礒部 雅晴 (イソベ マサハル)

ISOBE Masaharu

写真a

所属学科・専攻等

物理工学教育類 応用物理分野
物理工学専攻 応用物理分野

職名

准教授

ホームページ

http://csp.web.nitech.ac.jp

研究分野・キーワード

計算統計物理学、非平衡統計物理学、大規模分子動力学シミュレーション

出身大学

  • 1991年04月
    -
    1995年03月

    九州大学   理学部   物理学科   卒業

出身大学院

  • 1997年04月
    -
    2000年03月

    九州大学  理学研究科  物理学専攻博士課程  単位取得満期退学

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

    九州大学  理学研究科  物理学専攻修士課程  修了

取得学位

  • 九州大学 -  博士(理学)

  • 九州大学 -  修士(理学)

学外略歴

  • 2012年07月
    -
    2013年03月

      カリフォルニア大学バークレー校   化学科   客員研究員

  • 2012年03月
     
     

      エコールノルマルシュペリウール(パリ)   物理学科   特定国派遣研究者

  • 2002年04月
    -
    2002年10月

      科学技術振興事業団 (派遣先:名古屋大学)   大学院人間情報学研究科   研究員

  • 2000年04月
    -
    2001年09月

      科学技術振興事業団 (派遣先:金沢大学)   理学部計算科学科   研究員

  • 1998年12月
    -
    1999年02月

      京都大学   基礎物理学研究所   アトム型研究員

所属学会・委員会

  • 2011年10月
    -
    2012年10月

    Conference on Computational Physics 2012

  • 2010年11月
    -
    継続中

    計算統計物理学研究会

  • 2010年01月
    -
    継続中

    日本気象学会

  • 2002年05月
    -
    継続中

    アメリカ物理学会 (American Physical Society)

  • 2002年04月
    -
    継続中

    日本生物物理学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類)

  • 数理物理・物性基礎

 

研究経歴

  • 動的ファシリテーションにおける構造ガラス系の遅い緩和の微視的起源と非平衡相転移

    国際共同研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2020年04月  -  2023年03月

  • 非熱系拡張動的ファシリテーション理論による高密分子系の非平衡相転移の統一的解明

    国際共同研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月

  • 高密剛体球系の時空アンサンブル解析による非平衡相転移と動的協働促進機構の解明

    国際共同研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月

  • 高密剛体球イベント駆動型ハイブリッド分子シミュレーションによる融解現象の解明

    国際共同研究   国際共同研究  

    研究期間:  2012年03月  -  現在

  • 高密粉体ダイナミクスの非平衡輸送における応答理論と動的多体相関による統一的解明

    国際共同研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2011年04月  -  現在

  • 粗視化分子動力学法による高分子系シミュレーション基盤の計算機科学的高度化検討

    国内共同研究   共同研究  

    研究期間:  2011年04月  -  2012年03月

  • 超多粒子高密度系の疑似立体可視化による解析手法の開発

    国内共同研究   共同研究  

    研究期間:  2011年04月  -  2012年03月

  • 粉体系における新しい振動応答理論と大規模計算

    国内共同研究  

    研究期間:  2009年04月  -  2010年03月

  • 高密剛体球系における遅い緩和の起源:トランジェントな結晶化とモラセステール

    国際共同研究  

    研究期間:  2007年12月  -  2012年11月

  • 粉体気体系の非平衡定常状態における振動応答と統計則

    国内共同研究   科学研究費補助金  

    研究期間:  2007年04月  -  2010年03月

全件表示 >>

学位論文

  • Phase Changes in an Inelastic Hard Disk System with a Heat Bath under Weak Gravity for Granular Fluidization

    礒部 雅晴

      2000年07月(年月日)

    学位論文(博士)   単著

  • 第1部:SnI_4分子性結晶の圧力誘起構造相転移, 第2部:Molecular Dynamics Review

    礒部雅晴

      1997年03月(年月日)

