渡辺 研司 (ワタナベ ケンジ)

WATANABE Kenji

写真a

所属学科・専攻等

社会工学教育類 経営システム分野/創造工学教育類
社会工学専攻 経営システム分野

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

リスクマネジメント、事業継続マネジメント、重要インフラ防護

出身大学

  • 1982年04月
    -
    1986年03月

    京都大学   農学部   林学科(砂防工学)   卒業

出身大学院

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    早稲田大学  情報生産システム研究科  博士課程  修了

  • 1990年08月
    -
    1991年08月

    Southern Methodist University  経営学大学院  経営学修士課程  修了

取得学位

  • 早稲田大学 -  工学博士

  • サザンメソジスト大学経営大学院 -  経営学修士

学外略歴

  • 2003年04月
    -
    2010年03月

      長岡技術科学大学   工学部経営情報学科、システム安全専攻   准教授

  • 2002年08月
    -
    2003年03月

      IBMビジネスコンサルティングサービス   Financial Services   アソシエイト・パートナー

  • 1997年08月
    -
    2002年07月

      プライスウォーターハウスクーパース   金融インダストリー事業部   ディレクター

  • 1986年04月
    -
    1997年07月

      富士銀行   数寄屋橋支店、国際事務部、国際企画部、システム開発部   ヴァイスプレジデント、調査役

所属学会・委員会

  • 2015年03月
    -
    継続中

    内閣サイバーセキュリティ戦略本部重要インフラ専門調査会

  • 2020年04月
    -
    継続中

    国立防災科学技術研究所

  • 2020年04月
    -
    継続中

    International Journal of Critical Infrastructure Protection (IJCIP)

  • 2018年08月
    -
    継続中

    内閣府SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)

  • 2018年01月
    -
    継続中

    Future Vision Committee (DRII: Disaster Recovery Institute International)

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • 社会システム工学・安全システム

  • その他

 

研究経歴

  • タイ王国の産業集積地におけるArea-BCMの導入を通じた地域の災害レジリエンス強化

    その他の研究制度  

    研究期間:  2017年08月  -  2023年03月

  • ASEAN諸国におけるArea-BCMの研究と実装

    国内共同研究   その他の研究制度  

    研究期間:  2014年04月  -  現在

  • 大規模災害時の食品コード体系簡素化による緊急支援供給・管理の効率化

    個人研究   その他の研究制度  

    研究期間:  2012年10月  -  現在

  • APEC諸国の中小企業におけるBCP策定状況調査

    その他の試験研究機関  

    研究期間:  2012年08月  -  2013年03月

  • 事業継続マネジメントと企業価値・市場競争力

    国内共同研究   その他の試験研究機関  

    研究期間:  2009年04月  -  現在

  • 情報システム・リスクマネジメント

    その他の研究制度  

    研究期間:  2003年04月  -  現在

  • 事業継続マネジメントにおける成熟度評価モデル

    その他の研究制度  

    研究期間:  2003年04月  -  現在

  • 重要インフラ防護

    その他の研究制度  

    研究期間:  2003年04月  -  現在

学位論文

  • 金融ビジネスにおける情報システムリスク・マネジメント体制の構築

    渡辺研司

      2005年03月(年月日)  [査読有り]

    学位論文(博士)   単著

論文

  • A Stakeholder Analysis Approach for Area Business Continuity Management: A Systematic Review

    Sansanee Sapapthai, Natt Leelawat, Jing Tang, Akira Kodaka, Chatpan Chintanapakdee, Eri Ino, Kenji Watanabe

    Journal of Disaster Research ( Fuji Press )  15 ( 5 ) 588 - 598   2020年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    Area-Business Continuity Management (Area-BCM) is a new disaster management concept developed by the Japan International Cooperation Agency in 2013. One of the greatest challenges encountered in achieving a successful implementation of Area-BCM is the public–private partnership. Since stakeholder analysis is the key to understanding the complex relationships among all the parties involved, a variety of methods for and approaches to stakeholder analysis have been developed in several fields and with different objectives. Although studies on stakeholder analysis are attracting more attention, the number of studies on stakeholder analysis in the field of disaster management is still limited. The purpose of this study is to explore several stakeholder analysis methods applied to disaster management, particularly Area-BCM. By reviewing research articles in the ScienceDirect database from 1990 to 2018, this review article categorizes stakeholder analysis methods into three groups: (1) identifying stakeholders, (2) differentiating and categorizing stakeholders, and (3) investigating relationships among stakeholders. This study also identifies the strengths, weaknesses, opportunities, and threats (i.e., performs a SWOT analysis) of each existing method. Further, this study promotes the significance and advantages of stakeholder analysis in disaster management, especially in Area-BCM-related projects by helping researchers and practitioners to understand the existing stakeholder analysis methods and select the appropriate one.

