation at Virtual Network I/O for Efficient Service Chaining

    Yuki Taguchi, Ryota Kawashima, Hiroki Nakayama, Tsunemasa Hayashi, and Hiroshi Matsuo

    The Seventh Workshop on Network Infrastructure Services (NetCloud 2017)  (Hong Kong)  2017年12月  -  2017年12月 

  • Finding the Right Way for High-Performance NFV

    Ryota Kawashima  [招待有り]

    The 19th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS 2017)  (Seoul, South Korea)  2017年09月  -  2017年09月 

  • Apache SparkのSerialize処理最適化による処理速度向上手法

    稲垣 英夫, 川島 龍太, 松尾 啓志

    2017年並列/分散/協調処理に関する『秋田』サマー・ワークショップ (SWoPP2017)  (秋田アトリオンビル)  2017年07月  -  2017年07月 

  • 分散KVSにおけるアクセス頻度を考慮したコンパクション頻度の動的変更

    川浪 大知, 川島 龍太, 松尾 啓志

    2017年並列/分散/協調処理に関する『秋田』サマー・ワークショップ (SWoPP2017)  (秋田アトリオンビル)  2017年07月  -  2017年07月 

全件表示 >>

学術関係受賞

  • IEEE NFV-SDN 2018 Best Paper Award

    2018年11月28日   IEEE Communications Society   IOVTee: A Fast and Pragmatic Software-based Zero-copy/Pass-through Mechanism for NFV-nodes  

    受賞者:  Ryota Kawashima, Hiroshi Matsuo

  • IEEE名古屋支部 優秀学生賞(指導学生)

    2018年03月30日   IEEE名古屋支部  

    受賞者:  田口 雄規

  • 第12回電子情報通信学会通信ソサイエティ論文賞(Best Paper Award)

    2017年05月19日   電子情報通信学会   Accelerating the Performance of Software Tunneling using a Receive Offload-aware Novel L4 Protocol  

    受賞者:  川島 龍太, 松尾 啓志

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 仮想ネットワーク機器を有するデータセンタにおけるサーバ資源利用に基づいた遅延予測

    若手研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  現在  代表者:  川島 龍太

共同研究実施実績

  • NFVにおけるサービスチェイン効率化に関する研究開発

    提供機関: 株式会社ボスコ・テクノロジーズ  国内共同研究

    研究期間: 2016年09月  -  現在  代表者: 川島 龍太

    仮想マシンとして実現された仮想ネットワーク機器間に流れるトラフィッ
    クのバースト性に着目し,パケット集約化による処理オーバヘッドの軽減およびOpenFlow 技術の活用による効果的なパケット配信を実現する枠組みの検討および研究開発を行う.

  • ネットワーク機能仮想化管理法に関する研究開発

    提供機関: 株式会社ボスコ・テクノロジーズ  国内共同研究

    研究期間: 2016年04月  -  2018年03月  代表者: 川島 龍太

    仮想スイッチを始めファイヤウォールなどの種々のネットワーク資源を最大限に利用できるアルゴリズムを動的かつ自動的に選択し、あらゆる環境においてネットワーク全体の仮想スイッチ資源を有効利用できる枠組みの検討および研究開発を行う。

  • 仮想スイッチにおける資源利用の高効率化に関する研究開発

    提供機関: 株式会社ボスコ・テクノロジーズ  国内共同研究

    研究期間: 2014年12月  -  2016年03月  代表者: 川島 龍太

    時々刻々と変化するトラピックに対して、仮想スイッチの資源を最大限に利用できるアルゴリズムを動的かつ自動的に選択し、あらゆる環境においてネットワーク全ての仮想スイッチ資源を有効利用できる枠組みの検討および研究開発を行う。