南雲 亮 (ナグモ リョウ)

NAGUMO Ryo

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 生命・物質化学分野
生命・応用化学専攻 生命・物質化学分野

職名

准教授

研究分野・キーワード

化学工学、計算化学

出身大学院

  •  
    -
    2007年09月

    東京大学  工学系研究科  化学システム工学専攻博士課程  修了

取得学位

  • 東京大学 -  博士(工学)

専門分野(科研費分類)

  • 化工物性・移動操作・単位操作

  • 反応工学・プロセスシステム

 

研究経歴

  • 分子動力学シミュレーションを利用した水透過膜の選択的輸送メカニズム解析

    研究期間:  2010年04月  -  現在

  • 二酸化炭素の高効率回収を実現する分離材料の理論設計

    研究期間:  2007年09月  -  現在

  • 計算化学手法による分離膜の材料設計アプローチ開発

    研究期間:  2004年10月  -  現在

論文

  • Local Flow around a Tiny Bubble under a Pressure-Oscillation Field in a Viscoelastic Worm-Like Micellar Solution

    Shuichi Iwata, Tsutomu Takahashi, Takashi Onuma, Ryo Nagumo, and Hideki Mori

    Journal of Non-Newtonian Fluid Mechanics   263   24 - 32   2019年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Molecular Dynamics Study of the Molecular Mobilities and Side-Chain Terminal Affinities of 2-Methoxyethyl Acrylate and 2-Hydroxyethyl Methacrylate

    Ryo Nagumo, Atsushi Shimizu, Shuichi Iwata, and Hideki Mori

    Polymer Journal     2018年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Experimental Investigation of a Rising Bubble in Aqueous Gelatin Solution under Gelation Process

    Shuichi Iwata, Yasuhiro Saiki, Ryo Nagumo, Hideki Mori, Masayoshi Fuji, and Ruben Labandera Menchavez

    日本レオロジー学会誌 ( 日本レオロジー学会 )  46 ( 3 ) 107 - 115   2018年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Molecular Dynamics Study of the Correlation between the Solvation Structures and the Antifouling Properties of Three Types of Betaine Moieties

    Ryo Nagumo, Ryoya Suzuki, Takaaki Miyake, Haruki Furukawa, Shuichi Iwata, and Hideki Mori

    Journal of Chemical Engineering of Japan   50 ( 5 ) 333 - 338   2017年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 大型翼を備えた気液攪拌層における高粘度流体の通機動力と物質移動

    灰塚 真浩、亀井 登、加藤 禎人、神谷 昌孝、古川 陽輝、南雲 亮

    化学工学論文集   42 ( 5 ) 174 - 178   2016年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Computational Chemistry Study on the Molecular Interactions for CO2 Loaded Diethylene Glycol, Triethylene Glycol, and Diethylene Glycol Dimethyl Ether

    Yukihiro Muraki, Ryo Nagumo, Hidetaka Yamada, Shuichi Iwata, and Hideki Mori

    Journal of the Japan Petroleum Institute   59 ( 5 ) 211 - 218   2016年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Molecular Dynamics Simulation Study on CO2 Physical Absorption Mechanisms for Ethylene-Glycol-Based Solvents Using Free Energy Calculations

    Ryo Nagumo, Yukihiro Muraki, Shuichi Iwata, Hideki Mori, Hiromitsu Takaba, and Hidetaka Yamada

    Industrial & Engineering Chemistry Research   55 ( 29 ) 8200 - 8206   2016年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 砲弾ボブの押し込み反力による平面伸張粘度の機械的測定手法の開発

    杉原 幸信、久保田 航、吉武 裕美子、高橋 勉、岩田 修一、南雲 亮、森 秀樹

    日本レオロジー学会誌   44 ( 3 ) 175 - 183   2016年07月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 振動場における微小液滴の内部流動に関する検討

    山内 聡子、岩田 修一、吉武 裕美子、南雲 亮、森 秀樹、梶谷 忠志

    日本レオロジー学会誌   44 ( 3 ) 137 - 141   2016年07月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 2枚羽根大型パドル翼のMetzner-Otto定数の推算

    古川 陽輝、中村 紀久、加藤 禎人、南雲 亮、多田 豊

    化学工学論文集   42 ( 3 ) 92 - 95   2016年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

