樋口 真弘 (ヒグチ マサヒロ)

HIGUCHI Masahiro

写真a

所属学科・専攻等

生命・応用化学教育類 ソフトマテリアル分野
生命・応用化学専攻 ソフトマテリアル分野

職名

教授

出身大学

  •  
    -
    1986年03月

    名古屋工業大学   工学部   高分子工学科   卒業

出身大学院

  •  
    -
    1991年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  物質工学専攻博士課程  修了

  •  
    -
    1988年03月

    名古屋工業大学  工学研究科  物質工学専攻博士課程  修了

取得学位

  • 名古屋工業大学 -  工学修士

  • 名古屋工業大学 -  工学博士

所属学会・委員会

  • 1993年04月
    -
    継続中

    日本化学会

  • 1991年04月
    -
    継続中

    高分子学会

 

研究経歴

  • ナノ微粒子集合体の微細構造制御により機能発現

    個人研究  

    研究期間:  2003年04月  -  2003年04月

  • ペプチドコンジュゲートの配列・配向制御による機能性分子集合体構築

    個人研究  

    研究期間:  2000年04月  -  2000年04月

  • 新規環境センシングデバイスの構築

    個人研究  

    研究期間:  2000年04月  -  2000年04月

論文

  • Protein sensing device with multi-recognition ability composed of self-organized glycopeptide bundle

    M. Arai, T. Miura, Y. Ito, T. Kinoshita, and M. Higuchi*

    Int. J. Molecular Sci.   22 ( 1 ) 366   2021年01月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Direct Observation of Cyclic Poly(N-substituted maleimide)s with Broad Size Distributions Synthesized by Anionic Polymerization using N-Heterocyclic Carbene and Ring-Closure Without Highly Dilutions

    Y Muramatsu, Y Oga, A Takasu, and M Higuchi

    Polym. J.   52 ( 11 ) 1253 - 1261   2020年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Direct Observation of the Formation of a Cyclic Poly(alkyl sorbate) via Chain-Growth Polymerization by an N-Heterocyclic Carbene Initiator and Ring-Closing Without Extreme Dilution

    Y. Muramatsu, A. Takasu, M. Higuchi, and M. Hayashi

    J. Polym. Sci.,   58 ( 20 ) 2936 - 2942   2020年10月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Direct Observation of a Cyclic Vinyl Polymer Prepared by Anionic Polymerization using N-Heterocyclic Carbene and Subsequent Ring-Closure without Highly Diluted Conditions

    K. Narusr, A. Takasu, and M. Higuchi

    Macromolecular Chemistry and Physics   211 ( 10 ) 2000004   2020年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Mineralization of magnetic nano-tape in self-organized nanospace composed of nuclopeptides and peptides

    Kazuki Murai,* Kaede Inagaki, Chisato Hiraoka, Sayaka Minoshima, Takatoshi Kinoshita, Nagata Kenji, and Masahiro Higuchi*

    CrystngComm ( Royal Society of Chemistry )  21 ( 23 ) 3557 - 3567   2019年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Self-bonding and electrochemical property of silica-coated nanowire composed of metal coordinated peptide bundles

    K. Murai,* Y. Yamamoto, T. Kinoshita, K. Nagata, and M. Higuchi,*

    J. Materials Chem. B   5 ( 28 ) 5539 - 5548   2017年07月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Electrophoretic non-ionic nano-spheres (latexes) for structural coloring

    D. Mokude, A. Takasu,* and M. Higuchi

    Polymer   117   243 - 248   2017年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Mineralization of Calcium Carbonate on Multifunctional Peptide Assembly Acting as Mineral Source Supplier and Template

    K. Murai,* T. Kinoshita, K. Nagata, and M. Higuchi*

    Langmuir ( ACS )  32 ( 36 ) 9351 - 9359   2016年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Synthesis of Glycopolymer Containing Cell-Penetrating Peptides as Inducers of Recombinant Protein Expression under the Control of Lactose Operator/Repressor Systems

