DAIKO Yusuke

写真a

Affiliation Department etc.

Department of Life Science and Applied Chemistry
Department of Life Science and Applied Chemistry

Title

Associate Professor

Mail Address

E-mail address

Graduate School

  • 2003.04
    -
    2006.03

    Nagoya Institute of Technology  Graduate School, Division of Engineering  Materials science and engineeringDoctor's Course  Completed

External Career

  • 2017.10
    -
    2018.09

    Université de Rennes 1   Researcher  

  • 2013.09
    -
    2014.03

    FAU   Researcher  

  • 2010.09
    -
    2010.11

    Rennes1   Mechanics and GLasses Department   Researcher  

  • 2008.04
    -
    2013.03

      Assistant Professor  

  • 2006.04
    -
    2008.03

      Researcher  

Academic Society Affiliations

  •  
     
     

    International Sol-Gel Society

Field of expertise (Grants-in-aid for Scientific Research classification)

  • Device related chemistry

  • Inorganic materials/Physical properties

  • Inorganic chemistry

 

Research Career

  • Portable ion-emission guns based on ion conducting glass fibers for bio- and medical applications

    Individual   Grant-in-Aid for Scientific Research  

    Project Year:  2013.04  -  Now

Papers

  • Palm-sized Ag+ ion emission gun operated at room temperature and non-vacuum atmosphere

    Y. Daiko, K. Segawa, K. Machida, H. Imataka, S. Honda, Y. Iwamoto

    Advanced Engineering Materials ( WILEY-V C H VERLAG GMBH )  20   1800198   2018.05  [Refereed]

    Research paper (scientific journal)   Multiple Authorship

    室温付近でも高いAg+イオン伝導性を示すAgI-Ag2O-B2O3ガラスを先鋭化して電界印加することで、室温かつ大気圧雰囲気においてもAg+イオン放出を確認しました。Ag+イオン放出寿命を電気化学水晶振動子微量天秤による電流値と振動数変化から議論しています。またAg+イオン照射後のガラス基板にはより多数のHeLa細胞が付着することを明らかにしました。兵庫県立大学との共同研究成果です。

  • Void formation/elimination and viscoelastic response of polyphenylsilsesquioxane monolith

    Y. Daiko, Y. Oda, S. Honda, Y. Iwamoto

    materials ( MDPI AG, Basel, Switzerland )  11 ( 5 ) 846   2018.05  [Refereed]

    Research paper (scientific journal)   Multiple Authorship

    SiO2(シリカ)はSiが4つの酸素で囲まれていますが、4つのうち一つをフェニル基に置き換えたものがフェニルシルセスキオキサン(PSQ)と呼ばれます。このPSQ粒子はゾル-ゲル法によって合成でき、粒子をガラス転移温度以上で加熱プレスすることで透明なバルク体に転移し、また絶縁性も比較的高いです。粒子→バルク転移時の変形挙動をin-situ解析したところ、粒子間にボイドが存在する場合は粘弾性挙動を示すのに対して、ボイドフリーのものは弾性変形すること、またボイドフリーの方がより高い絶縁耐圧を示すことを実験的に明らかにしました。

  • Ag+ ion emission from a sharp Ag2O-Al2O3-P2O5-SiO2 glass-fiber emitter

    Y. Daiko, K. Segawa, S. Honda, Y. Iwamoto

    Solid State Ionics ( ELSEVIER )  322   5 - 10   2018.04  [Refereed]

    Research paper (scientific journal)   Multiple Authorship

    成形性に優れるAg+イオン伝導性ガラスを溶融法で作製して、その先端を先鋭化して真空条件で高電圧を印加することで、ガラス先端からのAg+イオン放出を確認しました。イオン電流と電圧の関係はショットキープロットでよい直線性が見られ、Ag+イオン放出は熱電子放出と同じショットキーモデルで表されることが明らかとなりました。

  • H+ emission under room temperature and non-vacuum atmosphere from a sol-gel-derived nanoporous emitter

    Y. Daiko, S. Mizutani, K. Machida, H. Imataka, S. Honda, Y. Iwamoto

    Journal of Sol-Gel Science and Technology ( Springer )  83 ( 2 ) 252 - 258   2017.05  [Refereed]