    学位論文(修士)   単著

論文

  • Non-equilibrium response and slow equilibration in hard disk systems

    Daigo Mugita, Masaharu Isobe

    EPJ Web of Conferences   249   14004   2021年06月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Direct Evidence of Void-Induced Structural Relaxations in Colloidal Glass Formers

    Cho Tung Yip, Masaharu Isobe, Chor-Hoi Chan, Simiao Ren, Kin-Ping Wong, Qingxiao Huo, Chun-Sing Lee, Yuen-Hong Tsang, Yilong Han, Chi-Hang Lam

    Physical Review Letters ( American Physical Society )  125   258001   2020年12月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Clustering Impact Regime with Shocks in Freely Evolving Granular Gas

    Masaharu Isobe

    EPJ Web Conferences ( EDP Sciences )  140   04006   2017年06月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   単著

  • Applicability of Dynamic Facilitation Theory to Binary Hard Disk Systems

    Masaharu Isobe, Aaron S. Keys, David Chandler, Juan. P. Garrahan

    Physical Review Letters ( American Physical Society )  117 ( 14 ) 145701   2016年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Hard sphere simulation in statistical physics --- methodologies and applications

    Masaharu Isobe

    Molecular Simulation ( Taylor & Francis Group )  42 ( 16 ) 1317 - 1329   2016年08月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

  • Hard-Sphere Melting and Crystallization with Event-Chain Monte Carlo

    Masaharu Isobe, Werner Krauth

    Journal of Chemical Physics ( American Institute of Physics )  143 ( 8 ) 084509   2015年08月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Hard-disk equation of state: First-order liquid-hexatic transition in two dimensions with three simulation methods

    Michael Engel, Joshua A. Anderson, Sharon C. Glotzer, Masaharu Isobe, Etienne P. Bernard, Werner Krauth

    Physical Review E   87 ( 4 ) 042134   2013年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Statistical Law of Turbulence in Granular Gas

    Masaharu Isobe

    The Journal of Physics: Conf. Ser.   402   012041   2012年12月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   単著

  • Generalized Bond Order Parameter to Characterize Transient Crystal

    Masaharu Isobe, Berni J. Alder

    Journal of Chemical Physics   137   194501   2012年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Fluctuation-dissipation relations for motions of center of mass in driven granular fluids under gravity

    Jun'ichi Wakou, Masaharu Isobe

    Physical Review E   85   061311   2012年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書

  • コロイド結晶の形成とその応用

    礒部 雅晴 他 (中村 浩, 山中 淳平 監修) (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 第3章 3 剛体球分子分散系の構造形成シミュレーション )

    シーエムシー出版  2020年05月 ISBN: 978-4-7813-1502-7

  • Advances in the Comutational Sciences --- Proceedings of the Symposium in Honor of Dr Berni Alder's 90th Birthday

    Stephen B. Libby, Brenda M. Rubenstein, Eric Schwegler (ed.) (Chapter 6: Masaharu Isobe) (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Chapter 6: Hard Sphere Simulation by Event-Driven Molecular Dynamics: Breakthrough, ,Numerical Difficulty, and Overcoming the Issues )

    World Scientific Publishing Co.  2017年04月 ISBN: 978-981-3209-41-1

  • 特集"分子シミュレーション 温故知新"

    礒部雅晴 (担当: 編著 )

    分子シミュレーション研究会  2010年01月

  • 分子シミュレーション研究会会誌「アンサンブル」2009年10月号

    礒部雅晴 (担当: 共編著 )

    分子シミュレーション研究会  2009年10月

  • The 50th Anniversary of the Alder Transition ---Recent Progress on Computational Statistical Physics---"

    Yasuaki Hiwatari, Masaharu Isobe (担当: 共編著 )

    Progress of Theoretical Physics  2009年04月

  • 特集"分子シミュレーションの夜明け -Alder転移より半世紀-" 分子シミュレーション研究会会誌「アンサンブル」

    樋渡保秋,礒部雅晴 (担当: 共編著 )

