高須 昭則 (タカス アキノリ)

TAKASU Akinori

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 ソフトマテリアル分野/創造工学教育類
生命・応用化学専攻 ソフトマテリアル分野

職名

教授

出身大学

  •  
    -
    1993年03月

    名古屋大学   農学部   林産学   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1998年03月

    名古屋大学  -  林産学博士課程  修了

取得学位

  • 名古屋大学 -  修士(農学)

  • 名古屋大学 -  博士(農学)

学外略歴

  • 2003年04月
    -
    2004年03月

      カリフォルニア工科大学   研究員

  • 1997年04月
    -
    1998年03月

      日本学術振興会   特別研究員

  • 1997年04月
    -
    1998年03月

      Research Fellowship for Yong Scientists   -

所属学会・委員会

  •  
     
     

    アメリカ化学会

  •  
     
     

    高分子学会

  • 2009年04月
    -
    2010年03月

    科学技術交流財団

  • 2008年04月
    -
    2011年03月

    名市大連携大学院GP運営委員

専門分野(科研費分類)

  • 高分子化学

 

研究経歴

  • 糖質を基盤とする機能性高分子の分子設計

    個人研究  

    研究期間:  1998年04月  -  1998年04月

  • 環境適合型ポリエステル合成

    個人研究  

    研究期間:   - 

論文

  • Synthetic innovations for cyclic polymers

    Yuki Muramatsu, Akinori Takasu

    Polymer Journal ( Nature Publishing )  53 ( 12 ) 0000 - 0000   2021年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Anodic reduction of electrodeposited polymethacrylates containing pendent sulfones

    Kota Oto, Akinori Takasu

    Polymer ( Elsevier )  230   124069   2021年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Synthesis of L-Malic Acid Based Poly(ester-thioether)s via Thiol-Ene Click Polymerization and Their Biodegradability

    Yuka Sato, Akinori Takasu

    ChemistrySelect ( John Wiley & Sons, Inc. )  6 ( 35 ) 9503 - 9507   2021年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Simple preparation, properties, and functions of vitrimer-like polyacrylate elastomers using trans-N-alkylation bond exchange

    Hayashi, M., Oba, Y., Kimura, T., Takasu, A.

    Polymer Journal ( Nature Publishing )  53 ( 7 ) 835 - 840   2021年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • One-pot synthesis of dual supramolecular associative PMMA-based copolymers and the precise thermal property tuning

    M. Hayashi, T. Kimura , Y. Oba , A. Takasu

    Macromolecular Chemistry and Physics ( John Wiley & Sons, Inc )  222 ( 2 ) 2000302   2021年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • Grafting of Poly(2-oxazoline) Side Chains from Polyester Containing Oxazoline Units and Their Blends with Water Soluble Vinyl Polymers

    Fukaya, K., Takasu, A.

    Macromolecular Chemistry and Physics ( Wiley )  222 ( 1 ) 2000344   2021年01月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Direct Observation of the Formation of a Cyclic Poly(alkyl sorbate) via Chain-Growth Polymerization by an N-Heterocyclic Carbene Initiator and Ring-Closing Without Extreme Dilution

    Muramatsu, Y., Takasu, A., Higuchi, M., Hayashi, M.

    Journal of Polymer Science ( Wiley )  58 ( 20 ) 2936 - 2942   2020年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • IPTG-independent autoinduction of extracellular matrix proteins using recombinant E. Coli as the expression host

    Kataoka, K., Takasu, A.

    Polymer Journal ( Nature Publishing Group )  52 ( 00 ) 00 - 00   2020年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Direct Observation of cyclic poly(N-substituted maleimide)s with broad size distributions synthesized by anionic polymerization using an N-heterocyclic carbene and successive ring closure without high dilutions

    Muramatsu, Y., Oga, Y., Takasu, A., Higuchi, M.,

    Polymer Journal ( Nature Publishing Group )  52 ( 11 ) 1523 - 1261   2020年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Extraction of intrinsic cross-linking effects of A hard domains on segmental motion of B soft block for ABA triblock copolymer-based elastomers by utilizing photo cross-linking

    Kawarazaki, I., Hayashi, M., Takasu, A.