  • PPP(Public-Private Partnership)-Based Cyber Resilience Enhancement Efforts for National Critical Infrastructure Protection in Japan

    Kenji Watanabe

    Lecture Notes in Computer Science: Critical Information Infrastructures Secuirty ( Springer )  LNCS ( 11260 ) 169 - 178   2019年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • Public Private Paertnership Operational Model - A Conceptual Study on Implementing Scientific-Evidence-Based Integrated Risk Management at Regional Level

    Yanling Lee, Kenji Watanabe, Wei-Sen Li

    Journal of Disaster Research ( Fuji Technology Press )  14 ( 4 ) 667 - 677   2019年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Building Private Sector Resilience: Directions After the 2015 Sendai Framework

    Masahiro Haraguchi, Upmanu Lall, Kenji Watanabe

    Journal of Disaster Research ( Fuji Technology Press )  11 ( 3 ) 535 - 543   2016年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • PPP(Public-Private Partnership)-Based Business Continuity of Regional Banking Services for Communities in Wide-Area Disasters

    Kenji Watanabe, Takuya Hayashi

    Critical Information Infrastructure Security, CRITIS 2015, LNCS 9578     67 - 76   2016年  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 激甚化・複合化する災害と中小企業の事業継続力のあるべき姿

    渡辺研司

    商工金融 ( 商工総合研究所 )    26 - 43   2020年09月  [招待有り]

    研究論文(その他学術会議資料等)   単著

    近年、企業経営に影響を及ぼす災害リスクは多様化、複合化しており、特にここ数年で台頭しているのが、気候変動に伴い激甚化、頻発化する風水害リスクである。そして社会経済活動における脆弱性と災害感応度の増加と相まって、風水害による被害も更に甚大さを増し、その被害の連鎖拡大の範囲も広がり、また復旧・復興までの時間軸も長期化している。
    特に中小企業の経営については、平時から人材不足や事業継承問題などを抱え、海外の廉価製品やサービスとの競合などにも晒されている状況では、防災対策やBCP(事業継続計画)に基づいた備えを行うことの優先順位は劣後しがちであり、BCP策定率もここ10年近く低迷したままである。その結果、災害に対する脆弱性が高まり、そこに外力としての激甚化・複合化した災害が襲い掛かり、その被害はサプライチェーンを経由して国内外の取引先にも波及するため、個別企業で対応できるレベルをはるかに超えてしまうような危機的状況になりつつあると考えられる。
    このような危機的状況が日常化する中、中小企業庁、そして経済団体他もこれまでの企業防災の考え方の枠組みを超え、企業経営そのもののレベルでの対応を各中小企業に開始してもらいやすい事業継続力強化の仕組みの提供を、新たな法制度の整備も含めて集中的に開始した。
    事業継続力強化の取組みは、自らの生業(なりわい)を改めて見つめなおすことから始まる。そして、迫りくるリスクや刻々と変化する被害状況に有限の経営資源で対峙するための知恵と工夫を絞り出し、自助の限界があるのであれば関連企業との連携を手配する。また、事業や取引形態の転換が有効と考えれば、そのタイミングを逃さない。このような「転禍為福(災い転じて福と為す)」を実現するためには、平時の変化への対応の柔軟性を積み上げ、最終的には大規模災害にも対応できる体制を日々の経営を通じて構築し続けなければならない。経営者は激
    甚災害時でも経営者としての誇り、勇気、そして覚悟をしっかりと持ち続けることが肝要である。

  • 不確実環境下におけるプログラムミッション遂行のための動的状況 マネジメントに関する研究

    濱田 佑希, 渡辺 研司, 越島 一郎

    国際プロジェクト・プログラムマネジメント学会誌 ( 国際プロジェクト・プログラムマネジメント学会 )  12 ( 1 ) 87 - 109   2017年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • On the Complexity of Cybersecurity Exercises Proportional to Preparedness

    Tomomi Aoyama, Toshihiko Nakano, Ichiro Koshijima, Yoshihiro Hashimoto, and Kenji Watanabe

    Journal of Disaster Research ( Fuji Press )  12 ( 5 ) 1081 - 1090   2017年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Developing a Cyber Incident Communication Management Exercise for CI Stakeholders

    Tomomi Aoyama, Kenji Watanabe, Ichiro Koshijima, Yoshihiro Hashimoto

    The 11th International Conference on Critical Information Infrastructure Security     2016年10月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Business Continuity Management (BCM) for Regional Financial Functionalities in Wide-Area Disasters