    分子シミュレーション研究会  2007年10月

  • 小特集 "アルダー転移50周年"

    樋渡保秋,礒部雅晴 (担当: 共編著 )

    日本物理学会  2007年10月

  • 第17回統計物理学研究会研究報告集

    杉山勝,礒部雅晴 (担当: 共編著 )

    統計物理学研究会  2007年05月

  • 第16回統計物理学研究会 -不可逆過程の統計力学の発展-研究報告集

    杉山勝,礒部雅晴 (担当: 共編著 )

    統計物理学研究会  2006年04月

  • 第15回統計物理学研究会研究報告集

    杉山勝,礒部雅晴 (担当: 共編著 )

    統計物理学研究会  2005年04月

全件表示 >>

総説・解説記事

  • Berni J. Alder博士を偲んで

    礒部雅晴

    日本物理学会誌   76 ( 4 ) 236   2021年04月  [査読有り]  [依頼有り]

    その他記事   単著

  • 粉体乱流ーマクロとミクロをつなぐ架け橋へ

    礒部雅晴,齊藤国靖

    日本物理学会誌 ( 日本物理学会 )  73 ( 7 ) 469 - 474   2018年07月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 剛体球系の結晶化 ―高速アルゴリズムによる相転移の神秘の解明-

    礒部雅晴

    日本結晶成長学会誌 ( 日本結晶成長学会 )  44 ( 3 ) 44-3-05   2017年10月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 大規模公開オンライン講座(MOOC)「Statistical Mechanics: Algorithms and Computations (統計力学---アルゴリズムと数値計算---)」

    礒部雅晴

    アンサンブル ( 分子シミュレーション研究会 )  18 ( 1 ) 43 - 46   2016年01月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • 国際会議報告「Berni Alder's 90th Birthday Symposium」

    礒部雅晴

    アンサンブル ( 分子シミュレーション研究会 )  17 ( 4 ) 234 - 236   2015年10月

    会議報告等   単著

  • カリフォルニア大学バークレー校(U.C.Berkeley)滞在記

    礒部雅晴

    アンサンブル ( 分子シミュレーション研究会 )  15 ( 4 ) 250 - 260   2013年10月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • 高密剛体球系における遅い緩和の起源:トランジェントな結晶化と高次秩序変数-2つの新しい方法論-

    礒部雅晴

    アンサンブル ( 分子シミュレーション研究会 )  15 ( 3 ) 186 - 196   2013年07月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • Ecole Normale Superieure, Paris滞在記

    礒部雅晴

    アンサンブル ( 分子シミュレーション研究会 )  14 ( 3 ) 162 - 167   2012年07月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • 森肇先生を偲ぶ

    礒部雅晴

    森肇先生追悼文集 ( 森肇先生追悼文集執筆者一同 )    5 - 8   2012年06月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • CCP2010 会議報告 - Berni J. Alder CECAM Prize -

    礒部雅晴

    アンサンブル ( 分子シミュレーション研究会 )  12 ( 3 ) 30 - 33   2010年07月  [依頼有り]

    会議報告等   単著

全件表示 >>

研究発表

  • 2次元剛体球系Alder転移近傍における平衡緩和―融解過程の方法論依存性―

    麦田大悟, 礒部雅晴

    日本物理学会 2021年秋季大会  (オンライン)  2021年09月  -  2021年09月  日本物理学会

  • Molecular dynamics study on the nano-scale beta-type Stirling engine

    Kaito Kitaya, Masaharu Isobe

    XXXII IUPAP Conference on Computational Physics  (Coventry University, Coventry, UK (Online))  2021年08月  -  2021年08月 

  • Efficiency of equilibration with three event-based algorithms in hard disk melting

    Daigo Mugita, Masaharu Isobe

    XXXII IUPAP Conference on Computational Physics  (Coventry University, Coventry, UK (Online))  2021年08月  -  2021年08月 

  • Diffusional characteristics of Newtonian Event-Chain Monte Carlo in hard disk systems