総説・解説記事

  • 逆浸透膜のファウリングシミュレーション

    高羽 洋充、南雲 亮

    膜 ( 日本膜学会 )  39 ( 6 ) 366 - 371   2014年11月

    総説・解説(その他)   共著

  • 自由エネルギーの理論計算による人工膜の素材設計アプローチ開発

    南雲 亮

    膜 ( 日本膜学会 )  38 ( 6 ) 290 - 296   2013年11月

    総説・解説(その他)   単著

  • 分子動力学法による自由エネルギー計算を利用したナノ細孔内拡散係数予測法の開発

    南雲 亮、高羽 洋充、中尾 真一

    アンサンブル ( 分子シミュレーション研究会 )  9 ( 4 ) 61 - 64   2007年10月

    総説・解説(その他)   共著

研究発表

  • 膜分離プロセスへの数値計算法の応用:ミクロとマクロの両面から

    南雲 亮   [招待有り]

    分離技術会 第14回東海地区分離技術講演会  (名古屋工業大学)  2018年11月  -  2018年11月  分離技術会

  • 分子動力学法によるエチレングリコール系イミダゾール溶媒中のCO2拡散メカニズム解析

    南雲 亮、村木 幸弘、山田 秀尚、岩田 修一、森 秀樹

    膜シンポジウム2018  (神戸)  2018年11月  -  2018年11月 

  • 耐ファウリング性能の発現因子を計算化学手法によって検証する: 非イオン性マテリアルを例に

    南雲 亮

    化学工学会 第50回秋季大会  (鹿児島)  2018年09月  -  2018年09月 

  • ビニルピロリドン系オリゴマーの極性が拡散速度に与える影響: 計算化学的解析

    山本 健太、南雲 亮、岩田 修一、森 秀樹

    化学工学会 第50回秋季大会  (鹿児島)  2018年09月  -  2018年09月 

  • Molecular dynamics simulation study on the correlations between macroscopic properties and microscopic interactions of CO2 physical absorbents

    Ryo Nagumo  [招待有り]

    8th International Symposium on Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation (MTMS '18)  2018年09月  -  2018年09月 

  • CO2溶解条件下におけるエチレングリコール類似化合物のミクロ相互作用:計算化学的解析

    南雲 亮、村木 幸弘、山田 秀尚、岩田 修一、森 秀樹

    分離技術会 年会2018  (習志野)  2018年05月  -  2018年05月 

  • 分子動力学法を利用した抽出剤のミクロ相分離挙動解析

    佐藤 彩夏、南雲 亮、岩田 修一、森 秀樹

    分離技術会 年会2018  (習志野)  2018年05月  -  2018年05月 

  • ビニルピロリドン類似化合物の極性基に着目した水和ダイナミクスの計算化学的解析

    南雲 亮、山本 健太、岩田 修一、森 秀樹

    日本膜学会 第40年会  (東京)  2018年05月  -  2018年05月 

  • ビニルピロリドン系オリゴマーの重合度と拡散係数の関係: 計算化学的解析

    山本 健太、南雲 亮、岩田 修一、森 秀樹

    化学工学会 第83年会  (吹田)  2018年03月  -  2018年03月 

  • 有機ファウラントの極性が膜素材の耐ファウリング性能に与える影響: 計算化学的解析

    南雲 亮、清水 淳史、岩田 修一、森 秀樹

    膜シンポジウム2017  (富山)  2017年11月  -  2017年11月 

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 第49回 東海化学工業会賞

    2014年05月   東海化学工業会  

    受賞者:  南雲 亮

  • 日本膜学会膜学研究奨励賞

    2013年05月   日本膜学会  

    受賞者:  南雲 亮

  • Merck Grand Award, 10th International Meeting on Information Display

    2010年10月   Merck Advanced Technologies Ltd.  

    受賞者:  Hiroaki Onuma et al., Tohoku University

  • 優秀ポスター賞

    2007年09月   化学工学会 分離プロセス部会  

    受賞者:  南雲 亮、高羽 洋充、中尾 真一

  • Poster award, 4th COE 21 International Symposium

    2006年10月   The University of Tokyo  

    受賞者:  Ryo Nagumo, Hiromitsu Takaba, Shin-ichi Nakao

 
 

学会・委員会等活動

  • 2015年04月
    -
    現在

    化学工学会   産学官連携センター グローバルテクノロジー委員会 事務局(庶務幹事)

  • 2017年03月
    -
    現在

    化学工学会   東海支部 幹事

  • 2018年
    -
    現在

    化学工学会   膜工学分科会「膜工学ニュース」編集長

  • 2018年05月
     
     

    分離技術会   分離技術会年会2018 実行委員

  • 2017年09月
     
     

    化学工学会   第49回秋季大会「膜工学・膜プロセス開発の最前線」セッションオーガナイザー

  • 2016年05月
     
     

    分離技術会   分離技術会年会2016 セッションチェア

  • 2015年01月
    -
    2016年12月

    化学工学会   化工誌トピックス委員

  • 2014年05月
     
     

    分離技術会   分離技術会年会2014 実行委員

  • 2012年04月
    -
    現在

    分離技術会   東海地区幹事