増田 理子 (マスダ ミチコ)

MASUDA Michiko

写真a

所属学科・専攻等

社会工学教育類 環境都市分野/創造工学教育類
社会工学専攻 環境都市分野

職名

教授

出身大学

  •  
    -
    1987年03月

    東京大学   理学部   生物  

出身大学院

  •  
    -
    1992年03月

    東京大学  理学系研究科  植物学博士課程  修了

取得学位

  • - -  (BLANK)

  • 東京大学 -  博士(理学)

所属学会・委員会

  •  
     
     

    日本植物学会

  • 2006年04月
    -
    継続中

    日本生態学会

  • 2006年04月
    -
    継続中

    種生物学会

専門分野(科研費分類)

  • 生態・環境

 

研究経歴

  • 絶滅危惧生物の繁殖生態学

    研究期間:   - 

  • 環境評価システム

    研究期間:   - 

  • 外来生物の生態と管理

    個人研究  

    研究期間:   - 

論文

  • GENETIC DIVERSITY AND GENETIC STRUCTURE OF AN ENDANGERED SPECIES, ERIOCAULON NUDICUSPE, GROWING IN ARTIFICAL DISTURBING HABITATS

    Michiko Masuda, Tadamasa Fukagawa and Fumitake Nishimura

    Sixth International Conference on Gotechnique, Construction Materials and Environment, Bangkok, Thailand, Nov. 14-16.     2016年11月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

  • Genetic diversity of restored endangeredspecies, Penthorum chinense in the riverbed.

    Michiko Masuda, Fumitake Nishimura

    International Journal of GEOMATE   10 ( 2 ) 1810 - 1814   2015年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    河川の流量確保のための掘削域に生育する絶滅危惧植物タコノアシの遺伝的多様性についての調査結果と今後の課題

  • Ammonia removal characteristics of porous concrete with zzeolite for enhancing self-purification ability in river system

    Fumitake Nishimura, Toshio Yamada, Motohiro, Tanaka, Hirofumi Kasai, Michiko Masuda.

    International Journal of GEOMATE   10 ( 4 ) 2045 - 2050   2015年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    ゼオライトを利用したコンクリートの中性化により、河川の環境に及ぼす影響についての評価分析。

  • Seasonal variation of the alien plants invasion into river ecosystem.

    Michiko Masuda, Fumitake Nishimura

    Int. Conf. GEOMATE   6 ( 1 ) 464 - 471   2014年11月

    研究論文(学術雑誌)   共著

    河川環境の復元効果について種子による繁殖に着目した植生回復調査

  • Ammonia Removal Characteristics of porous concrete with zeolite for enhancing self-purification ability in river system

    F. Nishimura, T. Yamada, M. Tuneba, H. Kassair and M. Masuda

    Int. Conf. GEOMATE   7 ( 1 ) 439 - 445   2014年11月

    研究論文(学術雑誌)   共著

    河川環境におけるアンモニア汚染負荷がどのようにシステムの中で流出するかについての解析

  • 重信川流域における栄養塩流出特性に関する調査研究

    西村文武1・島田高伸2・増田理子3・渡邊政広4

    土木学会論文集B1(水工学)   70 ( 4 ) 1225 - 1230   2014年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    果樹樹林地を多く含む河川流域から流出する栄養塩類の解析。

  • IMPACT OF FLOOD DISTURBANCE EVALUATION ON THE STRUCTURES OF GROUND-BEETLE ASSEMBLAGE AT BIOTOPES

    Michiko Masuda1, Rina Sakakibara1, Nao Sugimura1 and Fumitake Nishimura2

    Int. J. of GEOMATE   5 ( 9 ) 627 - 632   2013年09月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    地表性昆虫を用いて河川の成熟度の評価手法の確定。

  • Change in structure of ground-beetle assemblage on river areas after construction of biotopes using the technique, "Nature oriented river works".

    Michiko Masuda, Takaaki Tsukada, Fumitake Nishimura

    Second International Conference on Geotechnique, Construction Materials and Environment.   2 ( 1 ) 839 - 844   2012年11月  [査読有り]

    研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著

    庄内川河川敷に設置されたビオトープの自然環境条件について、地表性昆虫を用いて評価する手法について開発を行い、地表性昆虫が十分に評価するのに適切であることを示した。

  • Process of invading the alien plkant species into the river ecosystem.

    Michiko Masuda, Yumie Ito, Fumitake Nishimura

    Geotechnique, Construction Materials & Environment   1 ( 1 ) 437 - 442   2011年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    外来植物の侵入システムの解析の結果、施工時期の重要性についての検討を行った。

  • 柑橘獣類果樹園地からの栄養塩・元素類の流出と影響印紙に関する調査研究

    西村文武,増田理子,渡邊政弘,津野洋

    水工学論文集 土木学会   54   2010年04月

    研究論文(学術雑誌)   単著

全件表示 >>

著書

  • 雑草学辞典

    - (担当: 共著 )

    雑草学会  2010年04月

  • 種子の生態学

    - (担当: 共著 )

    種生物学会  2009年04月

  • Differentiation of spring emerging and autum emerging ecotypes in Galium spurium var. echinospermon.

    - (担当: 単著 )

    Natural History of Weed  1997年04月

  • ヤエムグラの発芽2型性の進化

    - (担当: 単著 )

    雑草の自然史  1997年04月

研究発表

  • 湧水を利用した湿地再生のための基礎研究

    田中仁規

    尾張東部丘陵自然環境研究者の会  (東京大学農学部瀬戸演習林)  2016年05月  -  2016年05月  東京大学瀬戸演習林

  • 隔離されたマメナシ個体群の種子生産と発芽

    増田理子 越口貴文

    日本生態学会全国大会  (広島コンベンショナルホール)  2014年03月  -  2014年03月  日本生態学会

  • 地表性昆虫を用いたビオトープの評価

    増田理子

    第60回日本生態学会大会  (静岡)  2013年03月  -  2013年03月  日本生態学会

  • How do the alien plant pseices invade into the river ecosystem?

    Michiko Masuda, Yumie Ito

    Joint meeting of ESJ and FAFES  (滋賀県 龍谷大学)  2012年03月  -  2012年03月  日本生態学会 & FAFES

  • Process of Invading the alien plant species into the river ecosystem.

    Michiko Mausda, Yumie Ito, Fumitake Nishimura

    GEOMAT  (三重県津市)  2011年11月  -  2011年11月  GEOMAT

  • 絶滅危惧植物シラタマホシクサの開花と種子生産

    -

    第56回日本生態学会  2009年04月  -  2009年04月 

学術関係受賞

  • 永井31回奨励賞

    2014年03月11日   永井科学財団  

    受賞者:  増田理子

  • 科学研究費審査有意義な審査意見

    2013年10月31日   日本学術振興会  

    受賞者:  増田理子

  • 技術賞

    2012年12月13日   資源循環型ものづくり研究会  

    受賞者:  津田博洋、小野さとみ、増田理子

  • Best Paper Award at GEOMAT

    2011年11月23日   GEOMAT  

    受賞者:  Michiko Masuda and Yumie Ito

 
 

学会・委員会等活動

  • 2011年04月
    -
    現在

    日本生態学会   保全生態学研究編集委員

  • 2011年04月
    -
    現在

    日本雑草学会   英文誌編集委員

社会貢献活動

  • もみじ博士になろう

    東山植物園  もみじ博士になろう  (東山植物園)  2016年11月  -  2016年11月

    もみじは一種類ではなくいろいろな種類で構成されている。実際にはっぱを観察することで、違いを発見し、外でもみじを区別できる知識を手に入れる。これを小学生対象に行う。