    K. Katagiri, A. Takasu,* and M. Higuchi

    Biomacromolecules ( ACS )  17 ( 5 ) 1902 - 1908   2016年05月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Specific Permeability of Chiral Amino Acids through the Peptide Grafted Poly(N-isopropylamide) Crosslinked Membranes

    Y. Meng, K. Nagata, and M. Higuchi,*

    Trans. MRS-J.   39 ( 3 ) 317 - 320   2014年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • 刺激応答性高分子ハンドブック

    樋口真弘 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 第2編, 第2章, 7節 )

    エヌ・ティー・エス  2018年12月

  • 生体模倣技術と新材料・新製品開発への応用

    野々山貴行、木下隆利、永田謙二、樋口真弘 (担当: 共著 , 担当範囲: 第8章・第7節 )

    (株)情報技術協会  2014年07月

研究発表

  • Nucleation of hydroxyapatite and controlled crystal growth by biomineralization aiming for bone repair agents

    ○A. Kuwahara, S. Matsubara, and M. Higuchi

    第31回日本MRS学術シンポジウム  (横浜)  2021年12月  -  2021年12月  MRS-J

  • Synthetic pH-responsive chlorophyll-peptide conjugates

    ○M. Nagatani, M. Higuchi, and S. Matsubara

    第31回日本MRS学術シンポジウム  (横浜)  2021年12月  -  2021年12月  MRS-J

  • Construction of oligoproline-based the supramolecular capsule

    ○Y. Okamoto, M. Higuchi, and S. Matsubara

    第31回日本MRS学術シンポジウム  (横浜)  2021年12月  -  2021年12月  MRS-J

  • Formation of the bone repair agent using collagen-b-turn peptide composite gel as a scaffold material

    ○M. Takada, S. Matsubara, and M. Higuchi

    第31回日本MRS学術シンポジウム  (横浜)  2021年12月  -  2021年12月  MRS-J

  • Preparation of vesicles having magnetite shell and application for DDS carriers

    ○Y. Chinda, S. Matsubara, and M. Higuchi

    第31回日本MRS学術シンポジウム  (横浜)  2021年12月  -  2021年12月  MRS-J

  • Fabrication of mineralized TiO2 nanocomposites on the gold nanoparticle network connected by peptide nanowires

    ○T. Iwakiri, S. Matsubara, and M. Higuchi

    第31回日本MRS学術シンポジウム  (横浜)  2021年12月  -  2021年12月  MRS-J

  • Preparation of coating materials for anti-inflammatory using thermo-responsive peptide

    第31回日本MRS学術シンポジウム

    第31回日本MRS学術シンポジウム  (横浜)  2021年12月  -  2021年12月  MRS-J

  • Fabrication of CaCO3 coated Vesicles for DDC Carriers having the Target Recognition Ability

    ○N. Kato, S. Matsubara, and M. Higuchi

    第31回日本MRS学術シンポジウム  (横浜)  2021年12月  -  2021年12月  MRS-J

  • Formation of organic-inorganic complex with hierarchical structure by the self-supplied mineralization using self-organization and inverse template effect

    ○M. Sakano, M. Okawara, S. Minoshima, S. Matsubara, and M. Higuchi

    第31回日本MRS学術シンポジウム  (横浜)  2021年12月  -  2021年12月  MRS-J

  • Fabrication of organic-inorganic nanocomposite having nanoline sturucture using peptide monolyaers as temprates at air-water interface

    ○K. Tsujii, S. Matsubara, and M. Higuchi

    第31回日本MRS学術シンポジウム  (横浜)  2021年12月  -  2021年12月  MRS-J

全件表示 >>

工業所有権

  • 両親媒性重合体

    特願 特許第2884063号 

    -

  • 認識多様性を有するセンサーチップ

    特願 特許第3823178号 

    -

  • 基体表面に一方向に配向したα-ヘリックス構造を有する定配序ペプチド集合体薄膜

    特願 特許第3834695号 

    -

  • 物質認識機能と情報変換機能を併せ持つセンサー

    特願 特開2007-225300 

    -

学術関係受賞

  • 日本膜学会膜科学研究奨励賞

    2000年04月   -  

    受賞者:  -