    Kenji Watanabe

    Journal of DIsaster Research ( 富士出版 )  10 ( 特別 ) 777 - 782   2015年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

全件表示 >>

著書

  • 災害対策全書[別冊]「国難」となる巨大災害に備える

    河田惠昭、他 (担当: 分担執筆 )

    ぎょうせい  2015年09月

  • Natural Disaster Management in the Asia Pacific: Public Policy Perspectives

    Kenji Watanabe (担当: 共著 , 担当範囲: Chapter 10: Regional Business Continuity Management Through Public-Private Partnership in Japan )

    Springer  2014年09月

  • 備えるBCMから使えるBCMへ~持続的な企業価値の創造に向けて~

    大林厚臣、渡辺研司、加賀谷哲之、成田庄二、吉野太郎、荒井英夫、丹羽一晃、辻信行 (担当: 共著 )

    慶應義塾大学出版会  2013年07月 ISBN: 978-4766420524

  • BCMS(事業継続マネジメントシステム)-強靭でしなやかな組織をつくる-

    渡辺研司、BCM/ERM融合研究会 (担当: 共著 )

    日刊工業新聞社  2013年03月 ISBN: 4526070548

    ISO22301が公表され、BCMのさらに上の概念のBCMSの普及が期待される段階にきている。本書は、ISO22301の解説はもちろん、その背景事情や関係するマネジメント等を解説し、危機に直面した時に真に役立つBCMSを組織に定着させ、機能させるノウハウをわかりやすく解説していく。

  • ISO22301:2012事業継続マネジメントシステム要求事項の解説

    中島一郎、渡辺研司、櫻井三穂子、岡部伸一 (担当: 共著 )

    日本規格協会  2013年03月 ISBN: 4542701697

    事業継続における主な各国規格等の知見を踏まえて作成された国際規格・ISO22301。本規格開発に参画した専門家による逐条解説に加え、策定に至る背景や開発経緯、実践に向けたQ&Aを収録。

  • ITリスク学 「情報セキュリティ」を超えて

    佐々木良一、氏田博士、小松文子、瀬戸洋一他、渡辺研司 (担当: 共著 )

    共立出版  2013年02月 ISBN: 978-4-320-12330-4

総説・解説記事

  • 新型コロナショックが示したSCRMの課題:危機対応を通じ「転禍為福」に

    渡辺研司

    リスクTODAY ( RIMS リスクマネジメント協会 )  120   2020年05月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 中小企業におけるサイバーセキュリティの課題と今後の方向性

    渡辺研司

    日立総研 ( 日立総合計画研究所 )  14 ( 1 ) 30 - 35   2019年05月  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 漁業におけるBCP(事業継続計画)策定・導入・運用の実際

    渡辺研司

    漁港漁場漁村研報 ( 一般財団法人 漁港漁場漁村総合研究所(JIFIC) )  142   4 - 6   2017年10月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 決済業務の継続体制:求められる「付加価値」と「完全性」

    渡辺研司

    金融ジャーナル ( 金融ジャーナル社 )  57 ( 10 ) 18 - 21   2016年10月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 臨海部の地域レジリエンスの構築:組織間連携に基づく地域型BCMを活用した企業のレジリエンス強化

    渡辺研司

    地域開発 ( 日本地域開発センター )  610   50 - 54   2015年10月  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • サプライチェーンの対災害レジリエンスを高めるロジスティクスのあり方

    渡辺研司

    高速道路と自動車 ( 高速道路調査会 )  58 ( 9 ) 5 - 8   2015年09月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 地域金融機能の維持に向けて

    渡辺研司

    月刊金融ジャーナル ( 日本金融通信社ニッキン )  ( 2015年3月 ) 60 - 63   2015年02月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 企業の事業継続と地域経済のレジリエンス

    渡辺研司

    地銀協月報 ( 全国地方銀行協会 )  ( 2015年2月 ) 8 - 14   2015年02月

    総説・解説(その他)   単著

  • 多様化する災害リスクとこれからのロジスティクス分野におけるリスクマネジメントのあり方

    渡辺研司

    流通ネットワーキング ( 日本工業出版 )  ( 276 ) 19 - 23   2013年03月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • Enhancement of Social Resilience with Community-Based BCM (BCM) Leveraged by PPP (Public-Private Partnership)

    Kenji Watanabe

    APEC SME Monitor ( APEC SME Crisis Management Center )  7 ( NOV/2012 ) 13 - 16   2012年11月

    総説・解説(商業誌)   単著

全件表示 >>

研究発表

  • ネットワーク型社会の自然災害対応に求められる運輸事業者のレジリエンス~個社のBCPから運輸モード間連携による相互運用性の確立へ~

    渡辺研司  [招待有り]