    Polymer ( Elsevier )  192 ( 27 ) 122343 - 122343   2020年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • Online Encyclopedia of Polymers, Polymeric Materials, and Polymer Technology

    Kota Oto, Akinori Takasu (担当: 分担執筆 )

    CRC Press, Taylor & Francis Group  2021年12月

  • Topological Polymer Chemistry: concepts and practices Part VII: Innovations with cyclic polymers: Syntheses

    Yuki Muramatsu, Akinori Takasu (担当: 共著 )

    Springer  2021年12月

  • 重合開始剤,硬化剤,架橋剤の選び方、使い方とその事例 第1章 重合開始剤の種類、特徴と選び方、使い方 第9節 N-ヘテロ環状カルベンを開始剤とする高分子合成

    深谷洸貴、高須昭則 (担当: 共著 )

    株式会社 技術情報協会  2021年05月

  • 環状高分子の合成と機能発現

    高須 昭則 (担当: 単著 )

    シーエムシー出版  2018年12月

  • 材料表面の親水・親油の評価と制御設計

    高須 昭則 (担当: 共著 , 担当範囲: 第3章第4節 電気泳動特性をもつ非イオン性ポリ系新素材 )

    テクノシステム  2016年07月

  • Cationic Ring-Opening Polymerization

    Terunari Hayashi, Akinori Takasu (担当: 共著 , 担当範囲: Cationic Ring-Opening Polymerization )

    Encyclopedia of Nanomaterials  2015年03月

  • ケミカルエンジニアリング

    - (担当: 単著 )

    化学工業社  2007年04月

  • 化学

    - (担当: 単著 )

    化学同人  2003年04月

  • 化学と工業

    - (担当: 単著 )

    日本化学会  2000年04月

総説・解説記事

  • 木粉のエステル化による機能性プラスチックへの化学変換

    竹内涼風, 高須昭則

    ペトロテック ( 公益社団法人 石油学会 )  43 ( 7 ) 500 - 504   2020年07月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • N-ヘテロ環状カルベンを開始剤とする高分子合成

    高須 昭則

    高分子 ( 高分子学会 )  68 ( 2 ) 67 - 68   2019年02月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 非イオン性高分子微粒子によるカラー電着塗装の開発

    高須 昭則

    ファインケミカル ( シーエムシー出版 )  47 ( 2 ) 44 - 49   2018年02月  [査読有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 電気泳動する非イオン性高分子を用いた省エネルギー型電着塗装

    高須 昭則

    塗装工学 ( 日本塗装技術協会 )  52 ( 4 ) 100 - 105   2017年04月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • マイクロは加熱を利用したポリエステル樹脂の省エネルギー合成

    高須 昭則

    新東技報 ( 新東技報編集委員会 )  33   76 - 77   2015年12月  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 高分子化学を何に使うのか?

    高須 昭則

    高分子 ( 高分子学会 )  62 ( 1 ) 21 - 22   2013年01月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • 省エネルギー型ポリエステル合成

    高須昭則, 山田真司, 佐藤友香

    ケミカルエンジニアリング ( 化学工業社 )  56 ( 6 ) 458 - 466   2011年06月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 化学選択的重縮合による“RAFT ゲル”の創発

    山本 研, 高須 昭則

    高分子 ( 高分子学会 )  59 ( 10 ) 792 - 793   2010年10月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

研究発表

  • Synthesis of cyclic vinyl polymers via ring-closure procedure without highly diluted condition and direct observation

    Akinori Takasu

    Pacifichem 2021  (ハワイ ホノルル (オンライン))  2021年12月  -  2021年12月  アメリカ化学会

  • Direct observation of cyclic vinyl polymers prepared by ring-closing without need of highly diluted condition

    Yuki Muramatsu, Akinori Takasu

    Pacifichem 2021  (ハワイ ホノルル (オンライン))  2021年12月  -  2021年12月  American Chemical Society

  • Facile rare-earth triflate-catalyzed esterification of wood powder under solvent-free conditions

    Suzuka Takeuchi, Akinori Takasu

    Pacifichem 2021  (ハワイ ホノルル (オンライン))  2021年12月  -  2021年12月  アメリカ化学会

  • IPTG-Independent Auto-Induction of Extracellular Matrix Proteins Using Recombinant E. Coli. as the Expression Host