    Research paper (scientific journal)   Multiple Authorship

    ゾル-ゲル法を用いてプロトン伝導性多孔質ガラスロッドを作製し、その先端を先鋭化して高電界を印加することで、室温の大気圧においてH+がロッド先端から放出されることを実証しました。イオン注入はこれまで真空中で実施するのが常識であったが、本成果によって大気圧下でH+注入が可能となります。ポリアニリンに対する水素付加反応より、H+放出を実証しました。細胞工学との融合や新たな医療技術への応用が見込まれます。

  • Mechanochemically induced sulfur doping via oxygen vacancy formation

    Y. Daiko, J. Schmidt, G. Kawamura, S. Romeis, D. Segets, Y. Iwamoto, W. Peukert

    Physical Chemistry Chemical Physics ( Royal society of Chemistry )  19   13838 - 13845   2017.05  [Refereed]

    Research paper (scientific journal)   Multiple Authorship

    酸化亜鉛に機械的衝撃を加えた際の表面酸素欠陥の生成量をラマン分光測定より詳細に調べ、欠陥生成のダイナミクスをFickの拡散理論を基に考察しました。インパクト頻度を加味した独自の拡散モデルによって、高い精度で自己拡散係数の決定に成功し、さらに酸素欠陥量とアニオン(S)ドープ量に線形関係を見出しました。HAADF STEM観察よりZnO(core)/ZnS(shell)構造形成を確認し、モデルの妥当性を実証しました。酸化物粒子の表面修飾法として広い応用が見込まれます。ドイツエルランゲン(FAU)および豊橋技術科学大学との共同研究成果です。

  • Development of H+ emission gun using a proton conducting glass fiber

    Y. Daiko, S. Mizutani, K. Segawa, S. Honda, Y. Iwamoto

    Proc. IEEE 16th Int. Conf. Nanotech ( IEEE Xplore )  351   2016.08  [Refereed]

    Research paper (international conference proceedings)   Multiple Authorship

    当研究室ではプロトン伝導性ガラスについて研究しています。電子銃を参考に、プロトン輸率tH=1を示すリン酸塩ガラスをファイバー化、またナノ先鋭化してH+放出エミッタ―を作製しました。ガラスエミッタ―と引抜電極間に高電圧を印加すると、ファイバー先端からH+が放出されることを実証しました。H+銃の小型化につながるのではないかと考えています。

  • Indentation-induced stress distribution and pressure effect on the resistivity of YSZ

    Y. Daiko, E. Takahashi, Y. Gueguen, H. Muto, A. Matsuda, T. Yazawa, T. Rouxel, Y. Iwamoto

    Solid State Ionics ( ELSEVIER )  286   96 - 101   2016.01  [Refereed]

    Research paper (scientific journal)   Multiple Authorship

    インデンターの圧子を電極として用いてインデンテーションと同時にインピーダンス測定を実施することで、4GPaを超える高圧力場でのYSZの電気抵抗と応力・ひずみの関係を同時測定しました。有限要素法(COMSOL)による圧力場と電場のシミュレーションから、酸化物イオンが伝導する際の活性化体積を決定しました。これまで活性化体積の評価にはアンビルセルなど高圧装置が必要で難度が高く、イオン伝導に対する活性化体積はほとんど評価されていません。本手法は試料をステージにおいて圧入するだけで非常に簡便・迅速であり、さらに従来とは異なり、力学応答(弾性率など)と電気抵抗の同時評価が可能という非常に大きな利点があります。燃料電池電解質の劣化加速試験など、本手法の適用範囲が広がっています。

  • Polymer-derived amorphous silica-based inorganic-organic hybrids having alkoxy groups: intermediates for synthesizing microporous amorphous silica materials

    M. N. M. Sokri, T. Onishi, Z. Mouline, Y. Daiko, S. Honda and Y. Iwamoto

    Journal of Ceramics Society Japan   123   732 - 736   2015.09  [Refereed]

    Research paper (scientific journal)   Multiple Authorship

  • Synthesis and characterization of organoamine-functionalized amorphous silica materials for CO2-sensitive membranes

    Mouline Zineb, Asai Kota, Kawai Akira, Sekimoto Koichiro, Onishi Takahiro, Daiko Yusuke, Honda Sawao, Iwamoto Yuji