    運輸事業の安全に関するシンポジウム2020  (東京・渋谷)  2020年10月  -  2020年10月  国土交通省

  • 製造業サプライチェーンにおける新型コロナウイルス完成賞拡大の影響と今後の課題

    渡辺研司

    新型コロナウイルスによる製造業サプライチェーンへの影響と展望  (Webinar(主に在タイ日系製造業向け))  2020年04月  -  2020年04月  JICAタイ事務所・JST-SATREPSプロジェクト

  • 佐賀鉄工所油流出事故検証

    渡辺研司  [招待有り]

    NHK佐賀  (佐賀県・佐賀氏)  2020年02月  -  2020年02月  NHK佐賀放送局

  • Regional Resilience Enhancement through Establishment of Area-BCM at Industry Complexes in Thailand

    Kenji Watanabe

    Maintenance and Resilience ASIA  (Bangkok, Thailand)  2019年10月  -  2019年10月  Japan Management Association (JMA)

  • Regional Resilience Enhancement through Establishment of Area-BCM at Industry Complexes in Thailand

    Kenji Watanabe  [招待有り]

    APEC Reseilience Week  (Taipei)  2019年09月  -  2019年10月  Asia-Pacific Economic Cooperation (APEC)

  • データ利活用による事業継続マネジメント(BCM)の高度化への期待:セキュリティ・セーフティを包含したレジリエンスの向上へ

    渡辺研司  [招待有り]

    第1回デ活シンポジウム  (東京・平河町)  2019年07月  -  2019年07月  防災科学技術研究所・首都圏レジリエンス防災センター

  • 多様化・広域化する自然災害へのレジリエンス強化の重要性:個別BCPの限界と地域連携型BCMの重要性

    渡辺研司  [招待有り]

    自然災害対策セミナー2019  (東京)  2019年02月  -  2019年02月  MS&AD

  • PPP(Public-Private Partneship)-based Cyber Resilience Enhancement Efforts for National Critical Infrastructures Protection in Japan

    Kenji Watanabe

    CRITIS 2019  (Kaunas, Lithuania)  2018年09月  -  2019年09月  CRITIS

  • 今、サイバーセキュリティとどう向き合うべきか:個別事案対応から全社危機管理体制に基づく組織レジリエンス強化へ

    江連正一郎、渡辺研司  [招待有り]

    重要インフラサイバーセキュリティカンファレンス  (東京・品川)  2018年02月  -  2018年02月  重要インフラサイバーセキュリティコンファレンス実行委員会

  • Financial Initiatives and Multi-stakeholder Partnerships for Disaster Risk Reduction and Resilience

    渡辺研司他  [招待有り]

    世界防災フォーラム/防災ダボス会議@仙台2017  (宮城・仙台)  2017年11月  -  2017年11月  世界防災フォーラム実行委員会

全件表示 >>

その他研究活動

  • 岩手県大槌町復興状況調査

    フィールドワーク  2014年02月  -  2014年02月

  • ハリケーンサンディ調査団

    フィールドワーク  2013年04月  -  2013年05月

  • 新潟県中越沖地震調査団

    フィールドワーク  2008年03月  -  2008年03月

  • 新潟県中越地震調査団

    フィールドワーク  2006年04月  -  2006年04月

学術関係受賞

  • 情報セキュリティ文化賞

    2016年03月   情報セキュリティ大学院大学  

    受賞者:  渡辺研司

    国内外の企業や行政機関等との協働により長年にわたり実践的なリスクマネジメントの研究を推進していることに加えISO/TC223WG1国際議長等セキュリティに関する国際標準やセキュリティガバナンス分野の有識者として多方面にわたる政策提言に寄与している他サイバーセキュリティ戦略本部重要インフラ専門調査会会長等をつとめるなど専門的・技術的な立場から我が国全体の重要インフラ防護に資するサイバーセキュリティ政策に多大な貢献をした。

  • 日本セキュリティ・マネジメント学会賞

    2003年06月   日本セキュリティ・マネジメント学会  

    受賞者:  渡辺研司

その他競争的資金獲得実績

  • タイ王国産業集積地のレジリエンス強化を目指したArea-BCM態勢の構築

    提供機関:  JST, JICA  SATREPS 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(JST/JICA)