    Kaho Kataoka, Akinori Takasu

    Pacifichem 2021  (ハワイ ホノルル (オンライン))  2021年12月  -  2021年12月  アメリカ化学会

  • 酒石酸ユニットを含むポリエステル-チオエーテルのチオールエンクリック反応と生分解

    片岡 佳穂, 高須 昭則

    第52回中部化学関連学協会支部連合秋季大会  (静岡大学(オンライン))  2021年10月  -  2021年10月  高分子学会 東海支部

  • ジアンヒドロ糖を主骨格とするポリ(エステル-チオエーテル)の合成と生分解性

    竹内涼風, 高須昭則

    第52回中部化学関連学協会支部連合秋季大会  (静岡大学(オンライン))  2021年10月  -  2021年10月  高分子学会 東海支部

  • N-ヘテロ環状カルベンを開始剤に用いたアルキルアクリレートの制御重合

    村松優哉, 高須昭則

    第52回中部化学関連学協会支部連合秋季大会  (静岡大学 (オンライン))  2021年10月  -  2021年10月  高分子学会 東海支部

  • 高分子反応を伴う非イオン性高分子の電気泳動堆積

    大藤宏太, 高須昭則

    第70回高分子討論会  (東京理科大学(オンライン))  2021年09月  -  2021年09月  高分子学会

  • アルギン酸へのポリオキサゾリン側鎖の直接導入

    釣部真琴, 高須昭則

    第70回高分子討論会  (東京理科大学(オンライン))  2021年09月  -  2021年09月  高分子学会

  • ジアンヒドロ糖を主骨格とするポリ(エステルーチオエーテル)の合成と生分解性

    竹内涼風, 高須昭則

    第70回高分子討論会  (東京理科大学(オンライン))  2021年09月  -  2021年09月  高分子学会

全件表示 >>

工業所有権

  • アセチル化粉末セルロース、アセチル化セルロース繊維、アセチル化木粉及びそれらとアセチル化単糖の製造方法

    特願 特願2019-170197 

    高須 昭則

  • アセチル化粉末セルロース、アセチル化セルロース繊維及びそれらと単糖の製造方法

    特願 特願2019-098959 

    高須昭則

  • 透明性高分子樹脂

    特願 特願 2019-054765 

    林 幹大, 柴田 桂輔, 高須 昭則

  • 接着性ポリエステル樹脂、多層接着性ポリエステル樹脂及びその製造方法

    特願 特願2018-158180 

    林 幹大、高須昭則、矢野稜人

  • 高分子微粒子からなる電着塗料組成物およびこの電着塗料組成物を用いた 複層塗膜の形成方法

    特願 特願2016-171367 

    高須 昭則

  • スルホニル基を含む非イオン性高分子からなる電着塗料組成物

    特願 特願2015-143721 

    高須 昭則

  • 有機化合物の合成方法

    特願 2012-248337  特許 11154

    河村和彦, 岩田美成, 岩佐慶夫, 橋本英明, 竹内章浩, 高須昭則, 高山定次

  • ポリビニルエーテル類の製造方法

    特願 特願2012-062411 

    岩根 和良、高須 昭則

  • 有機触媒によるポリエステル合成

    特願 PCT/JP2011/80365 

    高須 昭則

  • 有機触媒によるポリエステル合成法

    特願 特願2011-20592 

    高須 昭則

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 日本化学会東海支部長賞

    2021年03月26日   日本化学会東海支部  

    受賞者:  深谷洸貴、高須昭則

  • 2020年度東海高分子研究会優秀口頭発表賞

    2020年11月16日   高分子学会東海支部 東海高分子研究会   熱・光架橋性 dual 網目からなる密度可変エラストマーの調製  

    受賞者:  杉本幹太、林 幹大、高須昭則

  • 2020年度東海高分子研究会優秀口頭発表賞

    2020年11月16日   高分子学会東海支部 東海高分子研究会   ABA トリブロック型エラストマーの局所的 B 鎖間光架橋による残留ひずみ低減  

    受賞者:  河原崎勇、高須昭則、林 幹大

  • 高分子優秀学生発表賞

    2019年12月09日   高分子学会東海支部   N-ヘテロ環状カルベンを用いた各種ビニルモノマーの重合とその閉環反応  

    受賞者:  大賀陽介, 高須昭則

  • 第68回高分子学会年次大会優秀ポスター賞

    2019年06月   高分子学会   化学架橋網目と水素結合網目からなる IPN エラストマーの物性評価  

    受賞者:  杉本幹太,林幹大,高須昭則

  • 高分子優秀学生発表賞

    2018年12月10日   高分子学会東海支部   N-ヘテロ環状カルベンを用いた環状ビニルポリマーの設計と合成  