    Hirotaka Banno, Daigo Mugita, Masaharu Isobe

    XXXII IUPAP Conference on Computational Physics  (Coventry University, Coventry, UK (Online))  2021年08月  -  2021年08月 

  • Statistics of the hopping motion approaching the glass transition in the binary hard disk systems

    Yuito Kakihara, Hiroaki Koyama, Masaharu Isobe

    XXXII IUPAP Conference on Computational Physics  (Coventry University, Coventry, UK (Online))  2021年08月  -  2021年08月 

  • Non-equilibrium response and slow equilibration in hard disk systems

    Daigo Mugita, Masaharu Isobe

    Powders & Grains 2021  (Buenos Aires (Argentina, VIRTUAL))  2021年07月  -  2021年08月 

  • Equilibration in Event-Chain MC, Event-Driven MD, and other methods

    Masaharu Isobe

    Online workshop on ECMC and related subjects  (Online)  2021年05月  -  2021年05月 

  • Non-equilibrium response and slow equilibration in hard disk systems

    Daigo Mugita, Masaharu Isobe

    Online workshop on ECMC and related subjects  (Online)  2021年05月  -  2021年05月 

  • 九大中西研(博士課程)での研究と近況

    礒部雅晴

    中西秀先生定年退職記念シンポジウム  (オンライン)  2021年03月  -  2021年03月 

  • β型スターリングエンジンの分子シミュレーション―安定稼働する温度差と熱効率

    北谷海斗,礒部雅晴

    日本物理学会第76回年次大会  (オンライン開催)  2021年03月  -  2021年03月  日本物理学会

全件表示 >>

その他研究活動

  • 計算科学技術活用型特定研究開発推進事業(ACT-JST) 公開ソフトウェアライブラリ

    2000年04月  -  2002年09月

    計算科学技術活用型特定研究開発推進事業(ACT-JST) 公開ソフトウェアライブラリ「モデルタンパク質のマルチカノニカル分子動力学とその解析ツール」(作成:礒部雅晴)(http://act.jst.go.jp/よりダウンロード可能)

学術関係受賞

  • Physical Review E 25th Anniversary Milestones

    2018年10月15日   American Physical Society   Hard-disk equation of state: First-order liquid-hexatic transition in two dimensions with three simulation methods  

    受賞者:  Michael Engel, Joshua A. Anderson, Sharon C. Glotzer, Masaharu Isobe, Etienne P. Bernard, and Werner Krauth

  • 日本物理学会 若手奨励賞

    2009年03月27日   社団法人 日本物理学会  

    受賞者:  礒部雅晴

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 動的ファシリテーションにおける構造ガラス系の遅い緩和の微視的起源と非平衡相転移

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  2023年03月 

  • 非熱系拡張動的ファシリテーション理論による高密分子系の非平衡相転移の統一的解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月  代表者:  礒部雅晴

  • 高密剛体球系の時空アンサンブル解析による非平衡相転移と動的協働促進機構の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月  代表者:  礒部雅晴

  • 高密粉体ダイナミクスの非平衡輸送における応答理論と動的多体相関による統一的解明

    若手研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月  代表者:  礒部雅晴

  • 粉体気体系の非平衡定常状態における振動応答と統計則

    若手研究(B)

    研究期間:  2007年04月  -  2010年03月  代表者:  礒部雅晴

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動

  • 2019年12月
     
     

    分子シミュレーション学会   第33回分子シミュレーション討論会 実行委員

  • 2011年10月
    -
    2012年10月

    Conference on Computational Physics 2012   Japanese Advisory Board

  • 2008年01月
    -
    2011年12月

    分子シミュレーション学会   分子シミュレーション研究会 幹事

  • 2007年01月
    -
    2010年12月

    分子シミュレーション学会   分子シミュレーション研究会会誌「アンサンブル」 編集委員

  • 2005年11月
    -
    2006年10月

    日本物理学会   領域11(統計力学・物性基礎論) 世話人