    研究期間:  2018年04月  -  2023年03月  代表者:  渡辺研司

    本研究は、東南アジアの生産・物流拠点としてますます重要性が増す一方で、気候変動の激化による災害リスクの急増にさらされているタイ王国を対象とし、Area-BCM(地域型事業継続マネジメント)の枠組みを用いて、産業集積地の災害レジリエンスを向上させることを目的とする。具体的には、主要工業団地における利害関係者共通の情報共有と意思決定の仕組みを構築するために、①災害リスクのモニタリング・評価システム、②「BIAに関わる分析手法の確立と分析結果情報共有のためのシステム」、③Area-BCMの体制、の構築・運用を行う。また、これらの機能を統合したツール・キットを標準化することで相互運用性を確保、個別BCMの限界の補完、地域全体の災害レジリエンス強化を目指す。更にサプライチェーンで繋がるASEAN諸国等への展開により、災害リスクに備える広域な投資循環の形成も目指す。

  • 災害感応度の高い都市圏の災害連鎖の動的予測を可能にするシナリオ策定

    提供機関:  JST(科学技術振興機構)  RISTEX SDGsの達成に向けた共創的研究開発プログラム

    研究期間:  2020年10月  -  2022年09月  代表者:  渡辺研司

    災害インパクトの可視化技術と災害シナリオ生成技術を基盤とし、広域首都圏・関西圏、そして両者を繋ぐ中部圏の災害対応を統括する自治体や中核企業他との対話を重ねながら、大規模災害の災害連鎖による社会経済活動の途絶や不具合の増幅に伴い発生する混乱を動的に予測するモデルとツールを試作する。

 

教育活動に関する受賞

  • 名古屋工業大学教員評価優秀賞

    2019年05月   名古屋工業大学  

 

学会・委員会等活動

  • 2015年04月
    -
    現在

    内閣サイバーセキュリティ戦略本部重要インフラ専門調査会   会長

  • 2020年04月
    -
    現在

    国立防災科学技術研究所   客員研究員

  • 2020年04月
    -
    現在

    International Journal of Critical Infrastructure Protection (IJCIP)   編集委員

  • 2018年08月
    -
    現在

    内閣府SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)   SPD(サブ・プログラムディレクター)

  • 2018年01月
    -
    現在

    Future Vision Committee (DRII: Disaster Recovery Institute International)   Committee member

  • 2016年11月
    -
    現在

    国土交通省・運輸審議会・運輸安全確保部会   専門委員

  • 2015年01月
    -
    現在

    ISO/TC292(セキュリティ・レジリエンス技術委員会)   Expert

  • 2017年04月
    -
    現在

    中小企業庁・事業継続力強化計画の詳細制度設計のための検討会   座長

  • 2006年01月
    -
    現在

    内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)重要インフラ分野横断演習検討会   副座長

  • 2015年07月
    -
    現在

    日本電気協会・情報専門部会   部会長

全件表示 >>

社会貢献活動

  • 内閣官房・サイバー演習国際ワークショップ

    内閣官房サイバーセキュリティセンター  サイバー演習国際ワークショップ  (東京)  2019年11月  -  2019年11月

  • 協同組合金沢問屋センター:人材育成セミナー

    協同組合金沢問屋センター  中小企業におけるBCP策定メリット  (石川県・金沢)  2019年09月  -  2019年12月

  • NHKスペシャル 首都圏直下地震のイベントツリー

    NHK  NHKスペシャル  (東京・渋谷)  2019年08月  -  2019年12月

  • 日本政策投資銀行・格付クラブ講演

    日本政策投資銀行  サイバーセキュリティ対策の最前線  (東京)  2019年07月  -  2019年07月

  • セキュリティ・ミニキャンプ in 愛知2019

    セキュリティキャンプ協議会事務局  セキュリティミニキャンプ一般講座  (愛知・名古屋)  2019年06月  -  2019年10月

  • 第9回自治体災害対策全国会議

    自治体災害対策全国会議実行委員会  パネルディスカッション「大規模風水害からの社会経済機能の確保」  (三重県・四日市)  2019年06月  -  2019年10月

  • 富士通・FF2019ビジネスセミナー

    富士通  重要インフラを支えるサイバーセキュリティ  (東京)  2019年05月  -  2019年05月

  • 経済産業省・地域未来牽引企業サミット in 広島

    経済産業省  中小企業強靭化対策パネルディスカッション  (広島)  2019年05月  -  2019年05月

  • JICA課題別研修「迅速な復旧、よい良い復興に向けた防災」研修

    JICA関西・国際防災研修センター  企業におけるBCPにつぃて  (JICA関西)  2019年04月  -  2019年04月

  • 内閣官房・今こそ問われる「災害に強い企業」作りの課題と展望

    内閣官房国土強靭化推進室  中小企業等を対象とした事業継続等に係るシンポジウム  2019年02月  -  2019年02月

全件表示 >>