    J. Ceramic Society of Japan   123   732 - 738   2015.09  [Refereed]

    Research paper (scientific journal)   Multiple Authorship

  • Hydrophobicity of amorphous silica-based inorganic-organic hybrid materials derived from perhydropolysilazane chemically modified with alcohols

    M. N. M. Sokri, T. Onishi, Y. Daiko, S. Honda and Y. Iwamoto

    Microporous and Mesoporous Materials ( ELSEVIER )  215 ( 1 ) 183 - 190   2015.05  [Refereed]

    Research paper (scientific journal)   Multiple Authorship

display all >>

Books

  • Handbook of Sol-Gel Science and Technology 2nd edition

    Yusuke Daiko, Yuji Iwamoto (Part: Allotment Writing )

    SPringer  2016.07 ISBN: 978-3-319-32100-4

    ゾル-ゲル法で作製した多孔質ガラスのプロトン伝導性に関する研究成果をまとめて概説した。

Presentations

  • Alkaline-earth metal ion dependence of H+ implantation in phosphate glass by in-situ electrochemical FT-IR analysis

    S. JEONG, Y. DAIKO, S. HONDA, Y. IWAMOTO

    The 34th International Japan-Korea Seminar on Ceramics  2017.11  -  2017.12 

  • 先鋭化したイオン伝導性ガラスを用いた局所イオン注入技術の開発

    大幸裕介  [Invited]

    第30回 日本セラミックス協会秋季シンポジウム  (神戸大学)  2017.09  -  2017.09  日本セラミックス協会

  • 機械的衝撃によって生成する表面ZnO酸素欠陥量のFickモデル解析および有機分子修飾

    大幸 裕介, Schmidt Jochen, Peukert Wolfgang, 岩本 雄二

    第30回 日本セラミックス協会秋季シンポジウム  (神戸大学)  2017.09  -  2017.09  日本セラミックス協会

  • in-situ electrochemical FT-IR analysis for proton implantation dynamics of phosphate glasses under pseudo fuel cell operating condition

    S. Jeong, Y. Daiko, S. Honda and Y. Iwamoto

    第49回日本セラミックス協会ガラス部会夏季若手セミナー  (おたる自然の村)  2017.08  -  2017.08  日本セラミックス協会ガラス部会

  • Ag+ ion emission and formation of Ag nanoparticles utilizing an Ag+ ion conducting glass fiber

    K. Segawa, S. Mizutani, Y. Daiko, S. Honda and Y. Iwamoto,

    第49回日本セラミックス協会ガラス部会夏季若手セミナー  (おたる自然の村)  2017.08  -  2017.08  日本セラミックス協会ガラス部会

  • Elastro-Prastic deformation and monolith formation of phenylsilsesquioxane particles

    Y. Oda, Y. Daiko, S. Honda and Y. Iwamoto

    第49回日本セラミックス協会ガラス部会夏季若手セミナー  (おたる自然の村)  2017.08  -  2017.08  日本セラミックス協会ガラス部会

  • In-situ electrochemical FTIR analysis for H+ implantation dynamics of phosphate glasses under hydrogen atmosphere

    S. Jeong, Y. Daiko, Y. Iwamoto

    CerSJ-GOMD Joint Symposium on Glass Science and Technologies  (Kyoto University)  2016.11  -  2016.11 

  • H+ emission using nano-sharpened proton conducting glass fiber

    S. Mizutani, Y. Daiko, S. Honda, Y. Iwamoto

    CerSJ-GOMD Joint Symposium on Glass Science and Technologies  (Kyoto University)  2016.11  -  2016.11 

  • Proton implantation and in-situ creep observation for a proton conducting glass under fuel cell operating conditions

    Kato Junki, Daiko Yusuke, Honda Sawao, Rouxel Tanguy, Iwamoto Yuji

    7th International Workshop on Advanced Ceramics  (Limoges, France)  2016.09  -  2016.09 

  • Ion emission from nano-sharpening glass fiber

    Daiko Yusuke, Mizutani Satoshi, Segawa Kyohei, Honda Sawao, Iwamoto Yuji

    7th International Workshop on Advanced Ceramics  (Limoges, France)  2016.09  -  2016.09 

display all >>