    受賞者:  細井悠平, 高須昭則

  • 高分子優秀学生発表賞

    2018年12月10日   高分子学会 東海支部   非イオン性フッ素含有ポリマーの電気泳動コーティング  

    受賞者:  木水 健, 林 幹大, 高須 昭則

  • 第67回高分子学会年次大会優秀ポスター賞

    2018年05月25日   高分子学会   光架橋性A 鎖を有するABA トリブロック共重合体の調製と光架橋がモルホロジーに与える影響  

    受賞者:  河原崎勇,林幹大,高須昭則

  • 第67回高分子学会年次大会優秀ポスター賞

    2018年05月25日   高分子学会   ルイス酸存在下におけるN-ヘテロ環状カルベンを用いた環状ビニルポリマーの合成と拡張  

    受賞者:  細井悠平,高須昭則,松岡真一,林幹大

  • Student poster presentation award(2nd FRIMS International Symposium on Frontier Materials)

    2018年02月02日   Nagoya Institute of Technology Frontier Research Institute for Materials Science   Temperature-switchable polymer coating driven by electrophoretic deposition (EPD) method  

    受賞者:  Ken Kimizu, Mikihiro Hayashi, Akinori Takasu

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 新規生分解性ポリウレタンライブラリーの構築と分解菌のスクリーニング

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2021年04月  -  2023年03月  代表者:  高須 昭則

  • 希釈条件を必要としない閉環反応による環状ビニルポリマー合成法の新展開

    基盤研究(B)

    研究期間:  2020年04月  -  2024年03月  代表者:  高須 昭則

  • 希釈条件を全く必要としない閉環反応による環状ビニルポリマーの革新的制御合成

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2018年10月  -  2020年03月  代表者:  高須 昭則

  • 電気泳動する非イオン性高分子の設計とメカニズムの解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月  代表者:  高須 昭則

  • 電気泳動するデザイナーポリエステルの創出と骨再生材料への応用

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月  代表者:  高須 昭則

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績

  • Electrophoretic non-ionic nano-sheres (latexes) for structural coloring

    提供機関:  民間財団等  立松財団 海外調査研究助成

    研究期間:  2017年04月  -  2017年12月  代表者:  杢出 大樹

  • 電気泳動する非イオン性ポリウレタンの設計と応用

    提供機関:  ポリウレタン国際技術振興財団  ポリウレタン国際技術振興財団

    研究期間:  2016年03月  -  2017年03月  代表者:  高須 昭則

  • PacifiChem 2015 での発表

    提供機関:  立松財団  立松財団 海外調査研究助成

    研究期間:  2015年04月  -  2016年03月  代表者:  高須 昭則

 
 

学会・委員会等活動

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    科学技術交流財団   バイオマス由来有機材料設計研究会 オーガナイザー

  • 2009年03月
    -
    2010年04月

    科学技術交流財団   次世代型ポリエステル材料設計研究会 オーガナイザー

  • 2008年04月
    -
    2012年03月

    アジア人財   各論資料作成担当委員

  • 2008年04月
    -
    2011年03月

    名市大連携大学院GP運営委員   講義・カリキュラム担当

社会貢献活動

  • 大学出前授業「豊北ユニバーシティー」

    入試室  2015年10月  -  2015年10月

  • 名古屋市公開講座

    名古屋市  (名古屋市女性会館)  2015年10月  -  2015年10月

  • ヘンケルジャパン コンサルタント

    ヘンケルジャパン  2015年04月  -  2016年03月